バンガードのファンドの二重課税を確定申告で取り返す

水瀬ケンイチ

今週末は、丸2日かけて確定申告書類と格闘しました。

株も投資信託も特定口座に入れているので、基本的には、確定申告の必要はありません。
ところが、僕のメインファンドである、「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」と「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」は分配金の扱いがちょっと特殊で、税金が米国と日本で二重課税された状態で、口座に入ってくるのです。
でも、確定申告をすれば、取られ過ぎた税金がが戻ってくるらしい事は、知識としては知っていました。それを「外国税額控除」というらしい。しかし、その具体的方法が、一般的でないというか、ちょっとマイナーな処理であるためか、一般的な確定申告解説本や雑誌にはなかなか出てませんし、もちろん、仲間で同じ処理の経験がある人もいませんでした。
たいした金額じゃないしいいか、と平たく言うと逃げてきたわけです。

ぼちぼち投資金額も大きくなってきており、分配金もその税金も馬鹿にならない金額になってきたので、ここらでいっちょやってみるかということにしました。

しかしながら、このファンドを取り扱っているマネックス証券のホームページにも、調べ物でよく利用させていただいているオールアバウトにも、「外国税額控除」の具体的処理方法については、あまり情報がありませんでした。もしかしたら、僕が見つけられなかっただけかもしれませんが。
株関係の確定申告書類は、たいていは国税庁ホームページで、WEB上で様式に入力・作成できるようですが、「外国税額控除」は、様式を印刷して手書きで記入しないといけないようです。
あまり情報が見つからない中、国税庁のホームページの以下のページを頼りに書きました。

・タックスアンサーの外国税額控除ページ
・「外国税額控除に関する明細書」の様式

特に、「外国税額控除に関する明細書」様式のPDFファイルの後ろに、「書き方」というちょっとした解説が2ページ付いていて、これを読み込んでなんとか仕上げたという感じです。
まぁ、ご多分に漏れず、これが日本語なのか?というくらい難解なお役所用語で書いてあるのですが…。

マネックス証券からの「外国証券、海外CD・CPの配当金、利金、償還金等のご案内・計算書 兼 為替取引報告書」という舌を噛みそうな名前の報告書数通とともに、明日、書類一式を郵送します。
うまくいけば、多少のお金が戻ってくるはずです。

慣れない作業でとても疲れた週末でしたが、目指す「早期リタイア」後は、毎年確定申告をすることになるはずですから、今から少しずつ勉強しておくのも悪くないでしょう。
関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