恐怖指数ETF登場

国際投信が「恐怖指数(VIX指数)」連動のETFを大証に上場するそうです。

【日経新聞2010年11月24日朝刊5面より引用】
「恐怖指数」で上場投信 国際投信、来月大証に
国際投信投資顧問は投資家の関心が高まっている「恐怖指数」と呼ばれる指標を対象にした初めての上場投資信託(ETF)を12月下旬をメドに大阪証券取引所に上場する。米国株式市場における投資家心理を映す指標で、金融危機などで株価が急落する局面で急上昇する特徴がある。短期的な売買を手がける投資家や相場下落時に保有株の損失を回避したい投資家の利用を見込む。
【引用おわり】

グロソブで有名な国際投信が初のETF設定をすると思ったら、ずいぶんアクロバティックなものを出してきますね。
恐怖指数ってなに?というかたも多いと思います。

恐怖指数(きょうふしすう、Volatility Index 略称:VIX)とは、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が、S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数。数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされる。通常は10から20の間で推移する。(wikipediaより)

vix.jpg

過去の歴史を振り返ってみると、世界金融危機の時は、10~20どころではなく、80くらいまでいってますね。
それだけすごい出来事だったということはわかります。

さて、それがETFになるわけですが、面白いなぁとは思います。
でも、今後の相場動向に加えて、このVIX指数がどう動くか相場観を持てる人は使い道があるのでしょうが、相場動向すら読めない自分には用はなさそうです。
仮に相場動向が読めたとしても、株価が下がると思うなら株式ETFをショートすればよいのだし、円高になると思うならFXで外貨をショートすればよいわけで、間接的なボラティリティインデックス(それもS&P500オプション関連の)を自分が利用する局面が想像できません。

ちょっとマニアック過ぎませんかねぇ?(^^;

関連記事


  





コメント

何に投資?

具体的に取引する対象は何なんでしょね?
なんかの株式を逆張りで買う?
デリバティブ?

>マニアック過ぎませんかねぇ?(^^;
笑)
VIXのETFいいんじゃないですかぁ。
インデックスファンドの人にはマイナーかもしれないけれど、
VIXはトレーダーにとってはかなり有名なチャートです。
ETFの選択肢が増えることはすばらいことです。
ぜひいろんなETFが増えることを期待します。


なかなか面白いかも

今までは日経平均先物使ってヘッジすることもありましたが、
ETFでVIX指数とは・・・^^;
マニアックすぎて償還速攻では困りますけど ちょっと個人的には
引かれる商品です。
ただ、どれくらい購入すると どの程度のヘッジになるか?先物より
算出しにくい気もするので うーん。。。ほんと気持ち持ってみるか
どうするか という感じです

いたずらにTOPIXとかの数が増えるよりは こういう商品を増やすのは
ありでは?と思ってしまいました

TOPIXの恐怖指数を

はじめまして。

どうせ出すならTOPIXの恐怖指数を上場して欲しいです。

このVIX連動ETFと普通の株式ETFを両方買ってリスクヘッジできるかどうか実践してくれる人は居ませんかね…?

と他力本願w

>せーねんさん

日経新聞の記事によると、「国際投信のETFはVIX指数の先物を使った指数に連動した運用成績を目指す」そうです。


>saru999さん、宮さん

そうお考えなら、ぜひぜひ利用してみてください(^^)
最近の国内ETFは数が増えてきたのはいいことですが、一方で、出来高が低迷するETFが多いのが課題になってきていると思います。
為替ETFの二の舞はもう…。


>通行人Aさん

TOPIXの恐怖指数は聞いたことがありませんが、日本経済新聞社は11月19日から「日経平均ボラティリティー・インデックス(日経平均VI)」の算出・公表を始めたそうです。
たしかに、S&P500オプション関連のVIX指数よりは、こちらの方が直感的に理解できそうですね。


>kackyさん

各アセットクラスとVIX指数の相関係数が分かるとなおいいですね(^^)

オプション取引のかわりに

VIX指数はもちろん株価が急落するときにググっと上昇しますが、
逆に上に踏み上げられるときにも上昇します。

オプション取引のロングストラングルという戦法をETFで擬似実現できるのは、手段が増えていいと思います。

長期投資とは関係ない感じですが。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

国際投信がVIX指数に連動するETFの上場

国際投信投資顧問は11月29日、国内で初めてVIX指数に変動率を一致させることを目指すETFとなる「国際のETF VIX短期先物指数」 【1552】 を12月20日に大阪証券取引所に上場させると発表し...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)