あの野村證券が海外ETFを拡充?

野村證券が海外ETFを来年3月までに拡充するそうです。

SankeiBiz 2010/10/27より引用】
野村、海外ETF浸透好機 円高追い風に品ぞろえ60本に
野村証券は、海外市場に上場する外貨建て投資信託「海外ETF」の取り扱い本数を来年3月までに現在の約1.4倍の60本に拡充する。歴史的な円高水準が続くなか、割安感のある外貨建て商品に個人投資家の関心が高まっていると判断した。経済成長が見込める新興国に投資する海外ETFなどを中心に増強する考えだ。
【引用おわり】

実は、野村證券ではネット証券よりも早く海外ETFを取り扱い開始しています。
(野村證券が2005年12月から、楽天証券が2006年10月から)
しかし、あまり販売に力を入れることもなく、今まで細々と続けていた印象です。
個人的には、何年か前に野村の窓口で「海外ETFのパンフレットがほしい」と言ったら散々待たされた挙句白黒のコピーが出てきたという逸話が印象的でした。

売買手数料が最大0.9975%(税込み、売買金額が75万円以下の場合は最大7,455円)と割高なのに加え、外国証券口座管理料までかかる(条件により割引あり)なため、個人投資家の間でもあまり話題にのぼっていませんでした。
また、取り扱いチャネルがネットに対応していないなど利便性もいまいちです。

しかし、野村の海外ETFにはネット証券にはない大きなメリットがあります。それは……
「海外ETFが特定口座に入る」ということです。

海外ETFの売買に伴う面倒な税金の計算をしなくていいというメリットは、人によっては割高な手数料を受け入れてでも野村で海外ETFを取引したいと思わせるようです。
読者のかたの中にも、野村で海外ETFを取引されているかたがおられます。
そういうかたには、今回の海外ETF拡充は朗報なのではないでしょうか。

最近になって、「野村の窓口で海外ETFを勧められた」とか「送られてきた資料に海外ETFのものがあった」とかいう話がちらほら出てきました。
野村證券の中での海外ETFの位置づけが変わってきたのかもしれませんね。


P.S
記事の「円高で割安感のある外貨建て商品」という説明に、為替リスクは投資先の国に対して負うので商品がどこの通貨建てかは関係ない(将来の円転を前提にすれば)というツッコミはあえて横に置いておきます。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

私も白黒のコピー貰ったことありますwww
その時は口座管理料が割に合わないなと思いましたが…

>海外ETFが特定口座に入る
他のネット証券会社でもできるところはあるんでしょうかね。
ぜひ、他社にもやってもらいたいのですが。。。

ちょっと記事に問題もありそう

円高ってみんな言いますが、それは国ごとに大きく状況が違うので一概に全ての通貨が円高とは思えません。
例えば豪ドルと日本円を比較すると、豪ドルの方が強いと考えられ、1984年以来の26年ぶりの豪ドル高と言えます。
米国ETF(ドル建て)でも、中身の国が違えば必ずしも円高とは言えない国も有ります。
歴史的な円高が続くとありますが、決してそうで無いので注意が必要です。

なお、野村証券が海外ETFの拡充をするのはインデックス投資家の間でも選択肢の拡大に繋がるので良い事だと思います。
問題は自分がリタイヤして換金する時に手数料が高かったり、自分の判断力が落ちてきた頃に変な金融商品のお勧めに引っかかる可能性も否定できません。
今の自分は80歳の自分とは全く違うって考えておいた方が良いかも知れません。
ネット証券も全て自分が管理するので、これはこれで問題が有りますが、変な金融商品を勧められる心配がないです。

いちおう歓迎

・野村證券でETFが充実することは歓迎です。
・投資対象の国・地域と、流通通貨が問題なのは、
別にETF特有の問題ではないと思います
・現在の80歳のかたの投資「常識」と、
よく考慮してETF投資を主筋とした人が80歳になった場合、
健全な知性が確保されている限り、
対応は異なってくると思いたいです。
(また、新しいトンデモ金融理論が出ませんように祈っています)





>ぼ~ず☆さん

おお、コピー受け取ったかたがここにもいらっしゃいましたか!
それだけパンフレットに需要がなかったんでしょうね。


>saru999さん

残念ながらネット証券ではどこにもないです。
あるのは一部の大手証券のみです。

1年前の記事ですが、ご参考まで。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1117.html


>タカちゃんさん

今の自分と80歳の自分とは全く違うというのはあると思います。
判断力も鈍っているかもしれません。その時、ネットを扱えるかどうか、大手証券営業マンの口車に対抗できるか、う~む。


>なまけもの(年寄り)さん

ぜひ健全な知性を保っていたいですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)