個人向け国債の商品性見直しは財務省の巧みな戦略

財務省は個人向け国債の商品性を見直すと決めたそうです。

【日経新聞2010年12月23日朝刊1面より引用】
個人向け国債金利高めに 10年物 金融機関依存薄める
財務省は22日、個人向け国債の商品性を見直す方針を決めた。10年物(変動金利型)の金利について、現在の「基準金利マイナス0.8%」から「基準金利×0.66%」に変更。低金利下で民間の預金などより高めの金利が付くようにする。5年物(固定金利型)は発行から2年間は中途換金できないルールを改めて、1年後から換金できるようにする。低迷する個人向けをテコ入れし、金融機関などに偏った保有構造を改める狙いだ。
【引用おわり】

個人向け国債変動10の商品性が、

現方式 基準金利-0.8%
新方式 基準金利×0.66

のように変わるようです。
これにより、基準金利が2.35%までであれば、現方式よりも新方式の方が金利が高くなります。
記事では、「低迷する個人向けをテコ入れし、金融機関などに偏った保有構造を改める狙い」と書かれていますが、個人的には、「将来の金利急上昇時の国のダメージ軽減」が狙いのような気がします。

確かに、現在の低金利状態にあって、個人向け国債の目先の金利が高くなるのは個人投資家にとって魅力的でしょう。
基準金利が1.2%だと仮定すると、商品性変更により0.4%だった金利が0.79%になり、約2倍です。
しかし、しょせんは0コンマ○%の違いでしかありません。

基準金利が2.35%を超えると新方式は現方式よりも金利が低くなり始めます。
そして、基準金利が3%、5%、10%と大きく上がった場合を考えると、新方式の不利さがどんどん大きくなっていくのがわかります。

基準金利3%の場合 現方式2.20% 新方式1.98% その差0.22%
基準金利5%の場合 現方式4.20% 新方式3.30% その差0.90%
基準金利10%の場合 現方式9.20% 新方式6.60% その差2.60%

個人的には、せっかくの変動金利債の良さが減ってしまったように感じます。
日本国債が暴落し金利が急上昇する可能性がどの程度あるかはいろいろ言われていますが、万が一そうなった場合、国は金利負担のダメージを大きく軽減できるようになります。
財務省は、目先の小さな金利上昇をエサに個人向け国債をたくさん売り、かつ、将来の大きな金利上昇リスクも軽減するという巧みな戦略を採ったと言えると思います。

関連記事


  





コメント

納税者の立場からみると、いいことなんじゃないですかね。

ただし、10年物は中途解約がしやすいと感じているので、
金利が上昇した場合に、解約されてしまうんじゃないの?
それでいいの?って思っちゃいますけどね。

その時は、またルール戻すんでしょうか^^;

ゼロ二つ足りない

おひさしぶりです

金利の計算式は「基準金利×66%」か「基準金利×0.66」じゃないでしょうか。
0.66%をかけたら金利が100分の1以下になってしまいます…

国が金利上昇に対してリスクヘッジ

私としてもうまく金利上昇をヘッジしたなと言う印象です。
ここ10年の金利水準を見ても、2.35%はほぼ高値の水準ですし、
水準としても考えられた数字という感じです。

都市銀行の10年定期に預け入れているような資金分散が必要な
富裕層は乗り換えてくる可能性も予想されます。
ただ、銀行側は資金流出につながるので必死に食い止めてくるかもしれませんが。

ピンハネ幅の縮小を財務省へ

基準金利10%の場合 現方式9.92% 新方式6.60% その差3.32%

基準金利10%の場合 現方式9.20% 新方式6.60% その差2.60%
ではないでしょうか?

それから、財務省のアンケートにも書きましたが、ピンハネ幅の縮小について(例の-0.8%の件)意見も出しています。
本命は物価連動国債を個人でも買えるようにして欲しい事もアンケートに書きました。

>yyy1980さん

そういう考え方もありますね。
もっと言ったら、国債を発行しないことが納税者にとってはいちばんいいのかもしれません。


>アルビレオ師匠

本当だ~!
これは日経新聞が間違っていますね。
引用記事は直せないのでそのままにして、ブログ記事部分を修正しました。
ご指摘ありがとうございます。


>楽天家業さん

うまくリスク軽減してますよね。
数字もいいところを突いていると思います。


>タカちゃんさん

おっ、これは私の計算ミスですね。
記事を修正しました。
ご指摘ありがとうございます。

あなたが欲しい国債

財務省のHPで変なアンケートをやってるのでリンクを貼っておきます。
買い手から言わせてもらえば欲しい国債は儲かる奴としか答えようが無いですが(笑)

https://www2.mof.go.jp/enquete/kojin_opinion.php

Twitterでも先にコメントしましたが、国が長期金利上昇に対するヘッジをかけてくるということは、将来の金利上昇を予測している面があるわけで要注意と思います。
ただ金利上昇により個人向け10年物を保有したくなくなったら解約できるわけで固定金利5年ものよりは使い勝手が良さそうです。

>ぷれでたさん

僕も改善要望出しておきました。


>kenzさん

新方式の個人向け国債変動10を解約しても、代替策がないのが悩ましいところ。

国債を買ったことが無かったのですが、、。
ネット証券で解約するときに、、クリックとパスワード
入力位で解約できるのかしら?
実は未経験なのでよく分かっていません。。

>矢向さん

私も個人向け国債を買ったことがないのでよくわかりません。
相方が保有していますが、途中売却したことがないので、やはりよくわかりません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)