バンガードのファンドの二重課税を確定申告で取り返す

今週末は、丸2日かけて確定申告書類と格闘しました。

株も投資信託も特定口座に入れているので、基本的には、確定申告の必要はありません。
ところが、僕のメインファンドである、「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」と「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」は分配金の扱いがちょっと特殊で、税金が米国と日本で二重課税された状態で、口座に入ってくるのです。
でも、確定申告をすれば、取られ過ぎた税金がが戻ってくるらしい事は、知識としては知っていました。それを「外国税額控除」というらしい。しかし、その具体的方法が、一般的でないというか、ちょっとマイナーな処理であるためか、一般的な確定申告解説本や雑誌にはなかなか出てませんし、もちろん、仲間で同じ処理の経験がある人もいませんでした。
たいした金額じゃないしいいか、と平たく言うと逃げてきたわけです。

ぼちぼち投資金額も大きくなってきており、分配金もその税金も馬鹿にならない金額になってきたので、ここらでいっちょやってみるかということにしました。

しかしながら、このファンドを取り扱っているマネックス証券のホームページにも、調べ物でよく利用させていただいているオールアバウトにも、「外国税額控除」の具体的処理方法については、あまり情報がありませんでした。もしかしたら、僕が見つけられなかっただけかもしれませんが。
株関係の確定申告書類は、たいていは国税庁ホームページで、WEB上で様式に入力・作成できるようですが、「外国税額控除」は、様式を印刷して手書きで記入しないといけないようです。
あまり情報が見つからない中、国税庁のホームページの以下のページを頼りに書きました。

・タックスアンサーの外国税額控除ページ
・「外国税額控除に関する明細書」の様式

特に、「外国税額控除に関する明細書」様式のPDFファイルの後ろに、「書き方」というちょっとした解説が2ページ付いていて、これを読み込んでなんとか仕上げたという感じです。
まぁ、ご多分に漏れず、これが日本語なのか?というくらい難解なお役所用語で書いてあるのですが…。

マネックス証券からの「外国証券、海外CD・CPの配当金、利金、償還金等のご案内・計算書 兼 為替取引報告書」という舌を噛みそうな名前の報告書数通とともに、明日、書類一式を郵送します。
うまくいけば、多少のお金が戻ってくるはずです。

慣れない作業でとても疲れた週末でしたが、目指す「早期リタイア」後は、毎年確定申告をすることになるはずですから、今から少しずつ勉強しておくのも悪くないでしょう。
関連記事


  





コメント

ご無沙汰しております。確定申告お疲れ様でした。

私は特定口座での国内株の取引のみでしたので、確定申告は簡単に済みました。

今回の水瀬さんの記事は、以前から非常に気になっていることでした。海外投資については確定申告の方法が難しい、税制が不明瞭で勉強不足だと余分な税コストがかかる可能性があるってことで、なかなか手が出せないでいます。性格柄、分からないモノを分からないまま進めることが嫌なので、海外投資を始めるにはややこしい税制も勉強しなきゃいけないなぁと思っております。

コメントどうもです!

>Itoさんへ
こんにちは。
普段、できるだけ楽ちんな投資法をモットーにしていますが、国際分散投資をやる以上、確定申告の外国税額控除は、たとえ面倒臭くても避けて通れないだろうと今回腹をくくりました。

まだちゃんと還付されるか分かりませんので、えらそうな事は言えませんが…(^^ゞ

大変ですね。

外国税額控除ですか。
随分レベル高いと思います。

その辺の金融機関の窓口レベルでは知ってる人いないんじゃないですかね。

本来なら外国籍投信持ってる人はみんな頑張ってやった方がいいとと思うのですが、還付額と手間の比較になりますね。

お疲れ様です。

コメントありがとうございます

>かまぽんさんへ
大変ですが、似たようなことを、海外の個人投資家もやってるはずだし…と自分に言い聞かせて取り組んでいます。

かまぽんさんは確定申告の外国税額控除処理をやられていますか?

やってないです。

私のバンガードはトヨタアセットの方なので不要なんですよね。

今度、トータルストックとスモールキャップを買おうかなと思っているので、方法を勉強するのはそれからです。

日本の税制はいろいろ面倒くさくて問題あるみたいですね。
保持会社がM&Aされた場合に新会社の株式を受け取るとみなし配当とみなされて所得税取られるとかこの間の日経に載ってました。

コメントどうも!

