世界の株式時価総額が2年ぶりの高水準に。日本株は…

今日は朝から明るい話題が目にとまりました。日経新聞の1面です。

【日経新聞2010年10月27日朝刊1面より引用】
世界の株式市場 時価総額2年ぶり高水準
世界の株式市場の時価総額が拡大している。主要市場の合計は25日時点で、推計52兆ドル強(約4200兆円)と2年4カ月ぶりの水準に回復、2008年9月の金融危機直前を6兆ドル上回った。
米国などの金融緩和観測で膨らんだ投資資金が成長期待の高い新興国株式に流入。一部は景気の先行き懸念が残る欧米など先進国株にも回帰し始めており、マネー主導の増加が鮮明だ。
【引用おわり】

時価総額増加が顕著なのはやはり新興国ですが、ここへきて、ドイツ株が年初来高値をつけたり、米国株が高値に迫っているそうです。
やっと先進国株式にマネーが回ってきたのかもしれません。
僕のポートフォリオの主力である先進国株式クラス(MSCIコクサイ指数)は世界金融危機後の安値でかなり仕込んでいるので、元気を出してくれると資産運用がぐっと楽になります。

それにひきかえ、日本株式クラスは出遅れているようです。
記事では、「株安局面で大型の増資が相次ぐなど、投資家の不信感が強まっていることも背景にあるようだ」と分析しています。
たしかに、少し前のメガバンクの大型増資や、東京電力・国際石油開発帝石・相鉄などディフェンシブ銘柄の裏切りともいうべき増資ラッシュには、個別株投資をやっていない僕でも「これはひどい」と思ってしまいます。

まぁそれだけが低迷の原因ではないと思いますが、僕たちインデックス投資家は毎月小額ながら買い支えますので、日本株にもがんばってもらいたいものです。

関連記事


  





コメント

プリンシパル・エージェンシー問題

個人的には外国企業に貢いで貰おうと考えています。
日本企業はもう少し投資家目線で考えた方が良いと思います。
現在、「プリンシパル・エージェンシー問題」に日本も直面していて、どうやったら投資家の利益が経営者の利益にも繋がるようなインセンティブを与えられるか、あるいは変な経営者だと豪華な社長室や会社のお金で飛行機を買うなど株主に迷惑な行為をどうやったら止められるのかも考えていく必要があります。
株式投資を考えたときに「無借金経営は良いよね!」と言われる事や、「株主優待が魅力だね!」って言われる事も有りますが、プリンシパル・エージェンシー問題を考えると、これは問題の引き金になる可能性があり、一般的に言われる「良い会社」は必ずしも株主に利益をもたらすとは限らないです。
これからの日本企業はここを経営陣が考える必要があります。

>タカちゃんさん

僕も外国株比率が高いです。
でも日本株にも頑張ってもらいたいとは思っています。いろいろ課題があるとは思いますが。
あるFPさんが「日本株のダメなところは日本の投資家が買わないことだ」と仰っていましたが、鶏が先か卵が先かの問題のように思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)