売らずに我慢するテクニック 『構成銘柄企業群に思いを馳せよ』

インデックス投資家の仕事は、「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」ではないでしょうか。そして、それに役立つような、自分なりの「売らずに我慢するテクニック」をお話ししたいと思います。

○ 売らずに我慢するテクニック 『構成銘柄企業群に思いを馳せよ』

相場の下落局面のことを想像してください。
普段、バイ&ホールド戦略だと思っていても、日々、目減りしていく資産額を目の当たりにすれば、つい、投げ売りたくなってしまうこともあると思います。

これが、例えばトヨタの株だったら、その製品や企業イメージから、「あの世界のトヨタが下げ続けるわけがない!」とか「あんなにいいクルマを作っているんだから大丈夫!」とかいうように、自ずと売却抑止力が働くこともあろうかと思います。

しかしながら、インデックスファンドが連動するインデックスは単なる数字であり、目に見える「実態」がないので、個別の企業と比べていまいち捉えどころがありません。そういう意味で、どうしても売却抑止力が弱いと思うのです。

そこで……
インデックスファンドを売りたくなったら、インデックスファンドの運用報告書の上位構成銘柄をチェックするのです。そこには、目も眩むようなすごい企業群が並んでいるはずです。
例えば、僕のメインファンドである、「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」の上位構成銘柄は以下のとおりです。

1位 ゼネラル・エレクトリック(GE)
2位 エクソン・モービル
3位 マイクロソフト
4位 シティ・グループ
5位 プロクター&ギャンブル(P&G)
6位 バンク・オブ・アメリカ
7位 ジョンソン&ジョンソン
8位 ファイザー
9位 アルトリア・グループ
10位 インテル
※2005年12月末時点

も、もうお腹いっぱいです…!(笑)
単なる数字であったインデックスが、一気に現実味を帯びてくるから不思議です。
これだけの最強企業群に、自分は投資しているんだと思いを馳せれば、嫌でも安心できるでしょう。不安感から売りたくなっていた気持ちを抑えるのに役立つのではないでしょうか。
僕は実際、相場下落局面でこれをよくやって、売りたい気持ちを抑えています。

※他にも「売りたくなったら見る言葉」カテゴリーに関連記事があります。

<ご参考>
今回取り上げた、「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」は、低コストの外国株式インデックスファンドで、マネックス証券のみで購入することができます。以下から口座開設できます。
(会社名をクリックしてください)
マネックス証券

関連記事


  



コメント

すばらしい。

確かにいいアイデアです。
日本でもトヨタ、三菱UFJ、武田薬品、NTT。。。と会社名を並べられたら、安心ですね。

これを見ても売りたい人は長期的投資には不向きな人と言えますね。
デイトレでもFXでもガンガンにレバレッジを効かせてマネーゲームをしたら良い。
神経も擦り切れますが。。

コメントありがとうございます

>masaさんへ
バイ&ホールド戦略なら、ぜひぜひ、お試しを。

>スマイリーさんへ
たしかに、日本株インデックスでも、使えそうですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

2006/03/17 プチ株ファンド

カブドットコムのプチ株でBuy&Holdしています。 銘柄から見てもわかるように、ホントセンスも知識も無いの丸出しですね。 ここに来て記載したのは、ちょいと欲しい物があって、「売りたい病」が出てきてまして、水瀬ケンイチさんの 売らずに我慢するテクニック 『構成銘

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)