東証がETFの純資産額をリアルタイムで把握できるように

東証が、ETFの推定純資産額(インディカティブNAV)の算出・配信を2011年3月を目途に開始すると発表しました。

東京証券取引所 東証からのニュース
2010/12/29 上場投資信託(ETF)の推定純資産額(インディカティブNAV)の算出・配信について

推定純資産額もインディカティブNAVも舌をかみそうなので、以下「iNAV」と省略させていただきます。
iNAVとは、ETFの保有資産を時価評価した指標です。
ポイントは、
・ETF一口あたりの推定純資産額をリアルタイム(15秒ごと)で算出・配信
・立会時間中に、ETFの市場価格と一口あたりの推定純資産額を比較することが可能
です。

今までは、ETFの純資産額は「基準価額」として1日1回だけ運用会社から発表されていました。
これをリアルタイムで把握できるようになるということです。
海外ETFでは既に導入されていて、Yahoo!Finance(英語版)で、ティッカーに続けて、「.iv」を付けて検索すると理論価値が表示されるのですが、アレのことだと思います。

これで、日本でも、投資家が買おうとしているETFが適正価格なのか、プレミアム状態なのか、ディスカウント状態なのかがすぐに分かるようになり、損な価格で売買することを避けられるようになると思われます。

ただ、国内資産に投資するETFはいいのですが、1680や1681など海外資産に投資するETFでは注意が必要そうです。

日興アセットマネジメントのサイトによると、海外資産に投資するETFのiNAVについて、

『ETFとそのETFが対象とする資産が同じ時間帯の市場で取引されていない(海外資産を対象とする)環境では、推定一口当たり純資産価格(インディカティブNAV)も比較が難しそうです。なぜなら、ETFが対象とする資産の取引所はクローズしていて値段が動かなくなっていますが、為替は動いているので為替の値動きだけ洗い替えた推定一口当たり純資産価格(インディカティブNAV)となっているからです』

とのこと。
投資対象の資産価格は前日終値で固定されていて、為替の動きだけが反映されているiNAVになるそうです。
ちょっと中途半端な数字になってしまうのですね。
<関連記事>
2010/05/15 ETF売買の新たな目安の導入が検討中

とはいえ、東証のiNAVの配信開始は、投資家の利便性向上に大きく貢献するものだと思います。
東証さん、グッジョブ!(^^)b
ぜひ大証さんも続いてください。

関連記事


  





コメント

今回の発表をとても好感しています

海外資産に投資するETFに関する情報は確かに中途半端ですが、
それでも大変参考になる情報だと思っています

ETFの売買高増、および乖離低下を切に願っております

>yyy1980さん

明らかに前進していると思います。
iNAVは東証ETFだけですが、やっと海外に追いつきます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)