膨張マネー新興国へ。さてどうする

投資マネーが新興国株へ流れ込んでいるそうです。

【日経新聞2010年10月15日朝刊3面より引用】
膨張マネー新興国株へ 成長期待、過熱感も
米国や日本の金融緩和を背景に新興国の株高が加速している。14日はインドネシア株が連日で最高値を更新、タイ株も14年ぶりの高値を記録した。緩和で膨らんだ世界の投資マネーが、高収益を求めて成長期待の高い新興国に流れ込んでいる。
【引用おわり】

このニュースを見て思い出すのは、つい半年ちょっと前のこの記事です。
2010/02/14 新興国から資金流出。さてどうする
その時の日経新聞には、「投資資金が新興国から流出し始めた。(中略)金融引き締めの動きが新興国で広がるという警戒感が台頭。ギリシャ問題などから投資家がリスク回避の姿勢を強めている背景もある」なんて書かれていました。

この半年やそこいらで、世界経済のファンダメンタルズが大きく変わったとは思えないのですが、投資マネーの動きはころころ変わりますねぇ。
こんな動きを人に先んじて把握して、資産運用に反映させていくことなど僕には出来ません。
よく分散した所定のアセットアロケーションで保有し続ける運用が、自分には向いているなとあらためて思いました。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

よく分散する

「よく分散する」というのが難しいと思うのですが、世界同時株安に飲み込まれないインデックスといえばどのようなのがあるでしょうか。最近はコモディティも株と一緒に飲み込まれるようですし。

新聞記事に振り回されて売り買いしていたら資産を増やすのはむずかしいでしょうね。

記事で述べておられる、よく分散した所定のアセットアロケーションで保有し続ける運用が王道だと私も思います。

だた、2000年前半から2007年にかけてのサブプライムバブル相場や、2008年から2009年3月までの下落相場のような、長いトレンドが続く局面では、上げ相場に乗り下げ相場から逃げるのは、移動平均をみるだけでも可能ではと考えています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>エマージングさん

>>世界同時株安に飲み込まれないインデックス

残念ながら、ないと思います。
分散はリスクを減らしてはくれますが、なくしてくれるわけではありません。


>市原さん

相場動向が読めるかたは、それに応じて投資されるのがよいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)