「第1回 保険見直さナイト」体験レポート

2010年10月23日(土)に「第1回 保険見直さナイト」が行なわれました。
<関連記事>
2010/10/03 本音トークのイベント「第1回 保険見直さナイト」が行なわれます

ツイッターで実況中継してくれたかたがいらっしゃるので、詳しくはそちらをご覧いただくとして(後述)、僕が個人的に印象に残ったことを箇条書きでメモしておきます。

■出演者
後田亨氏(保険代理店役員)
花輪陽子氏(FP)
羽生祥子氏(「日経マネー」保険担当記者)
金村聖正氏(ネクスティア生命)
越川直毅氏(オリックス生命)
十一屋氏(ブログ「サクサク Money Note」管理人)
司会: えんどうやすゆき氏

■印象に残ったこと

<第1部:座談会「生命保険とはどんな金融商品か?」>

・(最初にちょっとしたプレゼンを行い)あるテレビ局にお話した内容と同じ。民放では無理と言われた(後田氏)
・保険は誰もが感じられるリスクには向いていない。めったに起こらないこと、起こったら経済的に困ることのために(後田氏)
・特に忘れていいのは医療保険、貯蓄保険(学資保険・こども保険など)(後田氏)
・保険は他の金融商品と比較して、代理店や会社の取り分=コスト、支払い実績=パフォーマンスが明らかにされていない。情報開示が遅れているビジネスとの付き合いは最小限にとどめるべき(後田氏)
・掛け捨て保険1本を持てばよいと言われるが、日経マネー誌内でも反応が2つに分かれる。高齢者はたくさん掛け、若い人は後田さん寄り。背景を考えると、高齢者は貯蓄だけでも資産の増えた世代。今の金利は低くなっていて経済情勢が違う(羽生氏)
・起きる確率5%をどう思うか。入院したら、皆確率100%と感じる(越川氏)
・私自身は医療保険に入っている。入院したらいい治療を受けたいから。万人に必要とは限らない(金村氏)
・差額ベッド代はよく言われるが、実際におかれているのは20%くらい。利用率は4%くらい。多くても8-9%。あまり説得力がないのでは(十一屋氏)
・もともと、マーケティングのために作られたのが、女性特約や介護特約など(花輪氏)
・保険はギャンブルとよく言うが、同業者によく怒られる。競馬の方がオッズが開示されているのでよっぽど良心的(後田氏)

<水瀬コメント>

後田氏のプレゼンの後、出演者の間でも活発な攻め合いがあり、いい意味で緊張感のある展開でした。
保険は起こったら経済的に困ることのためにあるもので、1~2日の入院で1~2万円に保険で備える必要はないというのは自分の中では新しい発見でした。特に自分の場合は投資で2年分の生活防衛資金があるので、短期入院に対する保障は不要かもしれません。
一方、たまたま今年、妻が気胸という病気で入院、術後3週間で再発という経験をしているので、確率は低くても起こった当人にしてみれば確率100%というお話は納得。ちなみに、入院費用はまとまった金額になりましたが、一時的に生活防衛資金で支払い、後から妻が加入している都民共済からしっかり保障を受けて補てんしました。


<第2部:座談会「かしこい保険の選び方」>

(保険を見直した方がよいのはどんな人?という問いに対して)
・自分で加入している保険を説明できない人(後田氏)
・うん十年前に加入した保険のままの人。某副編集者にもいたので、妻になりすまし調べた。予定利率が28%。しかし小さな字で「予定です」と書かれている。怪しまれつつ実際には数%とのこと(羽生氏)
・保険会社は2年経った契約は転換できる。利率が良かったのは96年4月1日まで。その頃に契約された方はお宝保険なので乗り換えない方がいい場合も(後田氏)
・ライフステージの変わった方。保険金不払い問題では、お客様に保障対象をすべて出すべきだが出していなかった。一方、お客様から請求がなかったという側面もある。加入している保険内容が分かってない方は見直すべき(金村氏)

(「保険の見直し」は誰に相談すれば良いか? という問いに対して)
・ 誰がいいかと見抜く方法はない。情報に対してお金を取っている人は選択肢に(後田氏)
・「生命保険文化センター」を利用することもひとつ(金村氏)
・一番は自分で勉強すること。二番はコンサルだけをやっているFPに。三番は日本FP協会での無料相談(1回のみ)(花輪氏)
・家電を買うのと同じノリで、複数の代理店から提案をもらいネットで入る(十一屋氏)
・以前、広告部から保険会社について批判記事はやめてほしいとクレームきたが「いいよ、書け」と言った。以来、保険会社からの広告出稿はありません(会場から拍手)(飛び入りの日経マネー鈴木編集長)

(入ってはいけない危険な保険は?あるいは危険な考え方は?という問いに対して)
・自分で理解できるものに入る。保険以外の名前が入っているものは危険(○○の力とか)(後田氏)
・9割くらいは危険な保険(花輪氏)
・得するという言葉を保険を説明するときに使うこと(羽生氏)
・同業者が評価している保険は、ホームページで試算ができる。試算ができず、資料請求となるところはたいてい外れ(後田氏)

