野村アセット、インデックスファンド本格展開

野村アセットマネジメントが、インデックスファンドを本格展開するとの報道です。

【日経電子版 2010/11/09より引用】
野村アセット、低コスト投信を本格展開 新たに10本設定
野村アセットマネジメントは国内外の株式や債券などの指数(インデックス)に連動する低コスト投信を本格展開する。26日にインデックス投信10本を新たに設定。これまで取引が少なかった30~40代の資産形成層の取り込みを狙う。
【引用おわり】

インデックスファンドシリーズについに野村が本格参入です。
気になる信託報酬は、0.4~0.6%に抑えるとのこと。

また、ロイターにファンド設定ニュースが続々上がってきています。
そこにアップされているものから商品概要を抜粋すると……

野村インデックスファンド・TOPIX(愛称:Funds─i TOPIX)
 TOPIX連動・信託報酬年率0.42%
野村インデックスファンド・日経225(愛称:Funds─i 日経225)
 日経225連動・信託報酬年率0.42%
野村インデックスファンド・外国株式(愛称:Funds─i 外国株式)
 MSCI─KOKUSAI指数連動・信託報酬年率0.5775%
野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds─i 新興国株式)
 MSCIエマージング・マーケット・インデックス連動・信託報酬年率0.63%
野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds─i 国内債券)
 NOMURA─BPI総合連動・信託報酬年率0.42%
野村インデックスファンド・J─REIT(愛称:Funds─i J─REIT)
 東証REIT指数連動・信託報酬年率0.42%
野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds─i 外国REIT)
 S&P先進国REIT指数(除く日本)連動・0.5775%

みな年1回決算。
販売会社は、野村証券・SBI証券・八十二証券・マネックス証券・楽天証券・野村信託銀行とのこと。

本記事執筆時点では、残り3本のファンドのニュースがまだ上がっていない模様。
予想されるのは外国債券、新興国債券、あと1つは何だろう……?

他のインデックスファンドとの比較ですが、これを見る限りでは、eMAXISシリーズとほぼ同等(外国株式と外国REITは安い)、CMAMインデックスeシリーズよりは少し高いという感じです。

続報を待ちたいと思います。

<追記>
EDINETに情報が出ていました。

外国債券(信託報酬年率0.5775%)、新興国債券(信託報酬年率0.63%)、新興国債券・為替ヘッジ型(信託報酬年率0.63%)とのこと。
新興国債券・為替ヘッジ型というのが新しいですね!
関連記事


  





コメント

Funds-iシリーズ

Funds-iシリーズでは、外国REITがeMAXIS先進国リートより信託報酬は低く、隠れコストが小さい場合は期待できるかもと考えています。また既にマザーファンドが大きいファンドもあり低コストにできる可能性にも期待です。ただ野村がどこまでインデックスファンドに本気で取り組むかどうかはかなり懐疑的です。。

知りませんでしたが、歓迎します

歓迎します。

自分が買いたくないような商品を売るのは、
たぶん苦痛でしょうし、
それに、やがて、売れなくなります。

これまで、買いたいと思っても、適切な商品がなく、
買えなかったということがあります。
(もちろん、さっさと資金引き上げをすればいいのでしょうが)

野村證券にとっても中長期的には賢明な判断であると思います。





野村グループは昨年、ジョインベスト証券を野村ジョイとして統合した際に、低コストなインデックスファンドをほぼ全て取り扱いから外したという経緯がありますから・・・
いまさら何をと言う思いが強いです(ブログでも取り上げたくない)。

ブロガーの力では

いつも楽しく拝読させてもらっております。

インデックスブロガーの存在を意識しているのだと思います。興味があれば自分から商品を見つけ出し購入する行動力がありますからね。店頭で売り込むとは考えられません。

>kenzさん

隠れコストは決算待ちですね。


>なまけもの(年寄り)さん

同感です。


>じゅん@さん

野村グループに恨みを持つ個人投資家が多いのは仕方がないことだと思います。過去にそれだけのことをやってきたのですから。

ただ、販売会社(証券会社)と運用会社では状況が違う可能性もあると思っています。例えば、国内ETFの1306などは野村AM運用ですが手堅く運用されてますし投資家に支持されていると思います。

とはいえ、要注意であるとは思いますが…。


>ymさん

報道を見ると、野村證券といっても対面用ではなく野村ジョイ用なのかな?とも思えます。
正式発表を待ちましょう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

野村AMからインデクッス投信10本登場!

最近、こんな話題ばかり。 まあ、投資家の選択肢が増えることはいいことなんだけど。 日本経済新聞 電子版より 野村アセット、低コスト投信を本格展開 新たに10本設定 シリーズ名はFunds-i。 ...

野村が低コストインデックスファンドを10本設定(大手ネット証券で購入可能)

今日の投資信託ニュースはこれ。日本のガリバー野村が低コストインデックスファンドシリーズを一気に投入してくるようです。 私の愛読ブログの『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー』でも「野村アセット、インデックスファンド本格展開」と早速この件にふれています。 ...

野村インデックスファンド

野村アセットが、インデックスファンドを本格展開するとか。 信託報酬は先行しているSTAM(住信AM)、eMAXIS(三菱UFJ投信)、CMAM(中央三井AM)と同程度。 ラインナップは、6資産+日経平均+新興国株式...

ようこそ野村。いやマジで。

野村アセットマネジメントが低コストなインデックスファンドに挑戦する。 野村ホールディングスは野村ファンドネット証券やジョインベスト証券の前科がある。野村アセットマネジメントはよく言えば、ファンドの新陳代謝が活発。悪く言えばファンドを長期間育てると言う会…

野村インデックスファンドについて感じたこと

JUGEMテーマ:資産運用-----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------  ...

野村さん、インデックス・ファンド本気なのですか?

こんにちは。 インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。 他のブログでご存じの方も多いかと思いますが、 野村アセットマネジメントが、 10本の【インデックスファンド・シリーズ】を 新...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)