知っておくべき日本の投資信託の黒歴史

インデックスファンドは投資信託の一種ですが、日本の投資信託にはその生い立ちに黒歴史があります。
(もっと言ったら証券市場そのものに黒歴史があるのですが)

現在、それが表に出てくることはほとんどないのですが、日本の投資信託を活用する上で、過去の暗黒歴史を知っておくことは大切なことだと思います。
ちょうどよい記事がありましたのでご紹介します。

東洋経済オンライン 角川総一の投資つれづれ草
2011/01/21 (第17回)日本の投資信託の多くは政策遂行の道具として利用されてきた(1)

詳しくは、上記記事(長文)をご覧いただきたいのですが、ざくっとまとめると以下のような感じです。

・戦後、GHQの指令による財閥解体や財産税徴収などにより、大量の株式が市場に供給されるに至ったため株価は急落。これに対処するため、大蔵省(当時)は生命保険会社への買い出動要請や、信用取引制度の確立、株式担保金融の実施促進などを行なったが、そのほか株式保有組合の設立と並んで出てきた構想が「証券投資信託」だった

・戦後の投資信託への期待は、業界サイドというよりも“国家的要請”の要素のほうが強かった。産業復興資金が欲しかったため
(水瀬注:戦後、GHQが財閥持ち株会社を解体し、持ち株を一般投資家に売らせた。しかしGHQの占領が終わるとすぐに、財閥系企業の経営陣が官僚と手を組んで、一般株主から強制的に株式を取り返した、という経緯があった。出典:「日本は金持ち。あなたは貧乏。なぜ?」R.ターガート マーフィー エリック ガワー著)

・欧米の投資信託の発生が、投資リスクの分散や小口資金の集中化による資金力強化など、国民サイドまたは業界サイドからの自然な経済的欲求から生まれたのに対し、日本の証券投資信託は“官製の義勇軍”といったニュアンスが強かった

・その後に登場した数多くの投資信託も、多かれ少なかれ、「証券市場対策のための道具立て」「経済対策の一環としての投資信託の活用」という構図の中で誕生した(長期公社債投信、中期国債ファンドなど)

・ETFも、政府が2001年の絶不況期に策定した「緊急経済対策」に端を発し、銀行などの株式持ち合い解消による影響を阻止する仕掛けとして登場した
(水瀬注:関連記事に当時の様子が出ています。国内ETFで、長らく日本株式クラスのものばかりで他のアセットクラスがなかなか登場してこなかったのも、おそらくそういう理由が関連していたものと思われます)

・REITも、証券以外の資産も組み入れできるよう法改正したうえで2001年に登場したが、低迷長引く不動産市況をテコ入れする手段という側面が強かった


要するに、かつて日本の証券市場が「官製市場」だったことで、投資信託も商品そのものの意義を期待されて登場したというより、国策として値崩れを防ぐための手段として登場したという黒歴史があったということだと思います。

現在では、長期公社債投信や中期国債ファンドはその役割を概ね終え、MRFやMMFにとって代わられつつありますし、インデックスファンドを含む投資信託も投資家のニーズを汲んだ商品が登場し始めていますし(おかげで通貨選択型など妙な商品が跋扈するという副作用もありますが…)、国内ETFも遅ればせながら先進国株式や新興国株式に広く分散する、個人投資家の資産運用のコアになり得るような商品も登場しはじめています。
かつての「官製市場」からはずいぶんと姿を変えてきていると思います。

しかし、いまだに、複利効果を活かすための無分配型投資信託はお上の意向で作りづらいとか、401kなどにかかる特別法人税がいつまでたっても廃止されないなど、投資信託における「官製市場」の影響は残っていると思われます。

「何で欧米では当たり前の商品が日本にはないのだろう?」

こういう素朴な疑問を私たちが抱く時、日本の投資信託に黒歴史があったことを知っているのと知らないでいるのとでは問題の捉え方が違ってくると思います。
私は日本の投資信託がダメだと言っている訳ではありません。
最近は、証券取引所も証券会社も運用会社も、個人投資家の要望を聞き入れようという動きが見られるようになってきました。
より良い投資環境を目指して個人投資家としてどんどん要望を上げていくことで、日本の投資信託事情も良くなっていくと信じていますし、また、その時には過去の黒歴史を踏まえて、国や業界の痛いところをピンポイントで指摘するような賢さがあった方がより効果的だと思っております。


