2011年の投資戦略、若干の修正

2011年の投資戦略といっても、低コストなインデックスファンド・ETFをバイ&ホールドという基本方針は変わりません。

ただ、アセットアロケーションについて若干の修正を考えています。
共著だからといって「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」で山崎元氏が推奨しているアセットアロケーションとまったく同じにしなければいけないとは思っていませんが、その一部を採用しようと考えています。
具体的には、外国債券クラスの縮小(もしかしたら撤退)および日本債券クラスの拡大です。

理由としては……
・「外国債券クラスの期待リターンは日本債券クラスとほぼ同じである」という考え方に傾きつつある
・運用する中で、為替リスクを含む外国債券クラスのリスク(ボラティリティ)が期待リターンに見合わないのではないかと実感している

からです。

既に、2009年から新規積み立て投資分については外国債券クラスの積み立てをやめています。
それに加えて、今年はどこかで機を見て、投資済みの外国債券クラスも売却し、その分日本債券クラスを購入しようというものです。
この考え方には以前から当ブログでも賛否両論あり、活発に議論されてきましたが、自己責任のもと、自分の信じる道を行きたいと思います。

それ以外は、特に変更はありません。
毎月、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」でインデックスファンドを積み立て投資します。
インデックスファンドが一定額に達したところで、適宜海外ETFに乗り換える「リレー投資」を行なう予定です(目安は海外ETF1銘柄あたり100万円以上)。
そして、年1回リバランスを行ないます。

今年もこの愚直な投資法で、投資を継続したいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事


  





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

外国株式もそうかも

外国債券が結局国内債券と期待リターンが変わらないという件と同様に、
外国株式についても為替ヘッジしたら国内株式と期待リターンが変わらないと思っています。
海外指数に比べて、日経平均などがリーマンショック後低迷しているとよくいわれましたが、ドル建て日経平均では米国の指数と同様に動いています。

インデックス投資とはいえ、その配分をあれこれ考えると、アクティブ分散投資のように個人差がでてきますね。

外国株式の場合は事情が違う

国内債券と外国債券の期待リターンはマーケットが効率的である限り、円金利と等しくなる事はプロの間では誰でも知っています。

しかし、外国株式と日本株式では事情が違います。
昔は、米国株式よりも日本株式(配当無しのダウと配当無しの日経平均で見れば)の方がパフォーマンスが良かったのです(1990年ぐらいまで)。
これは米国に比べて日本の方が経済成長率が高い状態が長く続いた為です。
しかも、為替レートは円高傾向ですから、米ドル建ての株式リターンに比べて円換算のリターンの方が米国株式よりも日本株式の方が高かった訳です。
1990年以降は日本の経済成長率が急激に落ちた事が日本の株価の長期低迷の1つとなっていますが、この時期は米国株式の方がパフォーマンスが高くなっています。

株式の場合は20年と言う比較的長期では、はっきりとリターンが異なってきます。
なお、経済成長率が高くても成長期待が大きいと株価が割高になるケースもあり、パフォーマンスが経済成長率だけで決まる訳ではありませんが、経済成長が止まってしまうと株価が上がりにくくなるのは今の日本株式の抱える問題点だと考えています。
日本株式が本当に少子高齢化が国内産業に悪い影響を与えるのならば、日本企業であってもグローバル展開している企業のインデックスに投資するのも一策なのかも知れません。
更に、この少子高齢化が国内需要を低迷させてデフレの原因の1つにもなっていると指摘する学者もいます。

