コモディティETFの良し悪し

水瀬ケンイチ

最近、金価格の上昇のニュースはよく見ますが、銅価格も上昇しています。
それに対して、実需家から批判も出ているようです。

【日経新聞2010年12月9日朝刊28面より引用】
LME銅、一時9000ドル超え ETF準備で加速 実需家から批判も
銅地金の国際指標であるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格が7日、一時初めて1トン9000ドルを超えた。米国の金融緩和観測が背景にあるが、銅地金を裏付けとする上場投資信託(ETF)の上場に関連した金融機関の動きも値上がりを加速した。実需家からは批判的な声も出ている。
【引用おわり】

自分はコモディティには投資していません。
それは、コモディティというアセットクラスの性質が、株式や債券などと違い、資本として生産活動に関わっていないからです。
株式や債券などは、生産の果実があれば時間と共にプラスのリターンが期待できます。
それに対して、コモディティの価格変動は基本的に需給のみであり、見通しの違いに賭けるもの同士のゼロサム・ゲームと言われています。(厳密には消費される分ゼロサムではないという話もありますが…)

べつにコモディティ投資自体が悪いと言っているのではなく、バイ&ホールドで“ほったらかし”にしたい自分の投資方針とは合わないかなと思っていたのです。
<参考記事>古い記事ですが…
インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その1)
インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その2)



いち個人投資家としてはそんな考えだったのですが、この日経新聞の記事を見て、コモディティ投資は「実需家」という立場から見るとたまったものではないという面があることに改めて気づかされました。
記事には、「産業素材である銅を投資対象にしたETFが登場し、価格が高騰するとは想像すらしていなかった」(伸銅品メーカー)という批判が掲載されていました。
ごもっともだと思います。

いまやコモディティETFは金や銅だけでなく、プラチナ、アルミ、パラジウム、ニッケル、天然ガス、原油、ガソリン、小麦、コーン、大豆など、様々な商品分野に広がっています。
それぞれに実需家がいるんですよね。
アセットクラスの性質だけでなく、産業素材や食料を投資対象にすることの良し悪しについても、少し考えなくてはいけないのかもしれません。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