恐怖指数ETFのコストは?

先日の記事「恐怖指数ETF登場」で書いたVIX指数連動ETFの概要が判明しました。

国際投信投資顧問
2010/11/29 「国際のETF VIX短期先物指数」の設定について

詳しくは上記お知らせをご覧いただきたいのですが、概要は以下のとおりです。

国際のETF VIX短期先物指数(1552)
 S&P 500 VIX短期先物指数連動・信託報酬年率0.3780%(税込)

面白いネーミングですね(^^;
大証への上場は12月20日予定です。

ただ、上記資料によると、信託報酬以外にも「その他の費用」として監査費用、指数連動有価証券の保有、有価証券等の売買・保管、信託事務にかかる諸費用等がかかり、監査費用は年率0.0042%(税込)以内、指数連動有価証券の保有にかかる費用は年率0.6~0.8%程度とのこと。

「その他の費用」は他のETFにもあるものですが、指数連動有価証券の保有にかかる費用というのが、信託報酬以上に高いのが気になります。
また、ETFという名前にはなっていますが、指数連動有価証券への投資なので正確にはETFではなくETNだと思われます(いちおうリスクの説明にも「カウンターパーティー・リスク」と書いてあります)。

個人的には食指が伸びないですが、投資戦略的に有効活用できるかたはどんどん活用してほしいと思います。


関連記事


  





コメント

年1回の分配って?

状況によっては使えそうなETFですね。
特に株価暴落時のヘッジとして期待したいです。
しかし、米ドル建ての指数で米国のインフレ分は確実に負けるので高金利時は通貨が強くなっている可能性がある事とインフレ率が高くなっている可能性を考えれば長期運用で使うのは難しいかも知れません。

なお、年1回の分配原資がよく分からないです。
これは指数連動有価証券の利息からコスト控除後を指しているのかが気になります。
この分配がインフレに連動する形で支払われるのかに注目したいです。

国際投信が2000年代に入って初めて投資家に”使える商品”を提供したと言えそうです。
恐らく”トップ”以来の快挙かも知れません。

>タカちゃんさん

分配金の原資はよくわかりません。
もしかしたら、「大人の事情」で無分配とは書けないのでそう書いてあるだけかもしれませんよね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)