どんでん返しで証券優遇税制は2年延長されそう

報道によると、証券優遇税制は2年延長されることが決まりそうです。

ブルームバーグ
2010/12/14 証券優遇税制は2年延長し13年末廃止で決着-税制改正

政府税調専門委、政府税調事前査定、1次査定では「認めない」という判断だった証券優遇税制延長ですが、2次査定で一転「主要事項」として協議することになっていました。
12月14日夕方、野田佳彦財務相と自見庄三郎金融・郵政担当相が会談、証券優遇税制を2年延長することで合意し、2011年度税制改正大綱に明記するそうです。

大どんでん返しですね。

いちインデックス投資家としては、普段頻繁に売買するわけではないし、資産を本格的に売却するのはまだまだ将来の話です。
でも、毎年の分配金再投資やリバランスの際、また海外ETFへのリレー投資の際の課税額に影響するので、証券優遇税制延長は素直に喜んでおきます。

一方、いつの間にか交換条件(?)のようになっていた、小口の個人投資家向けの少額株式投資の非課税制度(日本版ISA)については、2014年に税率を証券税制を本則(20%)に戻す際に導入するそうです。
別にそこまで待たなくてもいいんですけどね(^^;
関連記事


  





コメント

いまの情勢(財源等)からして延長はないと私も思っていました。
この2年間のうちに金融税制そのものを体系的に見直してほしい
ものですが、無理でしょうね^^;
非課税口座は?(3年300万円?)と思っていたら20%のときに
ですね。情報ありがとうございます。

ただ、私はそのときに株価が下がっていないなら購入もしない
でしょうから活用することもないかと思っています。
今は今まで購入したものを そのまま、まさに「ほったらかし」に
しています♪(一生の最後の最後まで売らないつもりくらいにして
います)
年金も年々減る中ですので配当金は非課税と長期保有(5年以上)
の売却は非課税にするような措置が年金減額とトレードでほしい
ところです。
「貯蓄から投資」という言葉が出たり消えたりしていますが、
本当に「投機ではなく」投資を促したいなら、口先ではなく長期保有
したくなるような制度を用意していく必要がありますからね。
日本という国は好きなので なんとか・・・期待しておきます^^

いがった、いがった。

割とマメにちぇっくしてたんですが、結論が出たのは知らなかったです。
基本、バイ&ホールド派ではないので、延長かどうかは大きな問題でした。
付け焼き刃の、つじつま合わせのビジョン無き改正だけは止めて欲しかったです。
あと、できれば恒久減税にして欲しかった。
日本版ISAも面白そうですが、税はシンプルが一番という立場なので、反対です。
さらに希望は資産一体課税ですかね。

踊らされた感じ

なんだか、色々と踊らされた感じですかね...
日本版ISAは、20%に戻る時に開始、とのことで税制改正大綱にあったので、交換条件なんだなぁ~と思ってました。
「日本版ISAは準備不足で追いつかない」という話がありましたが、
今回、一度話が盛り上がり、制度の認知はされたと思うので、準備に向けて本格的に動けば良いのかな~と思います。

あ、遅れましたが本の発売おめでとうございます!
発売日に本屋に言ったのですが、北海道だからか、2日遅れのようで...
今週末に本屋さんで買おうと思います!

日本版ISAの準備が間に合うはずがないので、交換条件のようになった時点で延期は確定的でしたね。
次に議論が活発になるころには自民中心の連立政権でしょうから、民主党よりはまともな議論ができるかな。

たまには良い事も

やってくれるようですね民主党。
法人税も5%減税の予定だし。
とりあえず、株価にはいい影響がありそうです。

>宮さん

大どんでん返しですよね。
この案件は当初からずっと追いかけていたので、僕もびっくりしました。

長期保有を促す税制には賛否両論あるようですが、既に採用している先進国もありますよね。
個人的には賛成です。


>ひでさん

売買が頻繁なかたには死活問題ですよね。
恒久化賛成です。


>PETさん

いろいろな人が踊らされていますよね。
日本版ISAについては、証券会社のシステム投資とかもう行なっちゃってるんじゃないかと思います。


>HTさん

本則に戻す際もマーケット状況に含みを持たせているようですので、2年後はどうなっていることやら。


>ぷれでたさん

短期的には株価にはプラスかもしれません。
今までどおりという話もありますが(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

証券優遇税制2年延長

2011年12月で打ち切り予定であった証券優遇税制が、 目出度く2年延長になりました。 この延長のおかげで

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)