「ほったらかし投資術」発売5日で増刷決定

本日、出版社の編集者から連絡があり、「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」の増刷が決定したそうです。

12月10日の発売日からまだ5日目なので、これは好調なのかもしれません。
お買い求めいただいた皆さま、ありがとうございます!
厚く御礼申しあげます。

発売後、あちこちの書店や売店で「たくさん売れてたよ」とか「ラスイチでした」というようなうれしい情報をツイッターなどにいただいたのですが、なかでも、書店員さんの渡邉大介さんからいただいたこの写真には感動しました。

http://plixi.com/p/62018414

「ほったらかし投資術」を良い場所にたくさん置いていただいただけでなく、インデックス投資の巨人バートン・マルキールとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則」と並べていただいたのには涙が出そうでした。
いちばん右端には、ひっそりと「ウォール街のランダム・ウォーカー」と「敗者のゲーム」が1冊ずつ置いてあるのにもこだわりを感じます。
ありがとうございます。
関連記事


  





コメント

おめでとうございます!

おぉー!素晴らしい!おめでとうございます!!!
自分も今日、買いました。
じっくり時間をかけて読みます。。。

今朝駅で買って、出張の電車の中で読み終わりました。さすが、充実の出来栄えですね。1点ご質問。商品ガイド編で、バンガードのETFのVTをリストに加えなかった理由をよろしければ教えてください。

早速の増刷おめでとうございます。
こちらも本を読ませていただいた感想をブログに書かせていただきました。

私個人としては、水瀬さんが山崎さんを自由にした感じが面白かったですね。

はじめまして。増刷おめでとうございます。
まだ予約して本屋に取りに行けていないのですが
週末にはゆっくり紅茶でも飲みながら読みたいと
思ってます。

おめでとうございます

増刷は凄いですね。
僕は葬儀の関係で遅くなりましたが昨日買いました。
やっと落ち着いて読めそうです。

増刷おめでとうございます!
1週間以内に決まりましたね♪

>JOKERさん

ありがとうございます。
山あり谷ありなので、どうぞゆっくりとお読みください。


>レバレッジ君さん

今回は最新のデータを使って効率的なアセットアロケーションを出してみようという話で始まっているのでアロケーションが固定されている商品は対象に入れませんでした。


>吊られた男さん

ありがとうございます。
役割と章を分担し、各自が思い切り自分のインデックス投資論を書く格好にしたらああなりました。

こちらも記事で紹介させていただきました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1597.html


>ぶりちゃさん

はじめまして。
紅茶を飲みながら資産運用の本を読むって優雅でいいですね。
どうぞゆっくりとお読みください。


>タカちゃんさん

大変なときでしょうから、ご無理なさらないでください。
まずはゆっくりと休んでください。
人生の大事に比べたら、資産運用の話など小さな話です。


>ybさん

ありがとうございます。
あまりに早く決まったのでびっくりです。
書評もありがとうございます。
こちらも記事で紹介させていただきました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1597.html

本日読破しました。

増刷おめでとうございます。私も昨日アマゾンから届き、本日読破しました。
さて、一点気になったのがインデックス投資の書籍紹介で橘玲氏の著作が無かったのは何故だろうということ。(この方の毒も癖になります)
2006年春発売された「臆病者のための株入門」はインデックス投資を主流に置いていたかと記憶していますが。。。
思えばこの辺からSPA!の株中毒特集でインデックス投資に注目が集まりだしたと記憶しています。
橘氏の2002年の著作「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」でもインデックス投資に触れられていましたが、どこでどうやったらいいのかさっぱり分からなかったという悲しい思い出も。
それを思うと毎月自動積立でインデックスファンドが買える昨今の掌を返した様な環境の充実振りは嬉しい限りですね。

最後にこちらのブログで凄いなと思うのは、ほぼ毎日更新されていること。
自分も別分野(金融・投資とは全然関係ない)でブログをやっていますが、仕事をおやりになりながらの毎日の更新は頭が下がります。
寒くなってきましたが、風邪等召されぬ様これからも頑張って下さい。

おめでとうございます。

はじめまして。

いつもブログ拝見しています。
いろいろな情報、ありがとうございます。

「老後資金を自分で何とかしなくては!」と思い、
山崎元さんをはじめ、いろいろな方の本を読んで勉強し、
「インデックス投資」を知りました。

その中で水瀬さんのブログを知り、
日ごろ読ませていただいています。
いちインデックス投資家、です。

ただいま「序章」を読んだところです。
「序章」を読んで、本に惹きこまれ、
そのことを伝えたいと思い、キーボードをたたいています。

すんなりと頭に入ってくる文章で、
時にクスッとしながら読みました。
この後の「理論編」「実践編」も楽しみです。

これからも水瀬さんのブログ、
参考に、そして楽しく読ませていただきます。

>ガジェゴさん

それを言い出したら、橘玲氏はもちろん、北村慶氏、朝倉智也氏、中桐啓貴氏、ジェレミー・シーゲル氏、ジョン・ボーグル氏など、紹介したい書籍はどんどん出てきます(^^)
今回は紙面の都合もあり、あのような形となりました。

