長期分散投資には「必須」の国内債券

水瀬ケンイチ

国内債券クラスについてのモーニングスターのコラムです。

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2010/10/14 長期分散投資には「必須」の国内債券

僕は当初、国内債券クラスには投資していませんでしたが、途中で見直して投資するようになりました。
コラムでは、国内債券クラスのファンドについて、「低コストで、かつ低リスク」「分散投資の効果が発揮されやすい」「選択肢は少ないが比較・検討は欠かせない」とありました。
まさにそのとおりだと思います。

特に、他アセットクラスとの相関係数の低さは特筆すべきものがあると思います(コラムに相関係数表あり)。リーマン・ショックの時でも、ほとんどのアセットクラスが一斉に下落する中、ほぼ唯一上昇していたアセットクラスでした。



ただ、個人的には今のところ、国内債券クラスの投資商品は記事にあるような国内債券ファンドや個人向け国債ではなく、MMFを使っています。
「なぜMMFなのですか?」というご質問をいただくこともあります。
現在の超低金利水準を考慮してのことですが、最適解とは思っていません。気が向いたら個人向け国債(変動10)でも買うかもしれません。

ここ最近、国内債券ファンドが人気のようですが、「金利が上がる=債券価格は下がる」という公式を忘れてはいけないでしょう。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