<水瀬コメント>

やはり投資と同じで、自分で勉強するのが一番というのが響きました。
投資には「理解できないものには投資しない」という大原則がありますが、保険もそうなのかもしれません。
相談する相手探しはなかなか難しそうです。「生命保険文化センター」や「日本FP協会」に相談というのは自分の中では新しい発見でしたが、それでも基礎知識なく相談するのは危ないかなと思いました。
個人的には、「保険は不要」というオプションも提案できる人でないと相談する気がおきません。


<第3部:「プロに聞きたい!Q&A」>

(個別のお話になりますので、割愛させていただきます)


全体を通して、保険の話でこれだけ盛り上がることができるのだということに驚きました。
業界の内情をぶっちゃけた話や白黒はっきりつけた話が多く出ていたので、すごく納得してスッキリされたかたも、異論・反論がある方もいらっしゃると思いますが、大切なのは、ここで聞いたり知ったことをもとに、自分で考えて行動することだと思います。
水瀬家でも保険について、再度見直してみたいと思います。
主催のえんどうやすゆきさん、ご出演の皆さん、お疲れさまでした&ありがとうございました。


P.S
イベント全体の模様をまっき~さんがツイッター中継してくれていたので、詳細にご興味がある方は以下のリンクからどうぞ。

まっき~の議事録
第1回 保険見直さナイト (1/2)
第1回 保険見直さナイト (2/2)
関連記事


  





コメント

「個人的には、「保険は不要」というオプションも提案できる人でないと相談する気がおきません。」

→私はソニー生命の方から、「不要」と言っていただいた経験があります。非常に良心的な方でしたので、(半分義理で?)小額加入しました。(それが戦略だったかもw)

実際に「保険は不要」という提案ができる様になるには、相談料の授受について、加入者の理解が進む必要がありますね。

それと、相談するにしても、自分でまずは勉強する。これは鉄則です。

昨日はお疲れ様でした

昨日はお疲れさまでした。
やはり、僕の質問内容は流石に即答できる内容ではなかったようで、結局は決算短信などから推測するしかなさそうです。

都民共済で補足しておくと、総合保障4型で月掛金4000円の場合だと入院1日当たり9000円(病気の場合)が保証されますが、継続して加入している場合は65歳から熟年型に移行して月掛金4000円の場合は入院保障は入院1日当たり5000円(65歳~80歳まで)、1日当たり2000円(80歳~85歳まで)になります。
なお、余ったお金は年に1度割戻金と言う形で払込金額の一部が還付されるのに加えて生命保険控除の対象なので税金も若干安くなります。
今年の割戻率は27%で、出資金振替金額(掛け金の5%)を差し引いて還付されました。
例:総合保障型4型(月4000円)の場合
48000円*0.27-48000円*0.05=10560円(割戻金)
ですから、一般の保険に比べてコストが安い事が言えます。
ただし、熟年型に移行するに伴って保証額が少なくなるのに加えて86歳以降の保証が無いなどの問題もあるので、そこをどうするのかも考えておく方が良いかも知れません。

保険の見直し

初コメントです。いつも更新を楽しみにしています。

我が家も書籍をきっかけに保険を見直しました。
「総額で考えて許容できない分を保険に頼る」
をコンセプトにした結果、
①妻と子供への死亡保険
②長期の病気や怪我に対する長期所得保障
③ガン保険
の3つに絞りました。

石川遼のようなカクテルは秀逸

元、小太郎です。昨夜はありがとうございました。お話しました通り、このハンドルネームになりました。

保険は、投信よりさらに広範は人々が購入している割には、付加保険料などの議論が進んでいませんね。
多くの消費者が関わっているからこそ、売り手と買い手の情報格差が大きいのかもしれません。

しかし、某カクテルは秀逸でしたね。名称もさることながら、説明書きが最高でした。

>レバレッジ君さん

ソニー生命は後田氏もまともだと仰っていました。
それにしても、まずは自分で勉強することが大切ですね。
僕は保険は勉強不足です。


>タカちゃんさん

ちょっとお話ししたように、付加保険料についてはライフネット生命が開示しているようです。
http://www.lifenet-seimei.co.jp/deguchi_watch/2008/11/post_23.html
これには業界騒然となったとか。。。

共済の詳しい情報ありがとうございます。
妻に伝えておきますね。


>メリーさん

はじめまして、メリーさん。

コンセプトを設けて、不足した分だけ保険で手当てする。
素晴らしいと思います。


>ひで@東京下町さん

ハンドルネーム了解です。
あのカクテル名は、適当に考えた割には採用されてうれしかったです。
説明書きは僕ではありません。たぶんイベント会場のスタッフさんが考えてくれたのだと思います。

