バンガードから信託報酬0.06%の米国株ETF発売

水瀬ケンイチ

<お知らせ>
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ著)の書評を、takeumaさんかえるさんが書いてくださいました。ありがとうございました。
---

バンガードから信託報酬年率0.06%の米国株ETFが出るとのことです。

モーニングスター ファンドニュース
2010/12/14 バンガードが米上場のS&P500連動ETFを提供へ、運用コストの低さが特徴

商品概要は以下のとおり。

バンガード・S&P500ETF(ティッカー:VOO)
 S&P500インデックス連動・信託報酬0.06%

記事によると、近日中にSBI証券、楽天証券、マネックス証券などで購入可能になる予定とのこと。
VOOの信託報酬は年率0.06%で、同じS&P500連動の海外ETF、IVVの0.09%やSPYの0.09%を更に下回っています。
その驚異的な低コストさは、本ブログでも以前取り上げていました。
<関連記事>
2010/09/12 バンガードの新たなS&P500連動ETFがSPYに挑む(ETF Trends)

それが日本でも買えるようになるとは、グッドニュースです!



12月11日のセゾン投信・バンガード共催セミナーで、バンガード・インベストメンツ・ジャパンの加藤氏が、ETFについて「新しいもののプランはある。近々、発表があるかも」と仰っていたのが、これだと思われます。
本当に近々発表されましたね。

これで、リレー投資のリレー先米国株ETFを、VTI(MSCI USブロードマーケット・インデックス連動・信託報酬年率0.07%)にするか、VOO(S&P500インデックス連動・信託報酬年率0.06%)にするか悩みます。
カバレッジの広さを取るか、信託報酬の0.01%を取るかということになると思いますが、実に贅沢な悩みです。

とにもかくにも、バンガードさんグッジョブ!!(^^)b

<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