家計 > 点検個人マネー > 記事2010/12/06 あなたの新興国株投資、本当に有利?詳しくは上記日経記事をご覧いただきたいのですが(よいグラフがいくつもあるのでぜひ!)、無理やりまとめると以下のような感じだと思います。・新興国株式について、「高成長の持続=長期的な株高」は本当に正しいのだろうか・1995年から200...\" /> 新興国株式比率についての考察記事 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

新興国株式比率についての考察記事

新興国株式比率についての興味深いデータが出ている記事がありましたので取り上げます。

日経電子版
ライフ > 家計 > 点検個人マネー > 記事
2010/12/06 あなたの新興国株投資、本当に有利?

詳しくは上記日経記事をご覧いただきたいのですが(よいグラフがいくつもあるのでぜひ!)、無理やりまとめると以下のような感じだと思います。

・新興国株式について、「高成長の持続=長期的な株高」は本当に正しいのだろうか
・1995年から2009年までの国民1人当たり実質GDP成長率は、新興国が3.5%で米国(1.9%)を上回るが、国民1人当たり実質企業収益の伸びは、新興国は1.6%で米国(1.7%)を下回っている
・米国企業の収益に占める海外の割合はこの30年の間にほぼ2倍に拡大、新興国の成長の果実の一部は、先進国(米国)企業が享受した

・新興国への投資比率に関する代表的な考え方として、(1)世界に占める時価総額の比率(約15%)、(2)GDPの比率(約30%)、(3)将来の時価総額やGDPの比率、(4)効率的フロンティアなどがある
・「新興国の経済が成長しても、そこで利益をあげているのが先進国の企業であれば、新興国でなく先進国の時価総額が大きくなる。そう考えると、投資比率はGDPベースでなく、時価総額比率であるべきだ」
・ここ10年の新興国株投資が先進国株より有利だったのは、PERが割安に放置されていたものが見直されたという点である程度説明がついてしまう
・日本でも、成長株(グロース株)の長期的なリターンが、割安株(バリュー株)を下回る時期が多かった

元記事がとても長いので、まとめも長くて申し訳ありません。
要するに、新興国株式について「高成長の持続=長期的な株高」ではないのではないかというのが主旨だと思います。

これは、「株式投資の未来」でジェレミー・シーゲルが指摘していた、いわゆる「成長の罠」(成長企業は過大評価されることが多いので投資家にとってのリターンが低くなることがある)だと思います。
新興国株式に過大な期待を寄せるのはやめましょうという警鐘とも取れます。
リターンの面から語られることが多いですが、リスクの面にも着目すべきだと思います。新興国株式クラスは明らかに先進国株式クラスよりもリスク(標準偏差)が高いです。将来のリターンが低いのでは割に合いません。
また、グローバル化により新興国の成長の果実の一部を先進国が享受しているというのも面白い視点だと思います。これだと、少子高齢化で低成長が続く日本にも少しは期待が持てるかもしれませんね。

新興国株式比率の結論として、記事の中では、世界の株式時価総額比率(15%程度)にすることがよいという意見が強く出ています。
新興国株式比率に悩んでいるかたには、ひとつの目安として参考にはなると思います。

ところで、この日経電子版の記事は、日経新聞2010年11月22日朝刊19面の「新興国株 最適な投資比率探る」の記事を元に発展させたものだと思われます。
その時の結論は、「自分のリスク許容度を考慮し堅実に新興国株式比率を決めるべき」という主旨のものだったように記憶しております。
個人的には、リターンよりもリスクに着目したこちらの考え方の方が好みです。

ちなみに、マイポートフォリオにおける新興国株式比率は17%です。
ただし、半年前のデータなので現在は変わっているかもしれません。
年が明けたら、また計算しなおしてみようと思います。
<関連記事>
2010/07/06 2010年7月現在のアセットアロケーションと主な構成商品

関連記事


  



コメント

うん、良記事!

「欲張りすぎて大火傷するなら、儲け損なうほうがマシ」という基本スタンスに、ちょいとスケベ心が顔を出して、僕は新興国株式比率20%にしています。

時価総額はまだまだ先進国株式に及ばないのに、eMAXISシリーズなどでは新興国株式が先進国株式の倍近くの純資産を集めている現状を見たりすると、おっかなくてこれ以上比率を増やす気にはなれないトコです。

仮に新興国の成長と株式の上昇が市場のコンセンサスを上回り続けて、自分が儲け損なったとしても、自分で考えて決断したアセットアロケーションなら、まあしょうがないっすよね。


世界市場ポートフォリオの記事で水瀬さんも書いていましたが、やはりリスク資産と非リスク資産の比率をどうするかの問題の方がリスクコントロールの肝になってくると思うので、こちらの考察に頭をひねっています(四六時中考えているわけじゃないですが、笑)

BRICsのファンドが出てきた頃から「成長の罠」を考えていましたが、リーマンショック後にいち早く回復するのを見て、あれれ?まだ行けるのか?と思っていました。

今は相場観を持ってもしょうがないということで、アセットアロケーションの分散の一つだと考えています。

この記事を見て、計算してみたら株式部分のちょうど15%台でした。目分量で決めてる割にはいい線いってました(笑)。

>虫とり小僧さん

日経記事は良記事だと思います。
虫取り小僧さんの仰るとおり、株式クラスの中で新興国比率をどうするかを悶々と悩むより、リスク資産と非リスク資産の比率の方がリスクコントロールの肝になると思います。
あまり思い悩む必要はないかもしれません。


>ひで@東京下町さん

「成長の罠」があるから国内株式のみでいいということではないと思います。
自分のリスク許容度を考慮して、過大な投資比率は慎むというくらいが丁度よいのだと思います。

http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704657304575540330627585748.html

にも同様の記事があります。ここでも新興国の比率は世界平均に倣って、株式部分の10-15%くらいというのが一般的だとしていますね。

リスクが大きい(=変動が大きい)ということは、リターンも高いはずなので、大きな変動の中のピークで買ってしまうことを避けて、長期に保有し続けることができれば(大きな変動の谷底で売ってしまうことなく)、多少多めにしてもいいのかな? と思い、自分のポートフォリオでは新興国は株式部分の20%を目標としています。それに加えて、香港(これはMSCIの分類では新興国ですが、2800の構成銘柄にはH株や、中国人によってつり上がっている香港の不動産価格に影響を受けるデベロッパーの株が多く含まれているので、性質は新興国に近いと思います。)を11%組み込むことを目標にしています。

とは言っても、現状のポートフォリオは新興国比率が目標を大きく超えてしまっているので、はやくリバランスしないといけないのですが。。。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

新興国株式、適正比率は?

「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬さんが興味深い記事を紹介してくださいました。 新興国株式比率についての考察記事 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー) あなたの新興国株投資、...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)