「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」の投票ファンドについての個人的葛藤

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」の発表から1週間が経ち、あちこちで感想や詳しい分析が行なわれているようです。

リクエストもあったので、そろそろ自分の投票ファンドを公開しておこうと思います。
実は最初に投票したファンドを後から変更してもらうということをしました。
<関連記事>
2010/11/23 投票ファンドを変更したい

たしか、最初に投票したのは、

・上場MSCIコクサイ株(1680)
・上場MSCIエマージング株(1681)
・バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

だったと思います(既に記憶がおぼろげですが)。
投票理由は、MSCIコクサイとMSCIエマージングに投資する国内ETFの登場というのが、2010年のトピックスとして相応しいと思ったからでした。また、VTは2009年のトピックスだったからでした。

しかし、投票してしばらく考えて、「証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選ぶ」というこのアワードの趣旨に鑑みて、評論家的にその年のトピックス的なファンドに投票するよりも、新旧関係なく本当に投資家の役に立ったファンドに投票した方がいい、そしてなにより自分が投資しているファンドがいいのではないかというように考え方が変わりました。
もちろん、投票ファンドの選定理由は人それぞれでいいと思いますので、あくまで「個人的な考え方」ですが。
少々の葛藤の後、変更したのが、

・バンガード・エマージング・マーケットETF(VWO)

です。
新しいファンドではありませんが、2010年はこの海外ETFにずいぶん救われたなぁという実感がありました。
同じ海外ETFで、投資しているIVVやEFAにも投票しようかと思いましたが、ただでさえマイナーな海外ETFですから、埋もれてしまわないよう特に「救われた感」が強かったVWOに全ポイントを投票しました。

アワードの結果、VWOは第9位といまいち奮いませんでしたが、個人的には、まぁこれでよかったかなと思っています。
関連記事


  





コメント

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)