ご当地ETFお目見え

東海地方の「ご当地ETF」がお目見えするそうです。

【日経新聞2010年10月18日朝刊3面より引用】
「ご当地ETF」お目見え 地元企業の株価に連動
三菱UFJ投信は12月に東海地方の主要企業の株価指数に連動する上場投資信託(ETF)を名古屋証券取引所に上場する。特定地域の企業の株式に焦点を絞った「ご当地ETF」の設定は国内で初めてになる。地元企業を応援したい個人投資家などの運用ニーズを取り込む狙いだ。
【引用おわり】

新商品について、いつもは「個人投資家の選択肢が広がることはいいことだと思います」と書くことが多いのですが、正直、ご当地ETFについては本当にニーズがあるのか疑問でした。
既に、同様の趣旨の投信(ご当地ファンド)がいくつもありますので、それがうまくいっているか見てみましょう。

少し古い記事ですが、ご当地ファンドについてのデータがありましたのでご紹介します。
QUICK MoneyLife
2006/10/01 【第4回】ファンド逸品セレクション「残高急増!ご当地ファンド」

これを見ると、意外にも中部地方・近畿地方を中心に、それなりの資産残高がありました。
残高が増えた理由として、『1つ目は、「どうせ株を買うなら、馴染みのある地元企業を応援する目的で投資しよう」という投資家の地元意識。2つ目は「景気回復が都心から全国的に広がる」という投資家の期待です。3つ目は、地方銀行が積極的に販売したこと』とあります。

ご当地ファンドには一定のニーズがあるようです。
ただ、ご当地ファンドはその地域の地銀が積極的に販売したのに対して、ご当地ETFは上場されているだけでそういう販売会社があるわけではないので、少し事情は違いそうです。
ETFの世界でも、ご当地モノがうまくいくのか、見守りたいと思います。

P.S
ご当地モノが分散効果が弱い(少ない銘柄数や地震リスクなど)場合がありますのでご注意ください。
関連記事


  





コメント

こんばんは

趣旨は面白いですが、営業の面で懸念点がありますね。
東証でも最近、割と定番のETFが上場されてきてますがまともに売買されてるのはTOPIXか225くらいでなかなか大変そうですね。

どんな商品でもあちらで売れてるからこちらで売れるとは限りませんねえ。いずれにせよ、ご当地ETFに期待したいです。

個人的には賛同できない

さいたま県に投資する企業で西武鉄道株主偽装事件では基準価額が9%も下落したそうです。
国単位ならば話は分かりますが、県単位ではパイが小さすぎます。
米国株式で州単位って言うのならば話は分かりますが・・・

それから、個人的にはこの考え方には賛同できないです。
本社がどこにあろうと投資家には余り関係ないからです。
コカコーラ(ティッカーKO)ならば、本社がどこに有っても事実上、世界各国でシェアがあるので、例え沖縄や九州に本社があっても分散投資の効果が享受できます。
トヨタだって世界各国にシェアがあり、工場も日本だけではないので、本社の場所はほとんど問題にはならないと思います。
問題になるケースはその企業活動地点が狭い範囲に限られる場合です。
この場合は大震災リスクや気象災害リスクに見舞われやすくなるなど、リスクの集中が問題になる筈です。
この場合は本社がどこにある事よりも、活動地点の集中が問題になります。
また、日本の少子高齢化や経済成長率が落ちている現状では、ご当地ETFが根本的な解決策とは思えない理由もあります。

運用商品ではないのでは。。。

ご当地商品はある意味、損得は度外視で純粋に「地元の、おらが町の企業を応援したい」気持ちで買うべきものだと思います。
(そうでない方も少なからずおられるようですが)

リターンを求めるものではないですし、分散効果など考える必要もないのではないかと。
ささやかな社会貢献というか地域貢献として、「寄付した」と割り切れるような程度の金額を損得度外視で地元企業の株式を保有する、ということがあっていいんじゃないかと思います。
まぁ商品によっては地域に貢献してんのか証券会社に貢いでんのか分からないような高コストのものも少なくないようですが。。。
わざわざETFをつくって上場するほどのニーズがあるのか、ってのも大いに疑問ですけどね。

ちなみに私は投信ではなく、信託報酬のかからないプチ株で年間数万円程度を地元企業の株式に投資してます。

>じんさん

仰るとおりの懸念点、ありますね。


>タカちゃんさん

おおむね同感です。


>くまさん

>>ご当地商品はある意味、損得は度外視で純粋に「地元の、おらが町の企業を応援したい」気持ちで買うべきもの

この商品を買う投資家がみなさんそう思っていればよいのですが。

買う買わないは個人の自由!

ですが、名が体を表しているかはご当地ファンド同様に課題な気もします。ご当地ファンドでは企業発祥の地やちょっと工場があるとか、そういう理由だけで組み入れられている銘柄も多く、パンフレットなどで謳っている地域を応援するというコンセプトと乖離を感じています。
耳障りのいい「地元応援」のような言葉を使って実は応援になっていないというのは、詐欺とまでは言いませんが、詐欺まがいのように思えてそこが好きになれません。
外国債券が80%のファンドでも「●●(地域名)応援ファンド」で愛称は「●●応援」ですし、同じ企業が単独県応援ファンドで組入銘柄上位に入っていたり・・・
ほぼ全国展開しているセブン&アイなんてほぼ全都道府県のご当地ファンドに入る?とか意地悪を言いたくなります。

私個人としては、どうせ地域応援というならもっと地域に特化して集中してくれた方がよっぽど気持ちいいです。そうすると投資のセオリーからすればリスク集中で良くないのですが、それは投資方針の違いとして投資したければすればいいと思います。
が、現状の看板に偽りありのようなご当地ファンド(ETF)がある以上はあまり応援する気になれません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)