>かまぽんさんへ
日本国籍の投資信託の方が、手間がかからなくていいですね。あとはコストが何とかなればな~~。
日本の税制は、本当に評判悪いですね。金融大国を目指すなら、税制は足を引っ張らないでほしいものです。

どうも

非常に詳しいHPで楽しく拝見いたしました。
しかし,海外投資の二重課税は,日本の税制だけでは如何ともしがたい
問題ですので,日本の税制の問題というわけでもないのでしょう。
アメリカと租税条約を結んでいるからいいものの,
もしなければ二重課税されっぱなしだし

>やまぐちさんへ

そりゃそうですよね(^^)
僕が評判が悪いと言ったのは、二重課税のことではなくて、かまぽんさんのコメントにあった「日本の税制」全般についてのつもりでした(^^ゞ

こんばんは。いつも楽しく拝見させていただいております。
今年は事情があって生まれて始めて確定申告することになったので
(単に職場が変わったからなんですが)、ついでに外国税額控除も
申告しようと思ってます。カスみたいな金額ですが・・
私もマネのバンガードのファンドなんですが、本当に分かりにくい
ですね。どこ調べても詳しい情報が全然ないし。
「外国証券(中略)計算書」には「ご明細」の欄の下のほうに「申告
所得額」という欄があって上の欄とは異なるレートで計算がされて
ますよね。ここで混乱してしまいました。
一体どういう計算方式になってるんでしょうね?
「申告所得額」の方を申告すればよいのでしょうか?
水瀬さんはどうされましたか?

>YOSHIさんへ

絶対来ると思っていた外国税額控除の記入方法へのご質問。
でも、1年前のことなので、細かいことは忘れてしまいました(^^ゞ
今年の確定申告はまだ手をつけておりませんので、やった後に時にお答えできればと思います。
少々お待ちを。

こんばんは。
マネックスにも質問のメールを送っていたのですが、やっと返事が来ました。
だいぶ詳しく説明してくれましたが、それでも結構分かりにくいです。
何とか自分なりに理解したつもりですが・・
釈迦に説法かもしれませんが差し支えなければマネックスからの説明をお伝えいたします。ちょっと長文になりますが。

>YOSHIさんへ

確定申告の作業が終わりました。フゥ~。
ご質問ですが、作業をする中で思い出しました。

僕は、下段の「申告所得額」(「円」表示の金額)の数字を記入しています。
ただし、「外貨」表示の金額だけ、上段の数字を記入しています。
これで正しいのか分かりませんが、昨年はちゃんと還付金が振り込まれました。

役所の書類

初めて書き込み致します。いつも「へーー、そうなんだ!」と思う事が多く、勉強させていただいている、40代女性です。

役所の書類ってホントわかりにくいですよね!
私某お役所でバイトしていた経験があります。だから、皆さん緊張して書類を記入している雰囲気がよくわかります。

でも案外間違えてても、「あーこういう事ね、OK!」みたいな感じで受付たりしていました。でもその役所の職員さん達も
「怖い怖い税務署」と言っていたので(爆)、確定申告については定かではありません。
大切なのは、とりあえず提出してみる事です。間違いを恐れず。
なーーんて、私もまだやってませんが・・頑張ります。

私も今年初めて外国税額控除にチャレンジしようと思っています。

「外国税額控除に関する明細書」の記入方法に関する解説書とかないでしょうか。裏面の「書き方」はよくわからないので・・・・。

私もホームページで調べてるんですが、ないんですよね。
外国税額控除って以外にマイナーなんでしょうか。

時間があれば調べて外国税額控除のホームページ作ろうかな。

にっしーさん

外国税額控除のHPぜひ作ってください。きっと、多くの個人投資家から感謝されると思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

配当控除

しつこいけど、今日も税金の話。配当金に係わる税金についてです。株の配当金、投資信託の分配金、投資信託を解約で売った場合の利益、などは配当所得として利益の10%(所得税7%住民税3%)を源泉徴収されます。(投資信託でも債券100%

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)