<追記>2011/01/30
続編の記事がありますので、ご興味がありましたらどうぞ。
2011/01/29 続・知っておくべき日本の投資信託の黒歴史
関連記事


  





コメント

投資信託は黒歴史から始まったんですね。
勉強になりした(嬉
当時に比べれば、現在のインデックス投資・ETFの環境は良い方向へ向かってきたということですね。

PS ところで年金も黒歴史??
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%B9%B4%E9%87%91
年金の始まりも戦時下の戦費調達手段との説もあります(汗
こちらは現在でも先行きが行き詰まっているように感じます(爆

端的にいうと・・・

一般的日本人の性格が素直と言うか純情と言うか「初<ウブ>」なのか、直ぐ相手にほだされ、同情して被害に遭うのでしょう。結婚詐欺とか昨今の振込め詐欺が典型的ですが、その反対極に外国人だけでなく日本人の加害者もいるわけで単純に「日本人は○○だから」、「政府や銀行は安全だ」とは断じて言えない。

ホリエモンとか米・ヘッジファンドやGS他大手金融業者のあこぎな商売も善意の銀行、慈善団体や大衆の年金の運用者などの支持も得て高給を食んできた。

現在の日本国内でも庶民の銀行預金・郵便貯金も実態は日本国債に投入され回収が疑問のバラ播きや奇妙な投資(?)に支出されているし、その関連業務に大勢の公務員も携わっている。年金運用に新興国のファンドへの投資案さえも俎上にあがっている。

要するに、「自分のお金はどこに行きどんな使われ方をしているか、いざとなったらどんな回収方法を講ずればいいのかを納得してお金を出しなさい」に尽きる。

>saru999さん

仰るとおり、今はよい方向に向かっていると思います。


>Alexさん

そうかもしれませんね。

なるほど。

今なんとなく過去の記憶がつながったような気がします。

持ち合い解消の時期は、
厚生年金基金の代行返上拡大で株価の重し云々が
叫ばれていたのも重なっていました。

当時の代行返上の仕組みをちょっと調べたのですが、

(みずほ総研)
http://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/report/report03-0821.pdf

の、7ページ(11枚目)に記載されている代行分の物納条件に、
「TOPIXの構成銘柄の80%を有する場合」
となっています。

つまり、最終的にはETF原資として利用する事を
目的とした買い集めを行っていたのかなと。

>楽天家業さん

年金の代行返上の時期とも重なっていましたか。
ご推察のとおりかもしれませんね。

何でインデックス?

このブログではインデックス中心の投資が取り上げられている。
株式投資は預金や証券よりも利益を得なければリスクが多く話にならない
株式市場で利益を得る方法としてはマールキル教授の説明どおり効率的市場で長期上昇市場なら手数料の低いETFかインデックスファンドが最善であるしかしながら、先進国の株式市場は21世紀には長期に上昇するだろうか。
21世紀はややこしい
先進国の高齢化、低成長、EU米日本の国債危機が今後のトレンドであることは自明であるが、これは過去の経済状況で誰も経験したことがない。
ロゴフがThistimeis not differentで今回の金融危機後もそれほど代わりがないといっている.
2008年のバブル崩壊とその回復過程はうなずけるが10年のスパンでは賛成できない。
しかし21世紀は
1:貴金属とリンクしない基軸通貨現在QE2をやるがその水ぶくれ効果でダウが上昇している。
2:ゾブリン危機
長年にわたって政治的財政的理由から主要国が債券の発行をやめられない(債権の原因が歳入不足、増税困難、不況対策、年金医療対策であり、戦争による国債発行のように中止できない)
3:金余りで資源が暴騰するが変動が大きい⇒その影響も甚大
水瀬さんのお考え聞かせてください

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)