利回りの比較?

今朝の日経新聞1面に、「個人マネー利回り重視」という記事が出ていました。

【日経新聞2011年1月14日朝刊1面より引用】
個人の資産運用で、利回りを重視する傾向が強まっている。投資信託では昨年、公募投信の買越額が6兆円程度となり、前年の約2倍に膨らんだ。特に分配金を毎月受け取れる投信の人気が高い。安定した金利収入が見込める社債の販売も好調なほか、株式にも資金が戻りつつある。長引く低金利を背景に、多少のリスクを取りながら元手を増やしたいという投資姿勢を反映している。
【引用終わり】

個人の資産運用が利回りを重視する傾向が強まっているという内容でしたが、そこに出ていた比較表に違和感を感じています。

photo_20110114.jpg

投信、社債、株、国債、定期預金を「利回り」という言葉で括り比較しています。
それぞれの商品の「利回り」は、投信は公募投信の平均分配金利回り、社債は明記されてませんがおそらく昨年発行の利率、株は東証1部平均の配当利回り、国債は昨年10月発行の3年債と10年債の利率、定期預金はメガバンク1年物の利率です。

元本が変動する商品と変動しない商品を比較できるのか、債券の利率を利回りと同一視していいのか、そもそも投信の分配金利回りは他の商品と比較できるような数字なのか等々、もやもやします。
皆さんはどう思われますか?
関連記事


  





コメント

>皆さんはどう思われますか?

ダメダメだと思います。
取り崩した分だけ投資元本が減るもの(投信の分配金)と元本固定の預金などを比べるのは無意味かと・・・
なんて言っても無駄なんでしょうね。

水瀬さんの言うとおり、投信や債権などは一概に比較することは出来ないと思います。
しかし、あまり投資に関する意識が高くない個人の方はその仮の利回り上の数字だけで判断しているため記事のような状況になっているのではないでしょうか?

そのあたりのことは記事の最後の方にチラッと書いてありましたね。

これは有害な記事ですね。笑
記者なんだからもう少し勉強して欲しい。

投信の「分配金利回り」とか書いてある時点でかなりダメダメです。
日経もチェックの時点誰かが突っ込みそうですがスルーで記事になってしまったようですね。。

投信を販売する側からしたら、とてもありがたい表ですよ(^^;
むちゃくちゃな話ですが「年間このぐらい貰えますよ」で投信を買ってる人ばっかりです。

おかしいと思う

僕もこういう比較はおかしいと思っています。
それ以前に細かい点を考慮すれば、単純に比較できない物ばかりです。

日経の記事で誤解を与えるような表現は問題だと思います。

記事を見た瞬間に違和感

私もこの記事が一面に載っているのを見て、「えっ」と思いました。もっと、勉強してください。おかしさに気が付いてください。経済紙なんだから。

分配利回り?がファンドの成長率を表していないことに気づいていないことが問題かな。分配していないファンドにいいものがたくさん有るのに。

すっごく小さい文字で、「この記事は広告です」って書いてあったりしてww

国債、社債はOKかなと思っています。
できれば1年もの定期じゃなくてもう少し長めのものに
すべきだと思いますが。

投信の分配金利回りは、なしですよね(笑)

たまたま定食屋でワイドショー見てて、この記事の紹介してましたが、ダメダメでしたね。普通の人は、またこうして勘違いしていくのかと。。。

同じくだめだめだと思います。
なぜなら、株式化債権が中身に入ったものが投資信託なので、利回りは、株式または債券を超えないはずです。

記事を書いている人は、日経の人ですか?と戸惑いました。
僕もこの記事を持っていて、ブログを書こうかと思ってましたが

>コメントいただいた皆さま

多くの方はダメダメだという評価のようですね。
でも、もけもけさん・sumer_camusさんが仰るように、投信販売の現場ではこのような数字で説明がされているのかもしれません。
おそろしや、おそろしや。

この記事で高給貰って羨ましい。
書いた人間、怒られたりしないのかな…

むしろ、世間一般の認識はこの程度と言う
現状を確認できる記事ですね。

記者は一般人にも分かりやすく、
かつ興味を引くように記事にするのがお仕事ですから。
変にコストがどうだとか元本割れがどうだとか
細かく書いてもついてこないし、
紙面がそんなに割けません。

勘違いして買ってしまっても、
そもそもそういう人が文句を言う時は相場が下がった時だし、
投信会社としてはそれを言い訳に出来るので
売る時になんらセーブする要因が無い。

まぁ現在の需要に合った記事と言う事でしょう。
むしろ、こういう記事に違和感を感じない人が
世の中には多い事に違和感を感じます。

なんだかなぁ

これを利回りというのなら、100%も出せそうなとか思ったりしてました。
(1年で元本がほぼ無くなりますが...)

運用の世界は誤解・間違い(意図して間違ってる?)が多いです。
そしてそれを鵜呑みにする人も多いです...

なんだか残念です

書いた記者も記者なら、こんな記事がスルッ載って出てしまうのもその方面の大新聞社の見識を疑うナ。もっとも衝突画面が全世界にリークする国の体制も似たようなもので、つまり自分の身は自分で守るしかないと自覚せよとの教訓なんだよ。この新聞記事、山崎元さんの「ダイヤモンド誌」の連載で取り上げて欲しい。

それにしても、7.4%には驚いた!

確かに、ひどい記事です。これで「経済新聞」とは世も末です。

金融機関のセールスマンがこの記事のコピーを携えて営業に勤しむ姿が目に浮かびます。

もちろん、原稿書きのネタに使おうと思っています。

>コメントいただいた皆さま

やはりひどいというご意見が多いですね。
全てを把握しているわけではありませんが、他の投資ブログで指摘されていなさそうなのが不思議です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)