セゾン投信&バンガード共催セミナー「忙しいあなたのためのシンプル&スマート投資」体験記(その2)

<お知らせ>
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ著)の書評を、じゅん@さん花輪陽子さん十一屋さんゆうきさんトミーBさんが書いてくださいました。ありがとうございました。
---

前回の記事「セゾン投信&バンガード共催セミナー「忙しいあなたのためのシンプル&スマート投資」体験記(その1)」の続きです。

山崎元氏、加藤隆氏の講演の後に、トークセッション&質疑応答がありました。
トークセッションは、時間が押していてショートバージョンだったようです。
要点だけを書いておきます。

■トークセッション

山崎氏「米国バンガード社にはアクティブファンドもある。上品なコストで日本の投資家に投入する予定はないか?」
加藤氏「今のところ予定はない。伝えたいメッセージが錯綜する」
加藤氏「以前いたコンサル会社で年金相手にポートフォリオ最適化をやっていたが、最適化を厳密にやることの限界を感じていた。その辺をどう考えているか?」
山崎氏「コンピューターで最適化をすると良さそうな気がするが、ゴミを入れてもゴミしか出てこない。限界はあるが、ウェイトを決めるからにはリスク・期待リターンの前提条件があるはず。そこはハッキリすべき」
中野氏「有効フロンティアは運用側に都合よく捏造可能。気をつけて」

■質疑応答

お客さん「アクティブ運用はバフェットですらよくないということか?」
加藤氏「バフェットは長年良い成績をあげているが単年で見ると悪い時もあった。彼のような人が絶対に存在しないと言っているわけではない。まぐれの可能性が否定できない。まぐれでなくても、50年前にバフェットを発見できていないとだめだ」
山崎氏「“100人のピーター・リンチ”という話がある。100人のピーター・リンチがいれば、素晴らしい成績の人は確率的に必ず存在する。それが必然的なものか?事前に選べるか?が大切」

お客さん「日本でバンガードのETFに投資している。今年は新ETFが出なかった。ラインナップはこのままでいくのか?個人的にはバリュー系ETFがほしいのだが」
加藤氏「バリュー系は先になるが、新しいもののプランはある。近々、発表があるかも。今はここまでしか言えない」

お客さん「時間分散という話があるが、まとまったお金がある場合どうすればいいか?」
山崎氏「まとまったお金がある場合、時間分散に意味はない。少しずつ投資してもフルインベスト後が長いわけで、そこが大事だ。結果的に運の良し悪しは出てくるが、いつが適切かは判断できない。ファンドマネージャー時代、時間分散を勧める先輩たちを見ていてもうまくいっていなかった。時間分散は、行動ファイナンス的には“後悔の事前回避”であり、機会費用を失う」
中野氏「しかし、人間は合理的だけには動けないものだ」
加藤氏「時間分散効果はある。さっきの山崎氏の話はドルコスト平均法とは別。ドルコスト平均法の利点は買値の平準化にある。まとまったお金がある場合も、機会損失があるというがそれは市場が上がるという前提が必要。でも上がるか下がるかは分からない」

お客さん「金融業界の悪党を見分ける特徴は?」
山崎氏「まず人の不安をあおる。例えば、紫外線で肌がボロボロ、血液ドロドロ、霊感、プライベートバンクは日本の財政状況では将来円は紙くずになるなど。利回り4~6%ゾーンを狙って安定的運用イメージを醸し出し、リスクは正確には話さない。“ほぼ確実”とか“気が済む”とか“安心でしょ”という言い方をしてくる」
中野氏「セゾン投信が邪悪になったらぜひご指摘ください(笑)」

(セミナー終了)

なんといってもバンガードの新ETF情報(?)が聞けたのが大きな収穫でした。
しかも近々に発表があるかもしれないということで、期待が高まります。
個人的には、「Vanguard Europe Pacific ETF」(ティッカー:VEA)を熱烈希望!!
これはMSCI EAFEインデックス連動の、いわばバンガードのEFAです。
それでいてエクスペンスレシオは年率0.15%です(EFAは年率0.35%)。

また、中野氏と山崎氏と加藤氏は、総論では皆ほぼ同じスタンスではあるものの、各論で微妙に意見が違います。
その意見の違いを楽しむのもトークセッションの面白いところでもあるのですが、何を信じるかは、お客さん自身が判断する必要がありそうです。
セミナーだけで判断するのが不安だったら、各人の著書をひも解いてみるのもいいかもしれません。
今だったら、中野氏のお考えは「積立王子の毎月5000円からはじめる投資入門」、山崎氏のお考えは「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」、加藤氏はおそらく本は書かれていないと思いますが、バンガード創始者のジョン・ボーグル氏の「マネーと常識 投資信託で勝ち残る道」あたりの主張がお考えに近いのかもしれません。
ご参考まで。

セミナー全体を振り返ると、これだけの充実した内容を無料で参加できるのは、すばらしいと思います。
インデックス投資の勉強になるのですが、セゾン投信の直接勧誘があるわけでもありません(セゾン投信の関係資料が封筒に入っていただけです)。
セゾン投信・バンガードでは、同様のセミナーをよくやっているようですので、気が向いたら参加してみてはいかがでしょうか。
関連記事


  





コメント

バンガードの新ETF情報(?)

