世界の証券取引所再編加速、日本は……

昨日は、1日のうちに世界の証券取引所の大型合併報道が2件ありました。

時事ドットコム NYSEと独取引所が合併協議=デリバティブでも世界最大級-証取再編が加速
ウォールストリートジャーナル日本版 ロンドン証取とトロントTMXグループが合併交渉

ニューヨーク証券取引所(NYSE)などを運営する世界最大の証取運営会社NYSEユーロネクストと、フランクフルト証券取引所などを運営するドイツ取引所が合併に向けて協議に入ったと発表しました。
合併すれば通常の証券取引だけでなく、デリバティブ取引でも世界最大級のグループになる見通し。規模拡大によりコスト削減を図るとともに、シェアの拡大を目指すそうです。

また、ロンドン証券取引所(LSE)と、トロント証券取引所(TSX)を運営するTMXグループは、合併に向けた交渉を進めていると発表しました。
こちらは合併により、世界最大の資源取引所になるそうです。

他にも、昨年10月にはシンガポール取引所がオーストラリア証券取引所に買収案を提示しています。

世界の証券取引所は統合・再編がどんどん進んでいます。
資本市場のグローバル化で証券市場間の競争が激化しており、各国の取引所は有利な条件を競っています。また、近年では高速な取引システム技術でも競っています。
規模が大きく流動性に富む市場を目指して国境を越えた再編が進んでいます。

翻って日本は……
国内に東京証券取引所をはじめ、大阪証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所など、いくつもの証券取引所があります。
これでも、神戸証券取引所、広島証券取引所、新潟証券取引所、京都証券取引所は統合されてきたので減った方です。

頼みの東証は、以前あった株式公開の計画が頓挫し目処がたっていませんし、デリバティブなど総合取引所化も話だけで進んでいるようには見えません。
海外証券取引所とは、NYSEユーロネクストやロンドン証券取引所や香港取引所とTOPIXのETFの上場など小規模な提携は進んでいますが、取引所レベルでの統合・再編には至っていません。

日本の法令では、海外の取引所は原則として日本の取引所の株式の20%以下しか保有できないことになっているそうです(出典:野村総研レポート)。これは取引所の独立性を守る趣旨で設定されているらしいのですが、これが海外との競争の足かせになってしまっているのかもしれません。

個人投資家としては、もし国内の証券取引所で世界中の株やETFが売買できたら、どんなに便利だろうと思います。
法律・会計上の課題、言語の課題などがあるのだと思いますが、実際にそれらを乗り越え、世界の取引所の統合・再編はどんどん進んでいます。
日本が独立性を守るあまり世界から取り残されて「ガラパゴス」状態になり、日本の投資家だけ不利益を被るようなことにはならないで欲しいと思います。
関連記事


  





コメント

せめて

海外との提携がむりなのであれば、せめて、国内の統合を。
東証1部と、新興株の2市場にしたらダメなんでしょうか?
東京と札幌とか、東京と福岡とか2市場以上に上場している企業にとってもそっちの方が手間かからなくていいと思うんですが。
素人考えですが。

>いわしくん

いやいや、ごもっともなお考えだと思います。
取引所は集約した方が企業のコスト的にも投資家の流動性的にも好ましいと思います。
新興企業に特化とかデリバティブに特化等という特徴があれば分散する意味もあるのかもしれませんが、単なる地域の分散では意味がありません。

反論を覚悟で私見を述べます。
集中とか統合、世界中とのリンクにメリットもあるけど、リスクを共有するデメリットもありそうです。

一極集中はその中枢がダメージ受けるとリンク先への波及は免れません。リーマンは主に先進国に著しい影響を及ぼしたがネット化が低い新興国へは比較的軽微だったとの説も聞きます(発端は1年前のフランスからとも)。

経済面の引き金のみならず、コンピュータシステムはネットワークが密接なほどセンターがサイバー(テロ)攻撃、地震等の天災に大きな弱点があります。その意味では、東証・大証が別々に稼働するのは有意義です。

集中にせよ分散にせよ十分な対策をとってもらうとともに、参加者も
その覚悟は必須でしょう。

>異端児さん

そうですね、と言いたいところですが、よく考えると大証にて東証上場銘柄が取引できるわけではないですよね。
サイバーテロや震災リスクをヘッジするには、システムを地域分散あるいは多重化すればいいわけで、取引所を分ける理由にはならないような気がします。

市場参加者が、取引したい時にできないこともあるという覚悟が必要なのは賛成です。

いつも相場観が素晴らしいな~と感心しながら拝読させて頂いております。

私は投資信託でローリスクミドルリターンのポートフォリオを構築し収益の最適化を目指していますが,まだまだです^_^;

今後もブログ楽しみにしています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)