「ETF投資入門」(カン・チュンド著)は真面目なETF解説本

「ETF投資入門」(カン・チュンド著)を読みました。

ETF投資入門 (日経文庫)ETF投資入門 (日経文庫)
カン・チュンド

日本経済新聞出版社 2010-10-16
売り上げランキング : 3139

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


タイトルのとおり、ETFに特化した入門書です。
ETFの説明の中で、長期・分散・低コストなど投資の要諦をうまく織り交ぜてあります。
また、ETFのメリットだけでなくデメリットもきちんと明示してあり、その上でどのように資産運用に活用していけばよいか丁寧に解説してあります。
圧巻なのは18ものポートフォリオ事例。これだけあれば、組み入れ資産にこだわりのある方でも自分が気に入るポートフォリオに近いものが見つかるのではないでしょうか。

全体的に、いつものカン・チュンドさんの熱いトークや面白い例え話は少し抑え気味で、内容を体系的にしっかり伝える真面目なトーンになっています。
これは、本書が投資元本を500万円以上に設定しており、年齢層が高めの人たちをターゲットにしているからではないかと思われます。

欲を言えば、せっかくの18ものポートフォリオ事例について、それぞれの期待リターンとリスクのデータを明示してくれたら、読者がもっと選びやすかったように思います(おそらく比率を算出する過程で数字はあるはずです)。

とはいえ、カンさんの本はいつも気持ちを未来に向けさせてくれます。
投資に対して前向きになれる真面目な良書だと思います。
関連記事


  





コメント

ポートフォリオを組む=アタックチームを編成する?

18のポートフォリオって所が気になります。
自分でポートフォリオを組むと言うのはタクティクスオウガで言う所の「アタックチームを編成する」って事って言ったら???かな。
ポートフォリオを組む場合はリスクとリターンがどれぐらいなのかを考えるのですが、野球で言う所の”バントの名手”や”内野安打を大量に打てる”とか”投手はXXキラーを投入する”などのような感じです。
最近の場合ではVIX連動ETFも出てきているので、結構、投資のパイが大きくなってきており、ポートフォリオを組むのも投資の楽しみの1つと捉えています。

ポートフォリオは正解が1つでは無いから楽しいです

ポートフォリオの組み方は多種多彩ですよね。同じリスクリターンを
想定しても10名いれば10通りになるかもしれませんね^^;
私はアバウトな人間なので「リーマンショックの安値を基準に損失額」
を試算してそれを最大損失額として 取れる限りのリスクを取った
ポートフォリオを作っています。
そうするおかげで 今年の欧州ソブリンリスクで相場が不安定なとき
でも 案外余裕で 構えていることが出来ました。この先も相応に
平気かな?と思っています。
様々なポートフォリオを見るのも楽しいですが、自分の実体験に
勝るものはないと思います♪
水瀬さんとは投資スタンスは違いますが 私も気にせず楽しんで
ほったらかしに出来ているところは同じかな?と思っています。

>タカちゃんさん

すみません。そのゲーム(?)を知らんので何のこっちゃ分かりません(^^;
投資商品が充実してきたのはそのとおりだと思います。


>宮さん

仰るとおりだと思います。
ポートフォリオは目安になる基本形はあったとしても、実際に組み入れるアセットクラスや比率はいろいろあっていいはずです。
自分なりのポートフォリオを作ってください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)