公的年金、新興国株にも投資

公的年金が新興国株式に投資対象を拡大する方針を固めたそうです。

【日経新聞2010年10月11日朝刊1面より引用】
公的年金、新興国株にも投資 給付拡大に備え
公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、中国、インドなど新興国市場に上場する企業の株式に投資対象を拡大する方針を固めた。2011年夏をめどに、現在は先進国企業に原則限定している外国株投資枠の資金を配分し、実際に投資を始める。年金給付額の拡大に対応するために、新興国投資のノウハウ蓄積を進める狙い。
【引用おわり】

公的年金の新興国株式投資は、1年以上前からの検討課題でした。
<関連記事>
2009/08/07 公的年金、新興国株に投資へ。新興国株についての個人的考え

その時は、「国内債券に偏った資産構成を見直し、新興国株式を債券運用などを補完する投資の中核と位置づける狙い」と書かれていました。
でも、今回の見直しでは、基本的な資産構成の大枠(国内債券67%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式9%、短期資産5%)は変えずに、新興国の成長を取り込む運用へ一歩を踏み出す格好」とのことなので、外国株式9%の範囲内で新興国株式に投資をするようです。
劇的なリターン・リスクの改善効果はないのかもしれませんが、大きな決断だと思います。

新興国株式については、一般的にハイリスク・ハイリターンと言われていますが、一方で「成長の罠」(成長企業は過大評価されることが多いので投資家にとってのリターンが低くなることがある)があるとも言われています。
GPIFが新興国株式への投資を採用したあかつきには、その考え方に注目してみたいと思っています。

<ご参考>
管理運用方針:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
http://www.gpif.go.jp/kanri/pdf/kanri01.pdf

<追記>2010/10/12
ロイター
GPIFが新興国株投資を開始へ、外株投資枠の一部を配分
関連記事


  





コメント

どのくらいの配分になるんですかね...

今回の新興国株式投資は、
資産配分を変えるのではなく、外国株式クラスに対してアクティブリスクをとる、という考え方ですよね?
外国株式の中の、どの程度の割合で新興国株式を保有するのかな? と考えています。全体の1~2%くらいになるのかな...と勝手に予想してます;;;

基本的な資産構成の大枠(国内債券67%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式9%、短期資産5%)を維持したままで、運用利回り4.1%を目指す事に無理があると思います。せいぜい利回り1%程度の国内債券に67%も投資しているのですから、外国株式9%の一部をちょっと新興国株に振り向けたって焼け石に水のだと思います。
私なんてGPIFより控えめの水準である3.6%の運用利回りを中長期的に維持して金融資産1億円蓄積を目指していますが、失敗の連続であります。

まさに成長の罠に注意する必要がありますね。新興国株式への投資を否定するわけではないのですがリターン・リスクの改善を目指すのであれば外国債券の比率を下げてその分先進国株式を増やすなど(同一為替リスクの範囲でも)資産配分を見直す方が先だと思っています。

>PETさん、蓄財王さん

どのくらいの配分になるんでしょうかね。
分かりませんが、記事によれば「新興国投資のノウハウ蓄積を進める狙い」とありますので、本格的に新興国株投資する第二フェーズがあるのかもしれませんね。


>kenzさん

なるほど、現在のアセットアロケーションでいいのかから見直すべきと。
個人的には、けっこう悪くないアロケーションだと思いますが、批判もありますよね。

GPIFが新興国のデータを公開してくれるのを期待して待ちますw

>名無しさん

新興国株式のデータ公開は楽しみですね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)