インデックスファンドの魅力を解説した動画

<お知らせ>
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ著)の書評を、カゼヒコさんぷれでたさんマス・オーヤマさんカン・チュンドさんが書いてくださいました。ありがとうございました。
---

モーニングスターにインデックスファンドの魅力について解説した良いプレゼン動画がありましたのでご紹介します。

モーニングスター
プロが語る!インデックスファンドの使い方
第1部 基調講演「インデックスファンドの魅力と活用術」

モーニングスター朝倉代表取締役COOが、「インデックスファンドの魅力と活用術」と題して、インデックスファンドについて講演しています。
アクティブファンドと比較して、運用コスト、販売コスト、資金流入状況などの観点からインデックスファンドの魅力が語られています。
インデックスファンドを知る人にとってはお馴染みの説明かもしれませんが、具体的なデータをふんだんに使っており、スライドに説得力があります。
運用コストについても、信託報酬だけでなく、いわゆる「隠れコスト」も含んだ実質コストで説明されており、さすがはモーニングスターのデータだなという感じがします。
ちなみにスライド資料はダウンロードもできます。太っ腹!

アクティブファンドにもいいものはあるが情報開示が進んでいないのが問題として、米国のアクティブファンドの情報開示例を説明。それによると、米国ではファンドマネージャーの過去の運用経歴や自己資金の投資額が開示されているようです。これは知りませんでした。
なお、サマリーはこちら

第2部では、カン・チュンド氏と竹川美奈子氏と朝倉氏による、パネルディスカッションが行なわれています。

プロが語る!インデックスファンドの使い方
第2部 パネルディスカッション「インデックスファンドで分散投資」

こちらも、具体的なポートフォリオ事例がでてきたり、参加者の鋭い質問に答えたり(ふたりで答えが違っていたり…)していて、見応えがあります。
時間があればぜひ見てみてください。
なお、サマリーはこちら

第1部・第2部両方合わせると2時間弱ある動画ですが、一気に見てしまいました。
これは会場に見に行ってもよかったなと思える内容でした。

関連記事


  





コメント

新興国債券って、そんなに悪い?

新興国債券ファンドの人気ないですね。
私は、せっせと毎月購入してます。
新興国の株式に投資する以上、リスク分散のためにも新興国の債券購入は欠かせないと判断しているのですが、ちょっと心配になってしまします。
確かに、新興国の株式が暴落した場合に海外投資資金は、リスク回避するために新興国債券でなく、自国に戻ってしまうのかもしれません。
でも、高金利の魅力は捨てがたいものがあります。

この様な、素晴らしい講演会をフリーで見られて感激です。安全資産の重要性が再認識された。今までリスク資産のリバランスばかりに、注目しすぎていた。安全資産の増減によるリスクコントロールは、今後運用に活かして行きたい。ぐっすり寝て人生楽しみながらの、コツコツ積立投資は、最高の手法と思う。

日本株の組み入れ比率

第二部チャプター3の冒頭で日本株の組み入れ比率について質問があり、カンさん、竹川さん共にとても為になる回答でした。
水瀬さんは今現在どのようにお考えですか?

>蓄財王さん

自分は新興国債券どころか先進国債券もいらないのではないかという意見に傾きつつあります。
アセットアロケーションの正解は分かりませんので、自分で納得できる考え方で進んでいくしかないと思います。


>としちゃんさん

イベント参加も無料、アーカイブ動画も無料、資料のダウンロードも無料、で太っ腹ですよね。
インデックスファンドの事例がすべてeMAXISなところくらいはご愛嬌(^^)


>しゅんすけさん

個人的には、カンさんと竹川さんの中間くらいですね。

カンさんと竹川さんの相違点は(大きくは)
①日本株のウェイトに対する考え方
②より低信託報酬のファンドが出たら乗り換えるべきか?
でしたね。
この2点に関しては 竹川さんの方が納得し易かったです。

①に関しては カンさんの更なる反論も聞いてみたかったです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)