2011年1月現在のアセットアロケーションと主な構成商品

毎年、正月にアセットアロケーションの把握をしています。
今年も計算してみました。
なお、「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」で理論編を担当した共著の山崎元氏が推奨アセットアロケーションを提示していますが、水瀬のアセットアロケーションは山崎氏の推奨とは異なることをあらかじめご了承ください。

2011年1月現在のアセットアロケーション
日本株式 13.9%
先進国株式 42.4%
新興国株式 17.1%
日本債券 10.1%
外国債券 12.3%
その他 4.2%

主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったりなかったりしますが)

■日本株式
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
・インデックスファンドTSP
・eMAXIS TOPIXインデックス
・MHAM株式オープン

■先進国株式
・iShares S&P500 Index Fund (IVV)
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の外国株式部分
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・eMAXIS 先進国株式インデックス

■新興国株式
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・DIAM中国関連株オープン
・アムンディ・ロシア東欧株ファンド(旧SGロシア東欧株ファンド)

■日本債券
・MHAMのMMF

■外国債券
・STAMグローバル債券インデックス・オープン

※これらリスク性資産のほかに、生活防衛資金として生活費の2年分以上を銀行預金で確保しています。←超重要!


アセットアロケーションは、前回(半年前)と比較して、あまり変わっていません。
しいて言えば、外国債券クラスが2%程度小さくなり、その分先進国株式クラスが2%程度大きくなった感じです。
今後は、山崎氏の考え方を一部採用し、外国債券クラスを縮小(もしくは撤退)して、その分日本債券クラスに割り振る予定です。
<関連記事>
2011/01/02 2011年の投資戦略、若干の修正

リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。
たいしたアセットアロケーションではありませんので、真似しない方がいいと思います。

構成商品もあまり変わっていません。
メインは海外ETFで、各種インデックスファンドを毎月積み立てています。
時機を見て、ご無沙汰になっているリレー投資をしたいです。
積み上がってきたインデックスファンドの「STAMグローバル株式インデックス・オープン」「eMAXIS先進国株式インデックス」「インデックスファンドTSP」「eMAXIS TOPIXインデックス」を、海外ETFの「VTI」「EFA」にリレーしようと思っています。

また、コア&サテライト戦略のサテライト部分が少なく面白味がないので、なにか良いものがないか引き続き探したいと思っています。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。会社名をクリックすると資料請求(無料)できます。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
関連記事


  





コメント

私も先進国株式,新興国株式のインデックスファンド残高がまとまった額になってきたので海外ETFへのリレー投資も検討していますが、インデックスファンドのコストも下がってきているためリレー投資するかどうか迷っています。それほど面倒でなければやってみたいのですが。。

水瀬さんのアセットアロケーションでは海外資産クラスや株式比率も高いので、ご検討されているように外国債券比率を縮小して日本債券比率を増加させた方が直感的にはバランスはたしかに良さそうですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして。

先進国株式クラスにおいてCMAMを選択していない理由はなにかあるのでしょうか? 
著書でもCMAM外国株式インデックスeの純資産総額の低さを指摘されておりましたが、ファミリーファンド方式なので特に気にする必要はないと思うのですが・・・。

インデックス投資家を代表する水瀬さんが(ETFを除けば)最低コストのファンドを選択しない理由をお聞きしたいと思いました。

外債撤退の方向との事で、残念ながらまだ御著書を購入できていないものですから、既に解決済みな話なのかもしれませんが・・・
債券が内外の金利差があるにしろ長期では同様の結果になるよう動くという
山崎さんの理論はなるほどと思うのですが、
リバランスを一切しないでという前提がつくのでは?と思うのですが
どうなんでしょう

>kenzさん

海外ETFへのリレーおよび運用は、ハッキリ言って面倒です。
海外ETF投資実践者のブログを見るなどして、その手間とコスト差を秤にかけてご判断ください(^^;


>soutaさん

CMAMでもよいと思っています。
まぁ1回くらい決算を見てみたいなと思っているだけですね。


>ノアさん

申し訳ありませんが質問の趣旨がよくわかっておりません。
外国債券クラスの期待リターンが日本債券クラスと同じという理屈と、ポートフォリオのリバランスとは関係ないのではないかと。

勉強不足で申し訳ありません、
質問の意図としては、仮に外債が年利5パー 国内債券が年利1パーであったとしても、長期においては同じ程度のリターンになるという話かと思っております。その場合においては期待リターンは変わらないかと思うのですが、
チャート的には異なる動きではあるので、一定の期間ごとに
リバランスにより高いタイミングで一部を売り安いタイミングで買うという
行為を繰り返した場合、リターンに変化があるのではないか?と思ったわけです。
ポートフォリオに外債が入っていようが居なかろうがリターンは変わらない
という検討が行われているのでしょうか?

>ノアさん

どうも「期待リターン」と「実際のリターン」を混同されておられるのではないかと思います。
まずは「期待リターン」の厳密な意味を再確認してください。
(ご参考)
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/investment/inv118.html

期待リターンは、来年一番起こりやすそうなリターンの予測値であり、実際のリターンそのものではないと思います。
上記リンク先の解説にもあるように「一般に期待リターンとその発生確率は、概ね釣鐘型の左右対称の分布図(正規分布)として表される」ので、実際のリターンは期待リターンからずれて当然(もっと言ったら、半分の確率で期待リターン以下)です。
その「期待リターン」という期待値が外債と国内債は同じであるという考え方を支持しているだけであって、外債だろうが国内債だろうが「実際のリターン」が変わらないと言っているわけではありません。

また、「債券の期待リターン=金利」ではないので、金利5%の外債が長い時間をかけてだんだん減価して国内債の金利1%と同等になるという時間軸があるわけではないと思います。

なお、繰り返し的になりますが、各アセットクラスの「期待リターン」の算出に、リバランスやドルコスト平均法といった「商品の買い方」は関係ないと思われます。

ご紹介ありがとうございます。
あと、期待リターンにリバランスが関係ないと言うことは、リバランスを実施する場合、チャートが異なる変動をする外国債券に意味があるのかな?と
思っているわけですが、
いやあ難しい^^;
自分のような凡人は知識がとてもついていきません、とりあえず
御著書を買って勉強しますね。

自分の場合、株式債券比率のほかに通貨分散を考えると外債は外せません。退職金、年金を円でもらうことを考えると、日本のカントリーリスクをヘッジしておく必要を覚えます。また、外債もファンドではなく生外債で持つと、その効果が実感できます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)