長期パフォーマンスが優れた投資信託に共通する秘訣

モーニングスターに「長期パフォーマンスが優れた投資信託に共通する秘訣」という興味深い記事が出ていました。

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2011/02/08 長期パフォーマンスが優れた投資信託に共通する秘訣は?

詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、追加型公募株式投信2,592本を対象に過去10年間の運用成績の分析を行ったものです。
1年や2年くらいパフォーマンスが良い投資信託ならたくさんあるでしょうが、10年間パフォーマンスが良い投資信託なんてあるのでしょうか?
また、そんな投資信託に共通する秘訣はあるのでしょうか?

ざっくりと記事をまとめると、以下のとおりです。

■運用成績の安定度が高いファンド(暦年トータルリターンがプラスとなった年数)
・10年中10年プラスになったファンド なし
・10年中9年プラスになったファンド 8本
・その特徴:(1)過去10年間高い成長率を示した国の株式に投資するファンド、(2)為替ヘッジも併用して運用する債券ファンド、(3)国内債券への投資比率の高いファンド

■類似ファンド分類平均に対する勝率の高いファンド(暦年のトータルリターンが類似ファンド分類平均を上回った回数)
・10年中10回上回ったファンド 1本
・10年中9回上回ったファンド 4本
・その特徴:明確な運用哲学やポートフォリオ構築方針を持っており、それらを運用において継続して実践していること

以上です。

この結果を見てどう考えるかですが、個人的には「厳しい現実だ」と思いました。
2,592本のファンドのうち、10年間ずっとパフォーマンスが良いファンドは1本あるかないかですから。
9年間良いものはあってもその数はたった1桁です。
それでも、1桁は長期パフォーマンスが優れた投資信託があることはあるので、その共通の秘訣はどうでしょう。

前段の「運用成績の安定度が高いファンド」については、(1)過去10年間高い成長率を示した国の株式に投資するファンド、とありますが、まず今後10年間ずっと高い成長率を示す国がどこなのかを当てることが難しい。
現在高成長を続けている中国は、このまま今後10年間も成長し続けるのでしょうか?インドは?ベトナムは?南アフリカは?エジプトは?
また、たとえ高い成長率を示したとしても、それがそのまま株価上昇につながるかと言えば、「成長の罠」(成長企業は過大評価されることが多いので投資家にとってのリターンが低くなることがある)に陥る可能性もあり、必ずしもそうとは言い切れません。

(2)為替ヘッジも併用して運用する債券ファンド、(3)国内債券への投資比率の高いファンド、とありますが、国内債券と為替ヘッジをした外国債券は概ね同じリターンになることが多いようです。その国内債券はリスクが低いので、安定度が高いファンドになるのは、ある意味当然のことです。
そして、ここ10年の相場環境では、「100年に一度」と言われたリーマン・ショックに大きく影響されているはずです。あの時、ほぼ全てのアセットクラスが下落する中、唯一プラスになったのが国内債券でした。
運用成績の安定度については相場環境の影響を受けていることが、記事の中でも指摘されています。

では、その相場環境の影響を除外するために行なった、後段の「類似ファンド分類平均に対する勝率の高いファンド」についてはどうでしょうか。
秘訣として、「明確な運用哲学やポートフォリオ構築方針を持っており、それらを運用において継続して実践していること」と言われても、なんとも抽象的過ぎて困ってしまいます。
目論見書を見れば、一応殆どのファンドが投資哲学らしきものをうたい、ポートフォリオ構築方針を持っています。
2,592本のファンドの中から数本を選び出すほど決定的な違いを見出せるのか、大いに疑問です。

この記事を見る限り、長期パフォーマンスが優れた投資信託を探し出すのは、至難の業のように感じます。
もちろん、そのようなファンドは今までもあったし、今後も出てくることは確かだと思います。
しかし、それを事前に選び出せるかというと、殆ど「運」レベルのような気がします。
関連記事


  





コメント

御意!としかいいようがありません

少なくとも自分は事前に平均を上回り続けるファンドを選ぶ自信はありません。
たとえ絶対的なカリスマファンドマネージャーがいたとしても、その人がいつまでファンドマネージャーを続けるかすら分からないわけで(ヘッドハンティング・引退・不慮の事故etc)。

…もちろん、アクティブファンドや個別株には絶対に投資をしないと言ってるわけではありません。スリルや暇つぶしや共感や応援や何かを求めて投資をすることはあるかもしれません(実際、多少はカジッてるし…)。

んまぁ、インデックス投資してても、コスト以外は運によって左右される部分が大きいですからね(^^;)


投資に関してはある程度流れに身を任せながら、のんびりニコニコいきたいものです。

モーニングスター自身も何を言いたいのかよくわからないデータということを分かっているのか・・・
支離滅裂というか、「if ならば、可能ということだろう」「可能性を秘めたファンドがあるかもしれない」とよくわからない話になっていて、記事を読んでしまうと頭が混乱してしまいます。

余計な分析が一切なくてデータ+サマリだけを書いて最後に「モーニングスター・ファンド分析レポート・ファンド50」の宣伝だけの方が好感度が持てますね。(私個人の感想です)

事前にわかれば苦労はない・・・運ですね。
それにしても資源関連、新興国などのいかにも標準偏差が高そうなハイリスク運用をしても10年トータルでこんな低収益なのが衝撃。
投資って意味あんのか。

相関関係と因果関係

勝ち組ファンドと同じ(上記3つの)戦略を取っていたにも関わらず、他の要因が原因で負け組となったファンドも、(注目される事はありませんが)きっと山の様に存在するんでしょうねー。(なんといっても、ほとんどのファンドは負け組なのですからw)
なので、勝ち組ファンドの共通点探しというのは、あまり意味がない分析かなと…。(反証不足で、一種の確証バイアスに陥っている?)

あと、「勝ち組ファンドに(たまたま)共通するの戦略はこれだ」(相関関係)と「この戦略をやったから、勝ち組ファンドになった」(因果関係)が、混同されてるような気がするのも気になるところです。


参考書籍
『なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想』
http://executive.itmedia.co.jp/c_bookreview/archive/63/0

>虫とり小僧さん

本当に「長期パフォーマンスが優れた投資信託に共通する秘訣」があればいいんですけどね。
ただ、長期パフォーマンスが優れた投資信託は存在するので、自分なりの選別方法でアクティブファンドもいろいろ試行錯誤はしています。
今のところあまり報われていませんが…。


>吊られた男さん

>>余計な分析が一切なくてデータ+サマリだけを書いて最後に「モーニングスター・ファンド分析レポート・ファンド50」の宣伝だけの方が好感度が持てますね

なんと潔い!!(^^;


>Kerotaさん

勘違いされているのかもしれませんが、モーニングスター記事の10年トータルの%は「年率」です。
私は10年間年率15%とか20%とかは凄いと感じます。


>hinoさん

思いのほか普通の秘訣(?)だったので、おそらくhinoさんの仰るとおり、秘訣どおりの運用でもダメダメだった投資信託が無数にあったのでしょうね。

参考書籍の書評、とても勉強になりました。
ハロー効果、覚えておきます。
ありがとうございました。

はじめまして
ファンドや投資信託ですが、パフォーマンスが悪いものは運用を終了したり他のファンドに吸収合併するのは、まあ理解できますが、設定後2年ぐらいは、身内だけの出資にとどめておき、パフォーマンスが良かったものだけを一般公開するという手法も多くあるようです

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)