大手生保の下期円安予想の理由

先日の記事「大手生保の2010年度下期予想」で、大手生保が下期にかなりの円安を予想していたのを見て、「理由が知りたいところ」と書きましたが、それらしきことが出ている記事を見つけたのでメモ。

Bloomberg.co.jp 2010/10/25
円最高値はチャンス-日生や明治安田の外債投資、為替リスクも覚悟

詳しくは記事をご覧いただきたいですが、大手生保各社は、「為替の水準感」「達成感」「米国経済は来年9月以降に回復基調が強まると予想」など、論理的な分析から「それって勘?」と思われるものまで、いろいろ考えている模様。
記事に出てきた大和総研も、「市場はすでに大規模な資産購入策を織り込み、米インフレ期待は上昇している」「米金融緩和が実施されれば円高・ドル安も終息していく」と見ているようです。

そのとおりになってくれればいいのですが、さてどうなることやら。

ただ個人的には、生保が特別運用がうまい機関投資家だとは思っていません。
かつては、資産運用による収益力が落ち、保険契約の予定利率との差額が発生する「逆ザヤ」状態になり社会問題化したこともあります。記事にあるような、彼らの相場を見ながらの機動的な運用は、若干疑いの目で見ているところがあります。

なので、大手生保の予想を横目に見ながら、既定のアセットアロケーションを守り、愚直にドルコスト投資でいきたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)