日生、運用低迷で企業年金10%減

水瀬ケンイチ

ニッセイが、自社の企業年金削減を労組に提案したそうです。

YOMIURI ONLINE 2010/10/08より引用】
日生、運用低迷で企業年金10%減
 生命保険最大手の日本生命保険が、労働組合(組合員約1万4000人)に対し、自社の企業年金の支給総額を削減する提案をしたことが7日、分かった。退職金の水準見直しなどで、従業員1人あたりの支給総額は平均で10%程度減る計算だ。運用利率の低迷に加え、会計基準の変更により、企業年金の積み立て不足を抱える企業では財務が一気に悪化する恐れがあるためだ。他の企業でも見直しが相次ぐとみられる。
【引用おわり】

退職金の支給額を減額するだけでなく、業績に応じて見直せるようにしたり、受け取り期間を最大15年から最大5年間に大幅短縮したりするそう。
かなり厳しいですね。
大手機関投資家でもあるニッセイが、運用低迷で自社の企業年金を削減するほど、投資環境は厳しいということかもしれません。
個人投資家の運用が厳しいのも仕方がない?(^^;

それにしても、


企業の確定給付年金は厳しさを増す一方ですね。
企業をとりまく環境が、確定拠出年金への移行を促しているようにも見えます。
ニッセイもこれを機会に、自分のところで提供している確定拠出年金(企業型)サービスに移行すればいいのに、と思ってしまいました。
自社のWEBサイトに書いてありますよ。

「掛金が確定している(給付額は保証しない)制度のため、積立不足は発生しない仕組みで、事業主にとって費用予測が容易です」

(出典:日本生命保険 > 法人のお客様 > 法人向け取扱商品と制度のご案内 > 確定拠出年金(企業型)の概要


<追記>2010/10/08 20:40
Twitterでニッセイは自社の企業年金で確定拠出年金もやっているとのご指摘がありました。
記事からはまったく読み取れないのですが、もしそうならスミマセン。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