投資本100冊を処分したら

先日、投資本約100冊を処分しました。

私は約10年前から投資本を読み始めました。
自分の投資法が確立していなかったので、株はチャートからバフェットまで、他にも債券や不動産、為替、ヘッジファンドなど、とにかくいろいろな投資本を読み漁りました。
ある分野について乱読するのに、図書館は最高に便利です。無料ですし。
最初は近所の図書館で読んでいたのですが、すぐに投資本は読み尽くしてしまいました。今度は少し離れた図書館に行って読んでいましたが、やがてそこも読み尽くしてしまいました。

仕方がないので、買い始めました。
ブックオフの105円コーナーで買う→ブックオフの半額コーナーで買う→本屋で定価で買う、とだんだんエスカレートして、近年は、Amazonで買うことが多くなりました。

そうこうしているうちに、自分の机の周りが本で溢れるようになってきました。
本の収納スペースから溢れ、段ボールにうず高く積み上がる投資本。
そして昨年末、ついに雪崩が発生しました(笑)
もわっと埃が舞い上がるなか、「これは限界だ」と知りました。

数年前から自分の投資法が定まり、読み返す本に傾向が出てきていました。
そこで、繰り返し読み返している本や資料的価値がある本30冊を厳選して残し、他100冊は断腸の思いで処分することにしました。
処分方法は、まず友人が欲しがった本は進呈、比較的きれいな本はブックオフで売却、そうでない本は廃棄しました。

処分する時は気が重かったのですが、やってみると思いのほかスッキリしました。
そして、不思議とまた新たな知識を得たいという気持ちが湧いてきました。
また買い始めるな、こりゃ(笑)

関連記事


  





コメント

まったく同じです

私はAMAZONで買うようになってから手当たり次第で 300冊オーバー
です。ただ、もう勉強して調べて投資法が変わるのか?というと変
わらないです。
一気に処分はしにくいのですが、少しずつ売ったり捨てたりして
数十冊くらいは残そうかなと思っています。
特に無駄になったと思っていませんが、、、山積み状態です^^;

とかいって 今日は飲み会ないか→本屋行こう→時間あるし買っちゃう
って なりそうですけど(笑)

100冊も持たれてたことにびっくりしました。
私は立ち読みはよくしましたけど(^^;、買ったのは10冊もないくらいですかね。

また買い始めるな、こりゃ(笑)の部分に共感しました(笑)

私は不要になった本は図書館に寄贈しています。
読み返したくなったとき、図書館に行けば読めますしね。
ブックオフは数千円する本でも100円くらいで買い叩かれるので、
あまりオススメしません。

電子化すれば。。。

裁断機とスキャンスナップを買って電子化すれば、断腸の思いをしなくても済みますよ。少々面倒ですが。。。

本命の本は?

本については結構、疑問もありまして図書館にあるのは別として、数年前まで賑わせた投資手法を書いた本が今や100円ぐらいで中古で売られる現状です。
例えば、新興市場株やIPOが注目されていた頃の本は、新興市場株が下落してきた頃から誰も見向きもなくなり、スワップ狙いのFXの本も今や中古でも見受けられるようになり、そして2008年財政破綻説を唱えたあの本も今やどうなったのだろうな?と思います。
100年使える本はどんな本なのだろうか?と思いつつ本を探す事はあります。

「これから10年外国為替はこう動く(国際通貨研究所編)」「株式投資の未来(ジェレミー・シーゲル著作)」辺りは”これは本命かも!?”と思って読みました。
「ウォール街のランダムウォーカー(バートン・マルキール著作)」は、株式投資の不朽の名作と呼ばれつつも、新刊が出るたびにその時代にあった事を指南しています。

100冊読めば本命の本は必ず出会える他、色んな立場から判断ができるので、”この人はここが疑問!?”って言うケースも出てきそうです。

>宮さん

投資本で300冊ってすごいですね。
うちだったら雪崩じゃすまなさそう。。。

私も今回処分した100冊は、多分自分の血となり肉となっている(はず)ので無駄にはなっていないと思います。


>せーねんさん

正確には130冊保有ですね→そして雪崩(^^;


>レバレッジ君さん

早くも買い始めています…


>ramblelazyさん

図書館へ寄贈もアリだと思います。
でも一挙に100冊も受け取ってくれるものでしょうか?
書架はいっぱいのようですし。


>Gananさん

ツイッターの方でも電子化を盛んにすすめられました。
中にはPDF化するだけでなくOCRでテキスト検索もできるようにしているというかたも!
だんだんそういうのが主流になっていくのでしょうね。


>タカちゃんさん

そうですね。
たしかに本命の本にも出会えましたし、本命以外の知識(バリュエーションや財務など)も意外と役に立っています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

投資本を処分する?

 水瀬ケンイチさんのサイトで「投資本100冊を処分したら」 http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1648.html という記事がありました。  乙の場合も、7年ほど前から投資関連本を読み始め、いろいろ買い込みました。図書館で借りることもないわけではなかったの…

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)