ブログ記事に対するツイッターでの返信はもったいない

水瀬ケンイチ

私はブログをメインに、ツイッターもやっています。
(アカウント:@minasek

ブログの更新情報をツイッターでも流しています。
すると、そのツイートに対して返信がつくことが増えてきました。
そして、どうもブログのコメントが減っているような気がします。

できれば、ブログにコメントを残してほしいのですが、そうするとやれタイトルだの名前だの画像認証だのといろいろ入力しなければならないため、書く気が失せてしまうということもあるでしょう。
コメントを書く側からすれば、ツイッターの方が気軽で、ブログ主からのレスポンスも早い(必ずあるわけではありませんが)ため、いいのかもしれません。



ただ、ツイッターにいただいたコメントは、どんどん流れて消えていってしまいます。
秀逸な返信をいただき、「これは他の読者さんのためにもぜひ残しておきたい!」と思っても、すぐに流れて消えていってしまいます。
そもそも、ツイッターをやっていないかたは見られないし(正確にはアカウント単位で直近の過去ツイートは見ることができますが)、ツイッターをやっていても、たまたまその時間にツイッターを見ている人にしか伝わりにくいという問題があります。
う~ん、悩ましいですね。

今のところ妙案があるわけではないので、ツイッターの秀逸な返信・議論をブログ記事で取り上げて残しておくか、ツイッターでたまに「できればブログにコメント残してくださいね」とつぶやいて、無駄な抵抗をしていこうと思っています。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