自分の投資対象が分かっていない人たち

いやもう、びっくりしました。

asahi.com 2010/11/29より引用】
海外に投資とは… 毎月分配型の投信購入者の6割知らず
海外の株式や国債に投資する「投資信託」を買ったのに、海外に投資していることを知らない人が6割――。調査会社の金融リテラシー研究所が調べたところ、こんな結果が出た。損が出るかもしれないことをよく理解せずに買っている人がいるようだ。

20~60代の男女1320人にアンケートしたところ、投信を買ったことがある人が半数。このうち、主に海外の株式や債券に投資し、もうけの一部を受け取る「毎月分配型」は40.9%だった。この人たちの49.3%が「海外に投資していない」、13.3%が「海外に投資しているか分からない」と答えるなど投資先を正確に知らなかった。
【引用おわり】

これはもう毎月分配の良し悪し云々の話を超えています。
海外資産に投資する投資信託を買ったのに、自分が買った投資信託が海外に投資しているかどうか分かっていない人が6割もいるという調査結果には驚くばかりです。

これだけ大きな割合になると、販売側の説明にも大きな問題がありそうですが、投資家側もいくらなんでも不勉強過ぎると思います。
調査の詳細が分からないので、これは偏った調査結果であることを祈りたい気分です。

投資は最終的には自己責任です。
だからこそ、「自分が理解できないものには投資しない」という投資の基本を大切にしたいものです。

関連記事


  





コメント

個人投資家は水瀬さんの著書をよく読んでから投資してください。
ということですね(笑
ターゲットとなる市場規模はかなり大きいようで、その仕事の価値は重大なようですね。
今後のさらなるご活躍期待しています!

貯蓄から投資への悪い面?

なんも考えない人たちが、「貯蓄から投資へ」に踊らされて買っているのでしょうか(いや、そんなことすら考えていないのかもです...)

投資であれ何であれ、どの世界でも「自分で考えない」人がダマされる・損をするのだと思います。「知ろうとする」ことが一番大事だと思いました。

こういう人たちが、イラクディナールが儲かるとか言ったらすぐに買っちゃうんですよ... (´ヘ`;)

海外に投資している感覚がないのは当然かも

 証券会社で(日本国内の)投資信託を買う人は、海外に投資している感覚はまったくないのかもしれません。だって、自分のお金がどこに行ったかといえば、銀行から下ろして、証券会社に行った(振り込んだ)のであって、証券会社が(投資信託の形で)預かってくれているだけなのです。その証拠に、証券会社のサイトで自分の口座を見れば、そこに「預かり残高」という形でしかるべき金額が見えるではないですか。自分のお金は証券会社にあるのであって、海外に行っていないのです。
 こんな状況なのに、そのお金が実は海外に回っているなんて、実に信じがたいことです。投資信託を買った人は、自分では海外の銀行に送金などしていないのですから!
 そういう感覚の人はかなりいるように思いますし、そういう人は、そもそも「投資」とは何かも理解していないと思われます。自分のお金が増えてくれれば、何でもいいといったところでしょうか。

最後にくだらない話を・・・

最近のケースだと、ラブホテルファンド(ホープラスト)が大きな元本割れの危機に立たされています。
過去の事例では運用成績が良くて年8%の分配は出せていたそうです。
このケースでは決して悪いファンドだとは考えていません。
しかし、投資の常識としてはそれだけ高分配を目指す事自身、高いリスクを取っているのだと理解する事は当たり前ですね。

その他にも「あぐら牧場」のオーナー制度も年3.0%~4.0%の分配を予定しています。
しかし、こちらも「あぐら牧場」が倒産した時に元本が戻らないリスクが有って、その代償としての高分配が有ります。
「あぐら牧場」ついては、信頼度が非常に高く、分配金を減らした事例は一度もない点は評価できますが、10年後の財務状況を誰もが正確に予想ができないので、これを預金の利息と考えるのは間違えでしょう。

この程度の事は理解した上で投資を行う事が重要です。
自分が投資している物は何か?って言う事は知っていて当たり前で、そこから先のリスクを理解するって所までは最低限押さえておきたいポイントですね。

最近のOKWaveでも、自分が投資をしている物で(ここでは新興国債券アクティブ型投信、毎月分配型)基準価額が下がって損をしたような事が出ていましたが、運用報告書を読めばその理由が理解できる程度の物でした。
ここでもやはり、自分で理解しているのかどうか怪しいです。

これらの例で分かる事は投資の常識を知っていればリスクが理解できる程度の問題で、特に難しい事を求められているのでは有りません。
しかし、投資を理解できない人に投信を勧める金融機関も適合性の原則に反する事をやっている事実があり、金融機関側にも問題があります。
とは言え、今の金融機関では投資のアドバイスを的確にできる人なんていないだろうな・・・とも考えています。

くだらない話ですが、ある某証券会社の証券マンとこんな会話が・・・
タカちゃん・・・アクティブファンドがインデックス超過リターンをたたき出す事は至難の業だよね。
証券マン・・・アクティブファンドでもインデックス超過リターンを出している物は有りますし、紹介できますよ。
タカちゃん・・・それって「さわかみファンド」でしょ!(爆)

現実問題として、そんなものじゃないですか?何も調べずに家電店で店員のすすめるままにテレビを買う。セールスマンのすすめるままに車を買う、マンションを買う。
本質は同じでしょう。投資の意識が高い(と思われている)欧米でも一般の投資をしている人はたいして変わらないのでは?
また、最近は投資本や雑誌の影響で、インデックスの積立なら必ず儲かると思い込んで積立を始める人も多いのではないでしょうか。
投資は自己責任でと言いつつ、リスクがないかのように読める記事や本が多いことにうんざりします。