どうも、加藤さんに質問した者です。(^_^;
インデックス党シーゲル派的な投資スタンスをとっているので、バリュー系ETFの要望を直訴してみましたが、まだ時間が必要なようで残念です。(VBRが欲しいです…)

それでも新ETFの情報が聞けて幸いでした。個人的な予想では、
 本命 VNQ,VNQI (新アセット(REIT)追加)
 対抗 VEA (VTがあるのでVEUの可能性は低いかと)
 大穴 VIG (超個人的要望(^^;;;)
あたりでしょうか。近々に発表とのことで、期待して待ちたいと思います。

内容充実のセミナーでしたね

どうも、最後に「金融業界の悪党」に関して質問した
真ん中の列の前から三番目に座っていた者です。(^_^)

セゾン投信は毎月積み立てでのお付き合いはあるものの
セミナー参加は10ヶ月振りでした。

特に今回は、山崎元氏も参加との事で、爽快な毒が
癖になる氏の意見が拝聴でき、また自分の身近な年配の
親戚がやたら金融商品に興味を持ち始めたことから
心配な点(※)も質問出来、大満足でした。
※変額保険をテーマにしたドラマ「ビッグマネー」や
 椎名麻紗枝弁護士の著作にのめり込み過ぎた影響でしょうか

こちらのブログも4年前から見させていただいています。
これからもブログ、頑張って下さい。
日本の金融を変える一助であるのは間違いないのですから。

野村-野村インデックスファンド・外国株式

出ましたね。0.5775%

遡り積立法

>お客さん「時間分散という話があるが、まとまったお金がある場合どうすればいいか?」

について私が以前から考えていたアイディア(勝手に遡り積立法と名付けました)があります。検討に値するかどうかご教示ください。

結論から言いますと、まとまった現金がある人は、まとまった現金でETFを購入すると共に、給与などの定期的な収入でETFと同じ指数に連動するインデックスファンドの積立を始める方法が良いのではないかという事です。

具体的な例としまして、

① MSCIコクサイ インデックスと連動するETF(TOK)を10年前から現在まで毎月1万円で積立をした場合の現在までの総保有口数を過去のデータからExcel等で算出する。

② 10年間の投入金額を算出する。(10年×12ヶ月×1万円=120万円)

③ ②で求めた投入金額120万円÷現在の為替レート÷現在のTOK1口の市場価格により、120万円で現在購入できるTOKの購入可能口数を算出する。

④ ①で求めた総保有口数と③で求めた現在の購入可能口数とを比較する。

仮に、

総保有口数 < 現在の購入可能口数

の場合を考えると、

現在の市場価格で120万円分のTOKを購入すれば、10年前から積立をしていた時より多くの口数を積み立てられたという意味に考えられる。
そこで、120万円分のTOKの購入と共に、eMAXIS先進国株式インデックス等のMSCIコクサイ インデックスと連動するファンドの積立(毎月1万円)を開始すれば、結果として10年前から継続して毎月1万円ずつ積立投資をしているのと殆ど変わらない意味になる。

以上です。分かりにくい文書で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

※この方法は過去の分配金も考慮して総保有口数を算出しないと正確ではありません。

※余談としまして、 "総保有口数 > 現在の購入可能口数" の場合は買わない方が良い(寧ろ10年前から積立てていたら売り時)と考えられますが、過去から現在の積立期間を10年ではなく3年や5年など変えてみると、 "総保有口数 < 現在の購入可能口数" となるかもしれません。そのため、この方法は、単なる気休めで数字遊びかもしれません。
このようにいろいろ考えていますと、積立インデックス投資でポートフォリオを組むとは何だろうと深みにはまりました。私個人としては、積立インデックス投資は利益を追求する目的よりも資産の価格変動を如何に小さくするか、つまりリスク回避の手段だと結論づけました。

>修行僧さん

ナイス質問ありがとうございました。
正解はVOOでしたね。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1594.html

VEAは粘り強く要望していきたいと思います。


>ガジェゴさん

いちばん盛り上がった質問だったように思います。
内容充実のセミナーでしたね。私も参加してよかったと思います。

長くブログをご覧いただきありがとうございます。
これからもがんばります。


>市場関係さん

出ましたね。
CMAM外国株式とそういう勝負になるのか、楽しみに見ていきたいと思います。


>洞爺湖さん

なんだかすごい投資法ですね。
率直に申しあげて、よくわかりません。
申し訳ありません。。。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)