国債格下げと菅首相とブーメラン

2011年1月27日、格付け会社のS&Pが日本の長期国債格付けを従来の「AA」から「AAマイナス」に1段階引き下げました。

このニュース速報を見た時、「大幅円安来るか?」と思いましたが、実際はドル円で1円ほど円安になる程度、それもすぐに押し戻されました。
市場は織り込み済みということでしょうか。

ロイター 2011/01/28
再送:〔金利ウオッチャー〕首相の「疎い」発言に市場冷ややか、国債格下げで気迷いも

上記ロイターの記事によると、国債相場への悪影響について、専門家は一様に限定的と読んでいるそうです。
それよりも、菅直人首相の
「初めて聞いた。そういう話には疎いので、ちょっと(質問は)またあらためてにさせてほしい」
という発言に対して、
「寝耳に水だったのは菅首相だけ。昨年末にうわさが出た段階でプライスイン(織り込み)されており、記者団に『今、初めて聞いた』と答えてしまう首相の見識は、にわかに信じ難い」
「新手の(為替)口先介入であって欲しい」
と困惑している様子。

この時点では、菅首相の発言はマスコミの誇張かもしれないなと思っていました。
すると、ツイッターでこんな情報が流れてきました。
@*******: 菅直人公式サイト: 格付け http://htn.to/kRYfbW

∑( ̄ロ ̄|||)
……私も困惑しました。菅首相には頑張ってほしいと思います。

関連記事


  





コメント

取り繕うぐらいしろよ!と脱力してしまうようなびっくり発言でしたね。

わたしの記憶が確かなら、菅さんは財務大臣だったはず(^_^;)乗数効果も知らない財務大臣でしたが…一応。

菅さんはもう頑張らなくていいと思います。
経済音痴の菅政権、民主党政権には腐っても世界3位の日本の舵取りは無理かと。

タイミング的に

消費税増に後押しがきたという解釈も。菅さんもヨシヨシと
すっとぼけた可能性もあります
裏の手の内という気もしないでもありません。。。いやいや深読みです^^

経済成長は必要かも・・・

格付けがBBBクラスまで下落すると、恐らく長期金利がはっきりと上がってくるのでは?と考えています。
長期金利の決まり方としては・・・
長期金利≒インフレ率+経済成長率+リスクプレミアム
と言われています。
経済成長率は低いので、リスクプレミアムが拡大してくるのかも知れないです。
管首相は政治家であって経済の専門家とは言えないので、疎いのは仕方がないですが、いずれは増税などの対策をやってくるのでしょう。
これからも高齢化で社会保障費が膨れ上がって、今の税制では持たないように思えます。
賃金も下がってきているので、これからの若年層は大変です。
やはり、経済成長が無いと賃金も上がらないので、厳しいですね。
これからの財政を考えるにしても経済成長は必要だと思います。

サブプライム証券にAAA付けてたS&Pが日本円建て国債の格下げですか。

アメリカ自身に利益があるのか、アメリカを使ってどこかの誰かが消費税増税を目論んでるのか。

日本国債を格上げするには

日本国債を格上げするには、財政再建が必要で
3通りの方法しかないと思います。
1.増税
2.医療費・年金等の社会保障費用の減額
3.インフレ
1、2の方法を推進する政治家はいるはずがありません。
選挙活動に支障が出るからです。自分が落選しても、日本の未来を考える政治家なんて、ほとんどいません。
結果として、3の方法が自動的に選ばれるでしょう。
日本国債の格下げ、円暴落、そしてインフレ
そうなってもいいように、我々個人投資家はコツコツインフレに強い投資商品を買って、資産の目減りを防ぐしかないでしょう!!

ブラックスワンの到来に備えて
外貨比率を着々と上げてますので、
菅さんどうぞ恥をさらし続けてください。

経常黒字国で、しかも100%円建ての日本政府債務の返済能力を格下げとか、どこのお笑いですか?

>皆さん

同じ記事でも、
・「国債格下げ」に反応されるかた
・「疎い発言」に反応されるかた
・「ブーメラン」に反応されるかた
といろいろですね。
いずれもひどい話ではありますが(^^;

みなさん原文ちゃんと読んだ方が良いですよ。
あのAAAを一日でつぶしたs&pですから。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)