日生、運用低迷で企業年金10%減

ニッセイが、自社の企業年金削減を労組に提案したそうです。

YOMIURI ONLINE 2010/10/08より引用】
日生、運用低迷で企業年金10%減
 生命保険最大手の日本生命保険が、労働組合(組合員約1万4000人)に対し、自社の企業年金の支給総額を削減する提案をしたことが7日、分かった。退職金の水準見直しなどで、従業員1人あたりの支給総額は平均で10%程度減る計算だ。運用利率の低迷に加え、会計基準の変更により、企業年金の積み立て不足を抱える企業では財務が一気に悪化する恐れがあるためだ。他の企業でも見直しが相次ぐとみられる。
【引用おわり】

退職金の支給額を減額するだけでなく、業績に応じて見直せるようにしたり、受け取り期間を最大15年から最大5年間に大幅短縮したりするそう。
かなり厳しいですね。
大手機関投資家でもあるニッセイが、運用低迷で自社の企業年金を削減するほど、投資環境は厳しいということかもしれません。
個人投資家の運用が厳しいのも仕方がない?(^^;

それにしても、
企業の確定給付年金は厳しさを増す一方ですね。
企業をとりまく環境が、確定拠出年金への移行を促しているようにも見えます。
ニッセイもこれを機会に、自分のところで提供している確定拠出年金(企業型)サービスに移行すればいいのに、と思ってしまいました。
自社のWEBサイトに書いてありますよ。

「掛金が確定している(給付額は保証しない)制度のため、積立不足は発生しない仕組みで、事業主にとって費用予測が容易です」

(出典:日本生命保険 > 法人のお客様 > 法人向け取扱商品と制度のご案内 > 確定拠出年金(企業型)の概要


<追記>2010/10/08 20:40
Twitterでニッセイは自社の企業年金で確定拠出年金もやっているとのご指摘がありました。
記事からはまったく読み取れないのですが、もしそうならスミマセン。

関連記事


  





コメント

削減できるの?

これって労組が認めても厚生労働省が待ったをかける、って事にならないんですかね。NTTでそんな例がありました。
http://allabout.co.jp/finance/gc/178093/
多分コウロウショウのストップ→裁判しても負ける、という流れになりそうな気が。まあこれでつぶれてもライフネットがあるので別に良いですけど。

厚労省のページに『確定拠出年金企業型年金承認規約代表事業主一覧』というリストがあり、こちらに日本生命保険がありました。こちらに所属していることかと思います。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/kyoshutsu/company-list.html

大企業にありがちな確定拠出+確定給付型のようですね。


確定拠出年金は上限が低いので企業年金水準がそれなりにある企業だと確定拠出年金に全部は移せない、ということもあるかと思います。
上限を大幅に引き上げれば、全額確定拠出年金という大胆な変更もできそうですが・・・

私の会社では

確定拠出年金を導入していて残りは
10年物国債の金利で運用だったと思います。
聞き間違いかもしれませんが、実質的に確定給付じゃなくなってます。

NTTの場合は会社の利益が多いので削減する必要は無いという話だったと思います。
私の会社は少ないのであっさり変更という所でしょうか。残念。

まずは日本株、外国債券から見直しを

今の年金基金の運用利回りを実態と比べて高めに予想している所が多いのが現状ではないかと推測しています。
特に外国債券や日本株式の期待リターンをどのように見積もっているのかが一番のポイントになります。
恐らく過大に見積もっていたと見られます。
給付削減も必要な処置と思われますが、本当に必要な事は各アセットクラスの期待リターンを保守的に見積もる事だと言えます。

もしも、自社の企業年金の外国債券の期待リターンは高金利だから国内債券よりも高いなんて言っていたら超ど素人未満だと断言できます。
そんなマネージャーは即クビにすべきです。
勿論、ニッセイに限らずGPIFの場合でも期待リターンの見積もり方も過大評価していると考えています。

>nyさん

10月9日の日経新聞によると、2006年にNTTの年金減額が却下されてから、日航と近ツリが承認されているようです。
でも基準が不透明らしいですね。


>吊られた男さん

>>大企業にありがちな確定拠出+確定給付型

ご確認ありがとうございます。
確定供出年金部分は拠出額が小さくて存在感がちいさいらしいです。


>ぷれでたさん

なるほどなるほど。


>タカちゃんさん

各企業年金の想定期待リターン・リスクは分かりません。
概況などのデータなら企業年金連合会のWEBサイトに出ているのですが。
http://www.pfa.or.jp/

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)