証券優遇税制、廃止判断一転協議継続へ。どうなる?

廃止に向けて風前の灯だった証券優遇税制ですが、ここへきてまた分からなくなってきました。

【日経新聞2010年12月4日朝刊4面より引用】
証券優遇 結論持ち越し 廃止判断一転協議継続へ
政府税制調査会は3日、各省庁の2011年度税制改正要望に対する2次査定結果を公表した。法人税率引き下げなどの「主要事項」を除く、ほとんどの項目について判断を固めた。ただ国民新党が延長を求める証券優遇税制はこれまでの「認めない」との判定を見直し、主要事項として協議する方針に転換。
【引用おわり】

政府税調専門委、政府税調事前査定および1次査定では「認めない」という判断だった証券優遇税制延長ですが(関連記事)、2次査定で一転、「主要事項」として協議することになったとのこと。
金融庁と連立与党の国民新党などが延長を強く要望しているようです。

民主党政権はバタバタしているので、12月中旬の来年度税制改正大綱取りまとめに向け、もうひと波乱あるかもしれません。

いちインデックス投資家としては、資産を本格的に売却するのはまだまだ将来の話です。
でも、毎年の分配金再投資やリバランスの際、また海外ETFへのリレー投資の際の課税額に影響するので、引き続き、興味を持って本件をウォッチしていきたいと思います。

<関連情報>
ブルームバーグ 政府税調:証券優遇税制の延長を「主要事項」として議論へ
SankeiBiz 「証券優遇」先送りで存続の目
時事ドットコム 肉用牛免税、縮小で延長=証券優遇は決着持ち越し-政府税調
日経新聞 2010/12/03 社説「証券優遇税制の廃止は時期尚早だ」

関連記事


  





コメント

二転三転するのを見ると...

なんだか、廃止する方向の上で、やっぱ延長と言うのを見ると、
それで利権を維持できる人の活動を考えてしまいます。
個人的には、一度延長されているものをまた延長するには、
その理由と廃止するための基準が欲しいと思っているので、
そのあたりはある程度明確に出来ないかなぁと思っています。

>PETさん

個人的には、証券優遇税制の恒久化を希望していますが、廃止するにも延長するにも、きちんとした理由を提示してほしいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)