本を執筆してみての感想

水瀬ケンイチ

<お知らせ>
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ著)の書評を、生命保険の罠さんS&S investmentsさんlibmaniaさんマレーシア移住計画さんdaradaratoushiさんが書いてくださいました。ありがとうございました。
---

本を執筆する機会に恵まれたので、書き終わって発売にこぎつけた今、振り返って感想を書き残しておきたいと思います。

(1)本の執筆はブログ記事を書くのとは違う

当初、本の執筆のお話を山崎元さんからいただいた時、「いざとなれば、過去書きためた1500本以上のブログ記事をつなぎ合わせれば何とかなるさ」と思っていました。
その甘い考えはすぐに打ち砕かれます。
ブログ記事は、その時々のニュースや出来事に対して、自分の意見を書いていくことが多く(それこそがWEB LOG=BLOGの普通の使い方ですが)、物事を体系立てて書いているわけではありません。
内容も時系列もバラバラのものは、つなぎ合わせてもやはりバラバラなのです。
結局、ブログ記事は一部参考にしたものの、本の原稿は一から書き起こすことになりました。
ブロガーのかたで本を書いてみたいと考えているかたは、あまりブログの過去記事をアテにしない方がいいかもしれません。


(2)執筆者といえど100%自分の思い通りにはならない

初めて本を執筆する新人なので、これは当たり前です。
かなり直しが入るだろうと予想し、予定よりも多めに原稿を書いて送りました。
案の定、内容も順序も編集者さんによって手を入れられ、最初自分が書いた原稿からはかなり違う形になりました。
最初、自分が苦労して書いた原稿をバッサリやられた時には、正直、反発心を抱いてしまいました。折衝もしました。
でも、編集者さんは数多くの本を手がけてきた編集のプロフェッショナルです。私には見えていない読者が見えているのでしょうし、かつ本の売れ行きに対して責任もあるのだと思います。
結局、読者にとって読みやすく分かりやすくするためだと自分に言い聞かせて、概ねそのとおりにしました。
今では編集者さんに感謝しております。




(3)途中まではWordファイルのやり取りでも最後はやっぱり紙なんだなぁ

最初の原稿からしばらくは、Wordで書いたファイルを修正履歴機能を使って編集者さんとやり取りをしました。
人によってはメモ帳でTEXTファイルだったりするようです。共著の山崎さんはiPad用の執筆専用アプリのようなもので書かれていました。
でも、校正が進んでいくにしたがって、だんだん紙に印刷されたものに赤ペンで修正をしていくという昔ながらのスタイルになっていきました。
非効率だなと思う反面、実際に紙に落としこんでみて初めて分かることも多かったです。
例えば、Wordは普通横書きですが、縦書きになるとまるで印象が変わります。英語表記など縦書きにすると読むに耐えないものが多い(多くをカタカナに直しました)。
また、原稿がページのどの辺にはまっているのか、ページの真ん中あたりに書いてあるのと、めくって次のページにまたがっているのとでは、分かりやすさがずいぶん違います。
さらに、面白いことに、ファイルでは気づかなかった間違いを、紙で見ると多く発見できました。不思議です。


(4)出来上がった時の感動はなんともいえない

見本が届いて、実際に手に取ってみた時の感動はなんともいえないものがありました。
モノを作り出した喜びと言うのでしょうか。これは、ブログ執筆では味わえないし、自分の場合、仕事でもなかなか味わえるものではありません。
発売された時には、自分の子を世に送り出す親のような気持ちになりました。


主な感想は上記4つです。
他にも、仲間の協力のありがたさとか共著の良さと難しさとか、いくらでも出てくるのですが、キリがないのでこの辺にしておきます。
こんなグダグダな感想にお付き合いいただきありがとうございました。
我が子↓をよろしくお願いします。

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
山崎 元 水瀬ケンイチ

朝日新聞出版 2010-12-10
売り上げランキング : 81

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