「大証、ETF手数料ゼロ化を支援!」の続報

先日の記事「大証、ETF手数料ゼロ化を支援!」の続報です。

【日経新聞2010年10月1日朝刊18面より引用】
SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券は大阪証券取引所に上場する一部の上場投資信託(ETF)の売買手数料を年内メドに無料にする方針だ。株価指数連動型のほか商品価格に連動するETFなどが無料になる見通し。個人投資家の売買活性化につなげる狙い。
【引用おわり】

まだ報道レベルなので正式発表ではないですが、記事からは、

実施会社:SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券
実施時期:年内メド
対象商品:株価指数連動型のほか商品価格に連動するETFなど

という見通しだと読み取れます。
少しずつ方向性が見えてきました。
とはいえ、楽天証券はやらないの?とか対象商品の「など」って何?とかいろいろ疑問は残ります。
各社の正式発表を待ちたいと思います。

それにしても、ETF無料化のニュース、扱いがちっこいですね。
数センチ四方の囲み記事で、あやうく見落とすところでした。
ETF投資は、まだまだマイナーなんですね。
関連記事


  





コメント

水瀬さんの記事で情報を知りました。肝心の対象ETFが不明なので正式発表が楽しみです。個人的には1306,1680,1681あたりを希望。手数料ゼロになれば取引量も増えて乖離率も下がってくれることにも期待しています。

>kenzさん

>>1306,1680,1681

残念ながら全部大証ではなく東証上場のETFですね。
今後に期待ということで。

あ、大証でしたね。手数料無料に興奮して勘違いしていました。
残念ですが今後に期待します。

売買無料ということは、確定申告前に損がある場合は一旦売却 → 購入しておくと損益を確定したり、繰り越したりでき、お得であると考えていいのでしょうか?

>kenzさん

東証にも頑張ってほしいですね。


>はじめさん

なさろうとされていることが得になるかどうかは人によって違うと思いますが、売買手数料ゼロによりやりやすくはなると思います。

> 水瀬さん

特にならないパターンが思いつきませんでした。
大変厚かましいのですが、ご教示いただけませんでしょうか?

利10万 →[年末] 損10万確定(買い直し)= 税金0円
損100万確定(買い直し)→[次年度] 利100万 = 税金0円

インデックス投資家の売買のし方とはかけ離れていますが・・・

利益があり持ち越したい場合の方は、除いております。

損失を確定して同じ価格で買いなおすことは、買値が低くなり、将来の課税対象額を増やすことになる(=税金が増えてしまう)と思います。
損失の繰越は3年までしかできませんし。
損失の確定と同時に別の資産で利益を確定して損益通算するなどでなければ、得策ではないと思うのですが。

理解できました。有難うございます。

大証がコストが負担して,2年間の限定キャンペーンということだそうだ。米国では無料ETFは証券会社の競争のようになっているが,そういう方向には行かない感じ。

日経の新着記事 http://ow.ly/3bTRy (おそらく今日の朝刊に載る)によると,「大阪証券取引所に新たに上場するETFの」とある。しかも「実質無料」というから,キャッシュバック方式なのかもしれない。

>mさん

楽天証券が既に発表しているこの↓キャンペーン方式が多いのではないでしょうか。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20101117/

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)