家電を選ぶ理由

>HTさん
僕の家電の買い方の実例だと・・・
最近は電話機の故障で、電話機を買い換える事にしました。
そこで、欲しかった機能である「通話録音」を「SDカードへ保存」と言うのをコンセプトで買いました。
これは昔、商品先物会社グローバリーの勧誘の電話がしつこい事で被害(いわゆる睡眠障害)に有った事例があり、電話犯罪に対して断固たる処置を施したり、通話内容を何度も聞き取る必要が無い利便性があるからです。
その他に、無線子機が2台欲しい(ウィンドウズライセンス認証やパソコン操作に便利)などが有りました。

最近は地デジが当たり前になりつつある物の、ゲーム機につなげる事ができるインターフェイスにこだわった地デジ対応テレビの購入などもやっています。
PS3は勿論、Wiiなどもつなげる端子が欲しいからです。

こんな理由で家電を選んでいます。

どういうアンケートをしたのかにもよりますが、"素晴らしい"結果ですね。



>HTさん、

投資対象が海外かどうかを知らないというのは、REGZAかBRAVIAかLGかなどをよく分からずに薦められたテレビ買うというレベルではなく、「セールスマンの進めるままに3人家族がマイクロバスを買う」「テレビを買いに来て洗濯機を買う」レベルの話のような気もします^^;
もしくは、国内か海外かという点で考えると、マンションギャラリーに行ってセールスマンに薦められて買ったマンションがマイアミにあることを知らなかったという感じかも・・・

売る側だけの問題じゃないかも

販売側の説明不足という声が強いですが、買う側もちゃんと理解しようとしているのでしょうか?
売れてるから、最近人気だからというだけで安易に買ってるように思います。
特にネットで買うような人は説明を受ける事もないですからね。
銀行はネット専用投信としてリスク高いのを扱ってますが、ああいうのも心配です。

>saru999さん

いろいろな投資手法があって然りですので、僕の本である必要はないのですが、自分が何に投資しているかを把握するのはどんな投資手法であっても基本だと思います。


>PETさん

>>「知ろうとする」ことが一番大事だと思いました

まったく同感です。


>乙川乙彦さん

自分のお金が増えてくれれば何でもいいと考えている人が多そうなのはなんとなく予想できます。
何でもいいと考えるのはご本人の勝手ですが、損失が出た時にそれを被るのも自分ですからねぇ。いつまでそう考えていられるか。。。


>タカちゃんさん

>>自分が投資している物は何か?って言う事は知っていて当たり前で、そこから先のリスクを理解するって所までは最低限押さえておきたいポイント

そうですね。
できればリスクもざっくりとでいいから数字でおさえておきたいところですが、そこまでされているかたは少ないのかもしれません。


>HTさん

現実問題としてそんなものかもしれませんが、それをよしとするのはよくないと思います。
少しずつでも良い方向に進んでほしいと思います。


>吊られた男さん

データに一家言ある吊られた男さんとしては、アンケートの詳細を知りたいのでは?
僕もですが。


>m@さん

仰るとおり、売る側だけの問題ではないと思います。

タカちゃん
>最近のケースだと、ラブホテルファンド(ホープラスト)が大きな元本割れの危機に立たされています。
>過去の事例では運用成績が良くて年8%の分配は出せていたそうです。
>このケースでは決して悪いファンドだとは考えていません。

もう少し調べて書いた方がいいのでは?。
配当は運用成績が良くて出せていたんじゃなくて、他のホープ物件を担保にサラ金から借りた金で配当してたチャリンカーでしょう。
そもそも、サラ金からファイナンスするなんて契約にも説明パンフにも書いてないですよ。
その上、サラ金の差押さえで競売されてるし、税金の滞納でも競売されてます。
ホープの物件は全て根抵当が設定されてるので、おそらくイニシアスター証券が販売したものも含めて全滅でしょうね。

>774さん
おっしゃる通り、そこまでは調べていません。
ここまで酷い状況とは知りませんでした。

このファンドについては既に数年前からFPの間で話題になっていたことから知りました。
しかも、あるFPのブログにまで書かれているぐらいです。
ただし、最初から投資対象から外していました、それはその当時の金融情勢から年8%の分配は恐らく高いリスクとっていたと推測していた事と、そもそもラブホテルに投資する点については、自分に理解できないと判断したからです。
また、説明を読んでもリスク管理が完璧に近い表現など、自信過剰も良い所で、「関東大震災でもファンドが大丈夫」って所も疑いが有りました。
これは以前のOKWaveでも話題になったぐらいです。

結局は「自分が理解できないものには投資しない」って言う事だと思います。

投資信託の報告書って

年2回ぐらい送られてくるけど、パラパラっとしか読みません。
だって、「ここにはしないでよ」ってこちらから言えるわけでもないし。意味あるのかしら??

元本割れの可能性は、今、証券会社で買うと、1時間以上かけて説明し、「損がでるかもしれませんが、いいですね?」って紙に○させられますから、最近はないと思います。

ところで、投資信託の愛称って面白いですよね。
昨日はオーストラリアに投資する「毎月コアラ」ってのを見つけて、かわゆす♪と思いました。インドなら、「毎月ガネーシャ」とか?^^
インド

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ちょっとおかしいんとちゃう?

JUGEMテーマ:資産運用-----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------長々と独り言...

通貨選択型のリターンは?

モーニングスターに今話題沸騰の(?)通貨選択型ファンドの記事が掲載されていました。 通貨選択型ファンドのパフォーマンスを検証する(モーニングスター) 以前通貨選択型については少し触れました...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)