量的緩和解除

水瀬ケンイチ

今日のニュースはずっとこれですね。
僕の個人的な意見とお断りさせていただいた上で、思ったことを書きます。

この量的緩和政策は、結局、始まってから終わるまで、効果があるのかないのか分からなかったなぁと思いました。
日銀が、超不景気なのに金利をこれ以上下げられない絶体絶命の状況で、本当は効果がない(もしくは著しく低い)のに、「効果がある」と周りに思い込ませ続けてきた「祭り上げ施策」だったのではないか。

なにしろ世界でも前例がないので、自信を持って効果がないと断言しずらい。効果がないと告発しても誰も得しない。そんな状況の中、政府・日銀・マスコミも巻き込んだ、国を挙げての一大演技だったような気がしてなりません。

ずっともやもやしてましたが、今日からは、晴れて普通のゼロ金利(?)に戻ります。
今日の日経平均の上昇(+409.42円)は、「たった一人でワケわかんねーことやってた奴がやっとまともに戻った」と世界中が一斉にスッキリした勢いだったのかもしれません。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