現在のほぼ毎日ブログ更新はちょっとオーバーペースだと自分でも思います。
継続可能ペースに戻していきたいと思います。
お気遣いいただきありがとうございます。


>ぽんさん

ありがとうございます。
序章で「誰だコイツ?お前の投資遍歴なんて興味ないわ」と本を閉じられやしないかヒヤヒヤしながら書いたのでうれしいです。

本日読みきりました。
水瀬さんの実践と山崎さんの理論が融合して、
楽しく読ませていただきました。

自分は国内ETFや海外株式インデックスファンドはもってますが、
海外ETFをまだ実践してないので、とても参考になりました^^

著書「ほったらかし投資術」に関するご質問

はじめまして。
著書「ほったらかし投資術」を拝読させて頂きました。
毎月生命保険(学資保険)で積み立てている分を別の効果的な投資に振り替えられないかと常々思っていたところ、その答えをようやく見つけることができました。
水瀬さんの本との出会いに大変感謝しております。

突然の投稿で失礼かとは存じますが、本の内容について2点ほどご質問させて頂いてもよろしいでしょうか?

1.アセットアロケーションのうち、リスク資産に相対する「債権」の積み立てをしようとした場合、オススメのインデックスファンドはございますか?
STAMインデックスシリーズ、eMAXISシリーズ、CMAMインデックスファンドシリーズの内のどれか、と考えてもいいのでしょうか?

2.P.135で「ファンドを売りたくなったら、まず、その理由が合理的なものかどうかを考える」と主張されていました。
私自身は、先般のリーマンショックのような時は、毎月の積み立ては継続するとしても、既に積み立てた分については早めに損切りをして売却すべきではないかと考えております。
上記のような売却理由は、水瀬さんが主張されている「合理的な理由」と一致するものでしょうか?

不躾なご質問で誠に申し訳ございませんが、お時間のある時にでもご連絡頂けましたら大変助かります。

最近投資の勉強を始めたばかりですので、今後とも色々と教えて頂けると嬉しいです。

>すぎっちさん

ありがとうございます。
海外ETFまで行く人は少ないので、何かの参考になればうれしいです。


>岩尾 一豊さん

2つのご質問にお答えします。
1つめ。
はい。現在のところ、債券ファンドもSTAM・eMAXIS・CMAMのどれかを選べば大きな間違いはないと思います。
信託報酬をより重視するか、純資産額(途中償還されないこと)をより重視するかで選べばよいと思います。
2つめ。
仰る理由が合理的かどうかは人によると思います。
具体的には、投資タイミングがおおまかにでも分かるかどうかです。
分かる方は、暴落が始まったら早めに売却して、再度市場が上昇する前に再投資するのが合理的だと思います。
ただし、それは大変難しいことですよということだけは申しあげておきます。

一点、気になったところがあります。
152ページの4行目からの
「信託報酬は保有金額に応じて支払われるのでプレミアムがついたETFを保有すると損」というのは、間違いではないでしょうか。
ETF取引価格にプレミアムがついたからといって、信託報酬にプレミアムはつかないでしょう。ETFの中から参照する価格はNAVです。
ETF取引価格を参照するのはETFの外から価格を参照する必要があるときで、ETFを貸株したときの貸株料や、ラップ口座手数料を決めるような場合です。

ありがとうございました。

早速にご回答頂きまして誠にありがとうございました。

ご質問1つ目について。
早速債権ファンドについて調べてみたいと思います。やはり信託報酬を重視する方向で選んでいきたいと思っています。

ご質問2つ目について。
やはり投資タイミングを掴むのは難しいということですね。まだ投資は始めていないのですが、実際にポジションを取ることで更に投資タイミングの判断は難しくなるのだろうと推測しています。
自分なりに考えをまとめたいと思います。

投稿させて頂こうかどうか大変迷いましたが、ご本人に直接お伺いしてみて大変すっきりしました。
本当にありがとうございました。

私もインデックス運用を是非実践させて頂きたいと思っております。
今後も水瀬さんのブログで勉強させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

>miyakenさん

たしかに、信託報酬は正確には純資産額に対してかかるので仰るとおりです。
ご指摘ありがとうございます。


>岩尾 一豊さん

最終的な投資判断は自己責任です。
岩尾さんのようにご自分なりに考えて行動されることが大切だと思います。
岩尾さんの運用がうまくいかれるよう祈念しております。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

水瀬ケンイチ×山崎元『ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド』 感想

山崎元氏、水瀬ケンイチ氏共著である『ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド』を読みました。水瀬さん、本をいただきありがとうございます。 さて、読んでみての感 ...

[投資本]「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」

「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」という本を読みました。非常に興味深い本だったので、ご紹介します。 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書) 作者: 山崎元,水瀬ケンイチ 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2010/12/10 メディ

「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」を読みました

以前の記事「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」を予約 からしばらく経過しましたが先週末あたりで読み終えました 読み終えてしばらく経過していましたが改めて読み返してみるとつくづく良く...

インデックス投資家はまずこれを読め:『ほったらかし投資術』

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)山崎 元 水瀬ケンイチ 朝日新聞出版 2010-12-10売り上げランキング : 883Amazonで詳しく見る by G-Tools自分的満足度 ★★★★★ ...

「ほったらかし投資術」

個人のインデックス投資家で、ブログ(梅屋敷商店街のランダムウォーカー) が有名な水瀬ケンイチさんと、山崎元さんの共著「ほったらかし投資術」 を先日購入し、読んでみました。 うまくまとまっていて...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)