楽天証券、24ファンドをノーロード化

楽天証券が、2011年1月28日(金)より、24ファンドの販売手数料をノーロード(手数料0円)とすると発表しました。

楽天証券 楽天証券からのお知らせ
2011/01/25 1月28日(金)お申込分より、24ファンドのお申込手数料がノーロード(手数料0円)に!!

詳しくは上記お知らせをご覧いただくとして、ノーロード化するファンド一覧を抜き出してみました。

・DL日本株式オープン【愛称:技あり一本(るいとう)】
・ニュー・ブルーチップ・セレクション
・DIAMアジア関連日本株【愛称:JAPASIA(ジャパジア)】
・DIAMパッシブ資産分散ファンド【愛称:三本の矢】
・中国株厳選ファンド3ヵ月決算型【愛称:百花繚乱3ヵ月決算型】
・住信 LSオープン
・住信 キャッシュフロー経営評価オープン【愛称:選球眼】
・住信 ジャパン・プレミアム・セレクト・ファンド【愛称:Jセレクト】
・住信 ジャパン・グロース・ファンド【愛称:得意技】
・住信 次世代ファンド【愛称:次世代】
・住信 ニュー配当利回り株オープン【愛称:配当物語】
・住信 中小型株式オープン【愛称:投資満々】
・住信 CBオープン
・住信 外国債券オープン(3ヶ月決算型)【愛称:世界・セレクト3M】
・住信 ワールド・ファイブインカム・ファンド(毎月決算型)【愛称:ファイブインカム】
・すみしん マイセレクション25
・すみしん マイセレクション50
・すみしん マイセレクション75
・トヨタTOPIXインデックスオープン
・MHAM日本成長株オープン
・明治安田日本株バリューアップ・セレクト100【愛称:雷(いかずち)】
・明治安田グローバル・ボンド・オープン 「Aポートフォリオ/為替ヘッジありコース」【愛称:ファルコン】
・明治安田グローバル・ボンド・オープン 「Bポートフォリオ/為替ヘッジなしコース」【愛称:ファルコン】
・明治安田オリエンタル・セレクト50【愛称:鳳凰(ファンファン)】

なんだかずいぶんと懐かしいファンド名が目に付きます。
アクティブファンドがほとんどですが、個人的に注目するとすれば……
「住信 CBオープン」ですかね。
現在、私はCB(転換社債)というアセットクラスには投資していません。
そういえば投資を始めた頃、「資産額が大きくなったらCBにも投資してみたいなぁ」と思っていたことを、今思い出しました。
信託報酬は、年率0.735%とアクティブファンドにしてはまあまあでしょうか。
しかし、今のマイポートフォリオに積極的に組み込む理由が見当たらない……。

「すみしん マイセレクション」シリーズなどは、ひと昔前であれば、インデックスファンドを組み合わせた低コストなバランスファンドだったのでしょうが、現在は、新興国株式やREITも含めた低コストなバランスファンドがたくさん出てきたので少し厳しいです。
信託報酬はまあまあ(25:0.5565%、50:0.6405%、75:0.7245%)なので、アセットアロケーションが気に入ればアリかもしれません。

また、一時期流行したヘッジファンドのロングショート戦略ですが、プロが運用するこの戦略を使えばどんな相場でも絶対収益が狙えると信じているかたは、「住信 LSオープン」を買ってみて、どんなもんか体感してみるというのも一興かと思います。

なお、インデックスファンドの「トヨタTOPIXインデックスオープン」は、STAM・eMAXIS・CMAMのいずれよりも信託報酬が高いので選択肢には入らないと思います。

以上、楽天証券のノーロード化ファンドについてでした。


<ご参考>
楽天証券は以下から口座開設できます(無料)。
楽天証券
関連記事


  





コメント

CBの指数って

個人的にはCBの指数ってどんなのがあるのか良く分かりません。
しかし、投資対象としては面白いです。
最近は金利が下がってきたので妙味が薄れてきましたが、大手証券会社で買うと手数料が高いので投資信託も候補の1つに考えたいです。

>タカちゃんさん

CBの指数には、
・日興CBパフォーマンスインデックス(NIKKO-CBPI)
・大和・CB・インデックス(DCBI)
などがあるようです。
見てみるとけっこう右肩上がりなんですね。

CBオープンは面白いですね。
信託報酬の水準と言い、コンセプトと言いどこかで火がついて人気になってもおかしくなさそうですが・・・

CBの下方硬直性は確かに面白いですね。

・リスクもリターンも株より少ない
・株価が急落しなければ、そこまでCB価格は落ちない
 →株価が横ばいならCB価格が落ちない
 →債権としての金利の旨みが上乗せ

手数料がネックだったようですが、
ノーロードなら話題にはなるかもしれません。

>吊られた男さん

たしかに、日本債券ファンドが人気になるくらいですから、いずれCBファンドにも波及する可能性はあると思います。


>楽天家業さん

CBファンドは面白いと思うのですが、いかんせんデータが揃っていません。
期待リターン、リスク、各アセットクラスとの相関係数とか、どこかにないですかねえ?

転換社債、平成13年で年金基金の方は運用終了していたのですね。

ちょっと前のデータになりますが、
こちらを参考にできますでしょうか?

「野村證券株式会社金融経済研究所 金融工学研究センター」
http://www.kier.kyoto-u.ac.jp/fe-nomura/katou/05.06.14.pdf
(2005年6月14日)

ページ番号は41ですが、42枚目になります。
(アセット番号は20番)

データ元は野村が作ってるので、
やはりNOMURA-CBPIが参考として挙げられてます。

CBオープンは日興の方がベンチマークのようなので、
日興の研究所が同じようにやっていればいいんですが。。。

>楽天家業さん

値千金のデータ、ご教示いただきありがとうございます!
株・債券という伝統的資産だけでなく、CB、商品、REIT、ヘッジファンド、PEまで、様々なアセットクラスの相関係数がわかりますね。
この資料はPCに保存しておこうっと。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)