勉強になりました

水瀬さんの記事でイベントを知り、ちょうど保険の見直しを考えているところだったため、参加しました。
とても勉強になりました。
ありがとうございます。

私の保険は、学生のうちに親が入れていたもので、保険料がやけに高いんですよね…。
親が決めたものだから内容は理解してない(保険に入れてたことすら最近聞いた)し、不要な特約とか一杯付いている気がするので、年末に帰省した際にちゃんと確認して、見直したいと思います。

ちなみに、私が一番納得できたのは、「誰に相談したらよいか?」に対する「(体験してきた経済環境が違うから)親に相談するのはだめ」という回答です。
確かにうちの親も、「保険には入るのが常識」「色んな補償を付けとけば安心」とか考えてそうだなと。

あと、話はそれるのですが、皆さん名刺持ってるんですね…。
あちこちで名刺交換が行われていて、自分が何か場違いな気がして落ち着きませんでした(´ヘ`;)

素晴らしい記事をありがとうございます。

土曜日はありがとうございました!
そして素晴らしい記事をありがとうございます。

ちなみに日本FP協会の無料相談はこちらです。
個別商品を勧められることはありません。
http://www.jafp.or.jp/consult/kurashi_fp/index.shtml

>a-fssさん

記事がお役に立ったようでよかったです。
親に相談するのはだめというのは、悲しいことですが時代が違うので仕方がないですね。

僕は個人名刺を交流会用に作りましたが、会社の名刺を配っているかたも多いですよ。


>花輪陽子さん

ためになる講演、ありがとうございました。
とても勉強になりました。
また、日本FP協会の無料相談のご紹介、ありがとうございました。

保険の話だけでもあれだけ深いということは、FPさんというのは守備範囲が広くて深くて大変なんだなぁと思いました。
応援してます。

なるほど、会社の名刺でもいいんですね。
いつか、交流会にも参加したいと思います。

土曜日はありがとうございました!

奥様の入院、大変でしたね。。
でも共済さんからしっかり保険金が出たとのこと、
よかったですね!!

私も共済加入者です。
シンプルで返戻金の数字開示なども積極的ですし、
いいですよね。


私たちは親世代とはまったく違うゼロ金利サラリーマン。
それこそ「価値観」も変えていかなければならないなぁと
改めて痛感しました。

これからもためになる記事を拝読させてもらいます^-^★

保険会社に勤務している立場でコメント致します。

生命保険といっても様々なタイプのものがあるのでなかなかひとくくりにするのは難しいと思いますが、概ね私の意見は以下の通りです。死亡保険や医療保険については、勤務している会社で加入可能な出来るだけ保険料の廉価なグループ保険や共済などで十分です。民間の保険会社の商品は途中で抜きまくられているので、言ってみれば信託報酬の割高な投信みたいなものです。但し、生命保険を活用すれば、金融資産を相続や贈与で移転する場合有利な条件で移転(評価を下げて)することが出来ますし、渡したい人に渡せる(いわば遺言のような活用が出来る。)ので特にお金持ちの方はうまく利用しない手はありません。残念ながらこれから資産を形成されていくような方には、はっきり言って保険はもったいない金融商品です。あまり近寄らないようにしましょう(笑)

いろいろお世話になりました。

このブログの読者さんにもたくさん来ていただいて本当に嬉しかったです!これからもよろしくお願いします。

グティ⑭さんのコメントがリアルすぎ…笑。
会社のグループ保険も手数料が激安で保険会社は儲からない商品ですからね(=加入者はおトク)転職を考えなければ良いですよね。(転職を考える人は、ネット生保とグループ保険で分散もアリ?)

>羽生祥子さん

土曜日はご登壇、お疲れさまでした。
おかげで参加者のためになるお話がたくさん聞けました。
ありがとうございました。

親世代との価値観の違いはいつの世でもあることですよね。
うまく折り合いをつけていきたいと思います。


>グティ⑭さん

プロのご意見ありがとうございます。
資産形成世代には保険はもったいないとのお言葉、胸に留めておきたいと思います。


>十一屋さん

十一屋さんのブログにもコメントしましたが、本当にお疲れさまでした。
本業を抱えつつのイベント企画・運営で大変だったと思います。
イベントは大成功だったのではないでしょうか。
うちのブログが少しでもお役に立てたなら光栄です。

おっと

>十一屋さんへ
グループ保険は儲かりますよ。
グループ保険をやらなければ、
より高い保険料が貰えるのに、
それをわざわざやるという
理屈をご理解ください。
正しい勉強必要ですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

保険見直さナイト、JFAセミナー

23日は『保険見直さナイト』、24日はJFAさんでセミナーをさせていただきました! 大忙しの週末だったのですが、両方とも満席ですごく嬉しかったです。本当にどうもありがとうございました。 23日の保険見直さナイトは、生命保険のイベントにも関わらず100名近く

「保険見直さナイト」にまさかの90名が…

昨日(10/23)「保険見直さナイト」が無事終了しました。 水瀬ケンイチさんと後田さんの共済ツイートを見たえんどうさんが「県民共済ナイト(仮...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)