アセットアロケーションについての素朴な疑問

それはそうと、『ほったらかし投資術』では山崎さんが「インデックスファンドのアセットアロケーションについて」とのコラムで、
【配分A】国内株60%+先進国株30%+新興国株10%
【配分B】国内株50%+先進国株40%+新興国株10%
【配分C】国内株50%+先進国株50%
の3パターンについて、一定の仮定に基づいて期待リターンとリスクを算出されていますが、私は非常に素朴な疑問を抱いています。
と言うのは、国内株と先進国株と新興国株の配分割合を考えること自体、アクティブな発想であって、インデックス投資の本来の考え方からすれば、世界の株式市場のインデックスにすべきではないかと思われるからです。
ACWIがそれに応えうるかは議論があるところでしょうが、いくつかの地域別ETFを組み合わせるにしても、国内株の時価総額が世界の株式市場の時価総額に占める割合が50%とか60%とかいうのはあり得ない話ですし、将来の成長性が日本は他地域に比べて極めて高いというのもちょっと考えられません。
「世界株式市場インデックス」の考え方からすれば、国内株の割合は10%程度でいいはずですが、なぜ50%とか60%とかいう数字になるんでしょうか。「計算の結果、そうなる」と言われれば、自分で計算できない私は信用するしかないのですが、何か腑に落ちません。

質問です。

はじめてコメントさせて頂きます。
最近、「ほったらかし投資術」を読ませて
頂き、さっそく今月よりインデックス積立投資を
始めた29歳会社員です。
月8万円ほどの投資で始めました。
全てeMAXISシリーズで積立を始めたのですが、
国内債権クラスの積立は、eMAXISなどの国内債権クラス
を積立てればよいのでしょうか?
過去のチャートを見ると、国内債権に積立しても
若干のマイナスになったりしているみたいなのですが、
よくわかりません。
もしくはMHAMのMMFなどに積立したほうがいいのでしょうか?

カントリーリスク

明けまして、おめでとうございます。
竹中平蔵さんがtwitterで「2011年は、これまでの様々な「流れ」が一気に加速する一年になるだろう。企業の海外移転の流れ、政治の新しい組み合わせの流れ・・。国債市場不安定化という悪い流れも起こりうる。じっとしていてはダメだ。自らが行動を起こして、変化に対応するしかない。」と呟やいておりますが、水瀬様は、日本のカントリーリスクについては、どのようにお考えでしょうか?
私の場合は、ブラックスワンと言う言葉もありますし、分からないから分散しておきたいと考えております。もちろん、投資のスタイルは人それぞれと重々承知しています。

同感です

レイさんと同感です。
「日本株は無くても良い」というカンさんも極端だとは思いますが
山崎さん主張の「日本株オーバーウェイト」も なかなか納得できません。
本当に「日本株には為替リスクが無い」のでしょうか?
よく「円高を嫌気して値を下げた」りしてますよね。

VTみたいなインデックスファンドが(円建てで特定口座)出れば
それ1本にするかもしれません。
・・・ただし 今にも増して『退屈』になってしまうのが難点ですが・・・ 

最初から

もし0からアセットアロケーションを組むとしたら
各クラスはどのような配分にするとお考えでしょうか。
教えていただきたいです。

外国債券ファンド

2010年は先進国債券ファンドにとっては 厳しい年でしたね。
山崎さんのおかげで 外国債券離れが進んでいるんでしょうか?
・・・そこまでの影響力は無いか???・・・

eMAXIS先進国債券の純資産がピークをうって減少に転じているかの
ようにも見えます。
一時的なものなのか はたまた グロソブのようになるのか・・・

新年ご挨拶ありがとうございました!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
年始外出ごとが多かったのでブログを見ておりませんでしたので、ご挨拶遅れてすみませんでした。
まさか、水瀬さんからご挨拶いただくとは夢にも思いませんでした。
ありがとうございます。
人のつながりを本当に大事にされるか方だと改めて確信いたしました。お若いのにすばらしいですね。
うちの息子も水瀬さんのようになってほしいな・・・。

さて、大それた目標を公開していますが、ただ自分の備忘記録としてアップしただけです。実現の困難なことも多いですが、志としていつも意識して生きていきたいと思っています。
水瀬さんはお若いですが、私の方はもう少しで天命を知らなければならない年齢になります。
この世に存在できる時間が日々少なくなっていることを強く感じるようになってきました。
体力的にも60歳までが何でもできる年齢だと思いますので、悔いのないように、今年も1日を大事にして生きていくようにしたいです。

