「投信、ネット購入広がる」という記事、よくよく見たら…

投信のネット購入が広がっているそうです。

【日経新聞2011年2月4日夕刊1面より引用】
投信、ネット購入広がる ネット証券26%増 3メガ銀は6割増
個人投資家が投資信託をインターネット経由で購入する比重が増している。2010年4~12月の主要ネット証券3社の販売額は前年同期比26%増の2170億円と伸びたほか、3メガバンクも同65%増の950億円がネット経由での購入だった。店頭での購入と比べ手数料が低い点などが利用増の背景。金融機関も個人向け国債償還の受け皿として品ぞろえを拡充している。
【引用おわり】

新聞記事によると、投信のネット購入が、ネット証券で前年同期比26%増、3メガバンクも同65%増と勢いのある数字が並びます。
また、野村證券など証券大手では販売手数料を店頭より下げたり、メガバンクではネット専用投信を用意、三井住友銀行では昨年度の5倍に増える見通しだったり、ネット証券大手では09年以降投信販売を強化して2年でほぼ倍増させている、といった積極的な事例が並びます。
そして、「自分の判断で投信を購入する投資家が増えてきたこともネット販売増につながった」という銀行関係者の頼もしい言葉で記事は締めくくられています。

これを見ると、投信のネット購入もずいぶん浸透してきたんだなぁと思えます。
かくいう私も投資を始めた10年前から、ネット証券で投信などを購入しており、対面販売を使ったことがありません。
しかし、記事にさりげなく書いてあった次の数字を見てガクッときました。


「最近2年ではネット販売が伸び、投信販売全体の5%を占めるようになった」


え?5%?
先ほどの威勢の良い数字や事例は、投信販売全体のたった5%の中での出来事?
ということは、投信販売全体の95%は依然、対面販売ということかい。

新聞記事では、対面販売はリスクの説明などを受けられる一方、販売する金融機関側が手数料稼ぎの目的で回転売買を勧める弊害があると指摘しています。
投信の回転売買は、以前のブログ記事「続・知っておくべき日本の投資信託の黒歴史」でも指摘した証券業界の悪しき伝統です。

毎年、旬の新規投信が何本も設定され、販売会社の強力な営業力で何百億、何千億円と純資産を集めていることを考えると、金融機関側が売りたい投信を勧められて購入する投資家が多く、「自分の判断で投信を購入する投資家」はまだまだ少数派ということなのかもしれません。

関連記事


  





コメント

ネットと対面のほかに、コールもあります。
年配の方はどうしてもネットではなく、対面、コールからの
注文が多くなり、また額もでかいという事も大きな理由の一つ
だと思います。
しかし、5%っていうのは少なすぎですね^^;

5%

いつも楽しく拝見しております。

5%という数字、わたしもびっくりしました。。
対面販売が95%もあるのですね。。ホント、投信を売る方の思うつぼです。

ということは、投信を購入する年齢層はかなり高いのだろうと予測します。

定期継続手続きの時に

300万円預けても利息0.1%なので1年間で3000円しかもらえませんが
投信なら毎月2万円もらえますよ。
みたいな必殺パターンが今でもあるのでしょう。

まずはネット銀行から初めてもらうのがいいかもしれません。

週刊ダイヤモンド(2011-01-22)に、アメリカについてのデータがあります。
アメリカにおいても、オンライン証券経由と対面アドバイザー経由の比率は1:9ほどらしいです。

先ほどの書き込みの削除をお願いします。
記事と関係ない事を書いてしまいました。

で、最近は大手証券会社ではCBや既発普通社債の情報などを見に行ったりしています。
やれるのは昼休みに証券会社がある所だけですが、対面の利点は自分が欲しい情報などを可能な限り提供してくれる点なので、「自分から利用」するようにしています。

5%も

5%が少ないとの事ですが、私としては5%もいるんだって感じです。
現状は・・・・・
当面、対面販売が主流なのは仕方ないと思います。
どんな人が金融機関で投資信託を購入するかを考えてみると、
(1)金融資産の大半を所有するのは70歳以上の高齢者
(2)多額の金融資産を所有する若年層は、ビジネスが忙しすぎて投資に時間を割けない。円預金のほったらかし、または専属のアドバイザーと顧問契約、のいずれか。基本的に投資よりもビジネスで儲けたいと考える。
平日に営業している金融機関は当然(1)のお客様に重点的にアプローチします。面談できない(2)の層へのアプローチは後回し。それに(1)の層の方が、大口契約が獲得できる。小口分散して何回も同じ商品を購入する小口取引は、金融庁が指定のリスク説明等の煩雑な手続きを取引の都度実施する手間を考慮すれば避けたいのが、金融機関の本音です。

(1)の方々はインターネットを活用できる人は少数。活用できていても昔ながらの対面販売を好む。

私の結論は、インターネット取引に抵抗がない年代が退職金を手にして豊かな老後生活をできる時代にならないと、インターネットによる投信購入は増えないということです。
長々とすみません。

ETFのリスクについてお訊きします

山崎先生の「わからないものに手(金)を出すな」を金科玉条に「続・知っておくべき日本投信の黒歴史」で質問した「入門者」です。

市場価格と基準価格の乖離について、ご紹介のサイトも開いて一歩ずつの勉強ですが、いまだに普通の投信もETFも疑問だらけで目下思考錯誤の手探り状態、大股で踏み込んでいくには程遠いです。ネットにせよ対面にせよ理解できなくて手を出しづらいが実態ではないでしょうか。95%の人がどんな事情かは大体推測できますけど。

①インデックスETFで、市場価格は基準価格に対して圧縮方向だとしても依然として上方にも下方にも乖離は有り得ると理解していいですか(価格リスク)?
②東証上場の海外株式ETFなんかだと、売り手不在とか買い手不在で売買不成立もあり得るでしょうか(市場リスク)?

よろしくご教授ください。

>yyy1980さん

新聞記事では、ネット購入⇔対面販売という対比で書かれていたので、コールは対面販売に含まれるのかもしれませんね(詳細不明ですが)。


>ssさん

私もネット購入は2~3割くらいあってもおかしくないと思っていました。


>ぷれでたさん

キャッシュの動きを押さえているというのは銀行の大きな強みですよね。
私たちからすると弱みになってしまうので、気をつけなければ。


>世界のREITさん

貴重な情報提供ありがとうございます。
米国でもオンライン証券経由と対面アドバイザー経由の比率が1:9とは、驚きです。


>タカちゃんさん

まだ大手証券でしかできないことがありますので、能動的にうまく使っていけたらいいですね。


>蓄財王さん

なるほど。5%でも多いということですか(^^;
ネット世代が退職金を手にする頃ってまだ相当先ですね。


>入門者さん

①そのとおりです。モーニングスター等でいろいろなETFの乖離率を調べてみてください。
②売買が少なければ取引不成立もあり得ると思います。

それから、検索経由などで後から記事を読む方々のため、記事に関係のないコメントはご遠慮いただいております。次回からご協力よろしくお願いいたしますね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)