セゾン投信&バンガード共催セミナー「忙しいあなたのためのシンプル&スマート投資」体験記(その1)

<お知らせ>
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ著)の書評を、NightWalkerさんm@さんが書いてくださいました。ありがとうございました。
---

昨日、セゾン投信&バンガード共催セミナー「忙しいあなたのためのシンプル&スマート投資」に参加してきました。
プログラムは以下のとおり。

【ご挨拶】 中野 晴啓氏 
【第1部】 講演
「スマートでシンプルな個人の資産運用法」 山崎 元氏
「アクセクしない ガツガツしない スマートインベストメントのすすめ」 加藤 隆氏
【第2部】 トークセッション&質疑応答

印象に残った話を箇条書きで残しておきます。


■中野氏の挨拶
・ある銀行家と会ったところ、会社の収益至上主義に疑問を持っているとのこと
・セゾン投信立ち上げの気持ちを話した。金融のあるべき正義を体現、①社会の成長・発展を支える裏方、②ピンハネの構造一切ない会社を
・ある公益財団の運用内容を見せてもらったら、ほぼ全て仕組み債だった。世界はリーマンショックから立ち直っているが仕組み債はやられたまま
・買わせた金融機関に憤り、邪悪を感じる
・21世紀は本気の投資、正義の投資の時代。世の中の発展に資する投資

■山崎氏の講演「スマートでシンプルな個人の資産運用法」
・投信業界はこの10年行き詰まり状態だったが、近年、銀行窓販開始でごまかされてきた
・競争が激しくなることで、逆に信託報酬が高くなってきた。92年0.8%→94年1%→98年1.5%
・魅力的な投信を出すと既存商品に毀損が出るので、高コストの投信を頼めば聞いてくれる人に売ってきた
・個人資産1400兆円に対して投信市場60兆円は小さすぎる。悪い心がけの証券・銀行が売って悪い均衡状態
・今までの悪しきビジネスに手を染めていない独立系投信には期待している。大きなマーケットを取ったら既存の人たちも改心するのでは
・「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」が昨日発売。結論を紹介する
・株式投資はギャンブル。ただし今年100のものが105に増えることが期待できる回収率が100%を超えるギャンブル
・リスク資産と無リスク資産の組み合わせ。必要な時には損益に関係なく取り崩す
・リスク資産は皆同じでいい
・国内株50%:先進国株50%、リスク16.95%。新興国を入れたい場合は、国内株50%:先進国株40%:新興国株10%、リスク17.90%。

■加藤氏の講演「アクセクしない ガツガツしない スマートインベストメントのすすめ」
・ボーグルの正義。バンガード社訓の冒頭に“Do the right thing.”(正しいことをしろ)
・普通の投資→時間と金をかけて人より高い成果を狙う
・スマートインベストメント→ムダをなくしてその分確実に成果をあげる(ムダな時間・余計なリスク・過大な費用)
・スマートインベストメントの実践。①インデックスファンドの利用、②世界の株式・債券に分散投資、③低価格/低コストを選択
・過去の成績をいくら見ても将来のパフォーマンスには関係ない
・MSCIエマージングインデックスに過去3年で80%のアクティブファンドが負けた。グローバル株式インデックスに67%が負けた
・アクティブファンドは高いコストの分だけインデックスファンドに負ける傾向がある
・成績のよいアクティブファンドはあるが事前には選べない。平均以下に終わる確率が高く、場合によっては非常に悪い成績になる
・インデックスファンドを利用すれば市場平均に近い成績を確実に取れる


中野氏の熱い挨拶から始まりました。
公益財団の運用がほぼ全て仕組み債というのはさすがにひどい。最近の新聞でも、円高により地方自治体が仕組み債でやられているという記事を見ました。
気をつけなければいけないですね。

山崎氏の講演では、前半に投信業界の暗黒歴史、後半に最新刊「ほったらかし投資術」のエッセンスを紹介していました。
本の内容について、本当に出し惜しみなくどんどんお話されます。特に、アセットアロケーションの部分では、前提となる各アセットクラスのリスク・期待リターンと、おすすめポートフォリオのデータを白板に書いて説明、お客さんたちがすごい勢いでメモしていました。
ところどころ山崎節のブラックジョークが出ると、お客さんがドッと受けていました。

加藤氏の講演では、パワーポイントを使い、バンガードのデータをふんだんに使ったグラフで、説得力のあるスマートインベストメントの解説をされていました。
いちインデックス投資家としては、①インデックスファンドの利用、②世界の株式・債券に分散投資、③低価格/低コストを選択というのは、まさに自分がやっている運用そのものであり、とてもしっくりきます。
バンガードではセゾン投信と何度も同様のセミナーを開いているとのことで、ぜひ更に多くのかたに、この投資法を知ってほしいと思いました。

この後、トークセッション&質疑応答がありましたが、その中で注目の情報が出てきました。それが聞けただけでも行ってよかったと思います。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

「ほったらかし投資術」

amazonで発売日に買って昨日中に読み終えました。
私自身はもう投資暦10年ちょっとの、社会人の子供を持つ母親です。
過去、証券会社には散々にやられ、鴨ねぎ投資家の典型であったのは、後悔先に立たずでありましたが。。
この本は、そんな私には、まさに目からうろこが落ちる内容のものでした。
今からでも遅くない。やり直す決意です。
子供達には独立系ファンドの毎月積み立てを、社会人になった当初からやらせていますが、今後は自分たちで勉強して欲しいので、この本を薦めたところです。

お子様には、インデックスでも積立のドルコストでも長期投資でも、依然としてリスクはあり、大きな損失を抱えて投資期間が終わる可能性があることも是非教えてあげてください。

>komaさん

本をお読みいただきありがとうございます。
また、お子さんへおすすめいただきありがとうございます。
皆さまにとってなにかのお役に立てば幸いです。

>デビさん

言わずもがなですが、リスク資産への投資は貯蓄の延長線上にあるものではないです。期待リターンとリスクの意味を正しく理解する必要があると思います。

投資むづかしそうですよね,負けたら怖いです

>ゆっきー5さん

たしかに、投資にはリスクがあります。
ノーガード戦法で挑むのは無謀です。
いろいろな本やセミナーで勉強してみてください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)