インデックス投資は私のような人間に最適の投資法だと最近特に思います。
日本株もこの方法が正しかったと皆が思える日が、近未来に到来するとうれしいですね。
まだまだ、水瀬さんとはお話したいことが、たくさんあるのですがこの辺にしておきます。

お互い健康には気をつけて過ごしましょうね。健康投資はどの投資よりも大切です。

外国債券クラスを組み入れする・しないおよびその割合や日本債券クラスとの比率は皆さん悩まれるところだと思います。
私はどのクラスが上昇するかわからないから分散&皆が手放し始めた資産クラスをむしろ買い増ししたいというへそ曲がりな考えで外国債券クラスも積み立てるつもりです。
どうなるかはもちろんわかりませんので個人が長期運用が継続できる範囲で調整するしかなさそうです。

>外国人さん

面白い考え方ですね。
それだと日本株・日本債券にだけ投資しておけばいいということになりますが、同様のことが米国でも主張されているのを見たことがあります。


>タカちゃんさん

債券と株式では事情が違うとのご意見、なるほどなと思います。
年金の世界では、グローバル・マンデート(国際分散を徹底するより高次な視点から国内株式と外国株式の区別自体を廃し「グローバル株式」という単一のアセットクラスとして運用するという考え方)が台頭してきているようです。
興味深いですね。


>レイさん

同じようなご質問を山崎さんがツイッターで受け答えしているのを見たことがありますが、又聞きで私が答えるよりも、山崎さんに直接ご質問された方がよいと思われます(^^;


>あるさん

債券にある程度相場観をお持ちなら、MMFのようにデュレーションが短い商品と長期国債のようにデュレーションが長い商品を使い分けるのがよいのでしょうが、相場観をお持ちでないなら日本債券インデックスファンドに投資するのも悪くない手だと思います。
投資判断は自己責任でお願いいたします。


>洞爺湖さん

日本のカントリーリスクについてですが、相当意識しております。
将来のことは分かりませんが、国際分散投資していることと、日本債券クラスの商品をMHAMのMMFにしていることからある程度汲んでいただけると助かります。


>トラとタビさん

「アセットアロケーションに正解はない」とよく言われております。
いろいろな意見を聞きつつ、ご自身の納得できるアロケーションで運用されるのがよいと思います。

ご参考までに、ホームカントリーバイアスに関する当ブログの記事をご紹介します。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1412.html


>しゅんすけさん

理屈の上では、アセットアロケーションの変更はいつでもできますので、0からやっても過去からの継続でも、考え方は同じになると思います。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1614.html
ご参考まで。


>チビさん

たしかに、昨年は世界的な金利上昇で外国債券クラスにとって厳しい年でした。
それが今年も続くのか反転するのかは分かりません。。。


>atok440さん

過分なお言葉に恐縮です。
常々、リスク許容度に応じた投資を心がけたいと思っております。
釈迦に説法かもしれませんが、atok440さんもリスクの取りすぎにはお気をつけくださいませ。


>kenzさん

そうですね。
私もインデックス投資を始めた頃に国内外株式クラスがグダグダのところ外国債券クラスに大いに助けられた経験があるので、今回の意思決定は悩みに悩みました。
何かを変えるリスク、変えないリスク、両方ありますので、最終的には、自分の信じる道を行くしかないですね。

仕込み時

私は「ドル・コスト平均法」はリーマン・ショック以降機能しなくなったと考えているので、今後5年以内に来るだろうと予想されるすべてのアッセト・クラスでの金融商品暴落時にインデックスファンドを仕込むつもりです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

インデックス投資の指南書:『ウォール街のランダム・ウォーカー』

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理バートン マルキール 井手 正介 日本経済新聞出版社 2007-05-25売り上げランキング : 12684Amazonで詳しく見る by G-Tools自分的満足度 ...

7月末のポートフォリオ

こんばんは。しばらくぶりに資産運用の報告をします。 前回以降もコツコツと積立運用を継続してきました。 現在のポートフォリオです。 by 投資信託のガイド:ポートフォリオグ ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)