日興アセットの新ETFについてのコラム

昨日の記事、「日興アセット、米国株ETF・中国株ETF・インド株ETFを上場」でご紹介した、3本の新ETF。
日興アセットマネジメントのWEBサイトに、各ETF設定の詳細あるいは裏舞台について書かれたコラムが掲載されています。

日興アセットマネジメント ETFコラム
No.9 2010年10月5日 アラカルト料理としての国別ETFの設定(1)~上場S&P500米国株

「上場S&P500米国株」(1547)の仕組みについて詳しく書かれています。
S&P500の独占使用権が切れたことにより実現したこと、当面S&P500先物を主な運用対象とすること(1680や1681と同じですね)などについて書かれています。

日興アセットマネジメント ETFコラム
No.10 2010年10月6日 No.10 アラカルト料理としての国別ETFの設定(2)~上場チャイナ株

「上場チャイナ株」(1548)の仕組みや命名の裏舞台について書かれています。
規制が少ない中国H株が投資対象ですし、香港市場と東京市場は時差も1時間なので理論的にはプレミアム/ディスカウントになりにくいETFとのこと。
このETFは原則指数どおりの銘柄を指数どおりの比率で投資するとのことで、上場S&P500米国株(1547)とは違う運用のようです。
また、開発時の呼び名は「上場ドラゴン」だったようですが、この名称は正式には使われなかったようです。
個人的には、正解だと思います。パンダとかドラゴンとか、商品内容を的確に示さないような名前に凝るべきではないと思っています。

それにしても、日興アセットマネジメントには、個人投資家に自社商品をきちんと説明しようという意志を感じます。ETFという少しややこしい商品を、なんとか理解してもらおうという気概というか。
毎回、勉強になります。この調子で頑張っていただきたいと思います。

「上場インド株」(1549)についても次回コラムがアップされる予定のようです。
アップされ次第、本記事に追記したいと思います。

<追記>2010/10/07
日興アセットマネジメント ETFコラム
No.11 2010年10月7日 アラカルト料理としての国別ETFの設定(3)~上場インド株
インドは規制が多くて大変な市場のようですね。
投資銀行が提供するデリバティブ(スワップ、連動債)を使う方法などいろいろ検討した結果、「上場インド株」(1549)も先物中心の運用になったようです。
関連記事


  





コメント

直接は関係ない内容ですが・・・

上場インデックスファンド日本株式(MSCIジャパン)の出来高の少なさは何なんでしょう?
完全に需要を見誤ったとか?
今井センター長とかに 責任問題とか発生していないんでしょうか?

>トラトタビさん

申し訳ありませんが、分かりません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

日興AMから新ETF「上場S&P500米国株」「上場チャイナ株」「上場インド株」

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんほかでも話題に上がっていましたが、10月2...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)