>どうやら「他人を気にしない」「足るを知る」などができると幸福に近づけるのかもしれませんねなんて知ったようなことを書いたと...\" /> 「足るを知る」の難しさ - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

「足るを知る」の難しさ

以前、「年収650万円以上だと幸福感は収入に比例しない?」というブログ記事を書きました。
これは、稼げば稼ぐほどハッピーになれるのは世帯年収約631万円までで、それ以上だと幸福感は収入に比例しない、という内容でした。

この記事に対していくつかのコメントをいただき、私も返信を書きましたが、

>>どうやら「他人を気にしない」「足るを知る」などができると幸福に近づけるのかもしれませんね

なんて知ったようなことを書いたところ、hinoさんから鋭い再コメントをいただきました。
それがとても含蓄があり、且つ分かりやすかったので、あらためて記事で取り上げさせていただきたいと思います。(ご本人了承済み)

--- 以下、hinoさんのコメント ---

「足るを知る」の難しさ(雑文)

>水瀬さんへ

古来より「足るを知る」事が尊ばれるのは、その行いが希少で難しいからだと思います。

なぜ難しいかというと、人間の脳の機能が、「絶対評価」(=自分基準で満足→足るを知る)より、「相対評価」(=隣の人と比較しないと評価できない→優越感、嫉妬心)を得意とするからだと思います。(きっと、原始時代のご先祖様は、モノの価値を図るのに、真の価値(絶対評価)を測るのは難しいので、近似だけれどもお手軽に測れる手近なモノと比較・評価する方法(相対評価)を多用していたのでしょう)

そんな「足るを知る」なんて希少で難しい(=非人間的な)行いが出来る人は、「賢者」なんて呼ばれて人里離れた山奥に1人で暮らしていたりする訳ですが、邪推すると、実は脳の「相対評価」機能の働きを抑える為に、意図的に辺ぴな場所(=周りに比較対照物が無い)に住んでるんじゃないかと思う訳です。(でも、これってダイエットする為に、身の回りにお菓子を置かないようにする女子高生と行動パターンが同じ気がするのは気のせい?)

逆に、もし人間が相対評価を行わず、絶対評価が得意で足るを知る術を身に付けていたとしたら…、おそらくローマ時代あたりで満足して、人間の進歩は止まってるんじゃなかろうか?と思う訳です。絶対評価より相対評価が得意な人間は、嫉妬深く、貪欲で、常に足る事を知らない為に、豊かな現代社会に(運良く)たどり着いたのではないかと夢想する次第です。(今後発展する新興国の人達も、原動力はきっと同じでしょう)

…また、中二病的な長文を書いてしまった。恥ずかしい。

--- 以上、ここまで ---

「他人を気にしない」「足るを知る」というのはよく言われることですが、実際は難しいことです。
自分も心がけてはいるつもりですが、なかなか実践できていません。
その理由を、脳の働き、原始時代の生活、賢者の住まい、人類の進歩にまで絡めて、分かりやすく考察してくれていました。

東京はいま雪が降っており、予報によると週末まで続くようです。
外出しづらい天気ですので、たまには自分のなかの「幸福」や「足るを知る」について、じっくり思いをめぐらせてみるよいチャンスかもしれません。
関連記事


  





コメント

深い考察

いつも楽しく拝見させていただいております。

hiroさんのコメント
大変深い考察で、かつ押し付けがましくない文章が
素敵だなと感じました。
あるコメントに対して批判をするのではなく、
意見として、丁寧に自分の考えを伝えることは、
とても難しいです。
また、その意見をされて素直にいい意見だなぁと
感じることも素敵だと思いました。
ブログにおいて、このような意見のやりとりがあるのだと
雪の休日にすがすがしい気持ちになりました。

「足るを知る」を知ること

「足るを知る」「小欲知足」「少欲知足」という言葉、フレーズを知るだけでも、知らないのとは大違いの人生になるかと思います。もちろん水瀬さんの言うとおり、この心境をキープするのは難しいと感じる人の方が多いでしょう。
(別件ですが: 機会がありましたら、また赤井川のキロロへお越しください)

小学校卒業時に恩師から「足るを知り、足らざるを知る」の揮毫をもらい、50年後の今でも「奢ってはならないが、自尊心・克己心は必要」と心に刻んでおります。

私の好きな言葉

はじめまして、こんばんは。山崎元さんのコラムを読んで、こちらのブログにたどりつきました。足るを知らないと、とんでもないことが起きたりします。自分の精神状態をも崩し壊れる人を身近に見てきました。今あることに感謝して生きていきたいです。
一昨日、ほったらかし本を購入しました。今、読んでいるところです。

お金儲けと社会の幸福度

年収と幸福感、高収入は「足る」に値するかの問題は大きく個人差があります。

私は、「お金儲けは人生で邪道」の論には与しません。国も地方も結局お金に苦労しているのだし、お金がないために年金や医療の給付の縮小の懸念もあるし、ひとりひとりが経済的自立で他人に負担をかけない姿勢が求められます。

やはり才能・技量と努力で正当に稼げる人は高収入を得て、納税や寄付で社会に還元する美風を育てたいと思うのです。その意味で、動機はどうであれW.バフェット氏とか竹田和平氏の生きざまに敬意をもちます。

もちろん、八百長とか振込め詐欺、インサイダー取引、疑惑の政治献金とかは論外で、厳しく追及して過大すぎるほどのペナルティーも課し排除せねばなりません。

>ひつじさん

hinoさんのコメント、深いですよね。
ブログ記事本文よりもコメントでの意見のやり取りの方が有意義なことがよくあります。


>TKDさん

なるほど、「足るを知る」を知るだけでも意味があるということですね。

キロロはあの雪質が忘れられないので、また行きたいです。


>禅坊主さん

「足るを知り、足らざるを知る」
さらに含蓄のあるお言葉、ありがとうございます。


>うさぎさん

たどりついていただきありがとうございます。
また、本をお読みいただきありがとうございます。
何かのお役に立てば幸いです。


>異分子さん

「足るを知る」が大切なのと同時に、「恒産なくして恒心なし」「貧すれば鈍する」ということもあります。
バランスなのかもしれません。そういう意味では、禅坊主さんの「足るを知り、足らざるを知る」というのがしっくりきます。

> 水瀬さん
今回は、拙いコメントを取り上げていただきありがとうございます

いつも投資に余り関係ない話や、ついつい横道にそれがちな話ばかり書いていて、内心申し訳ないなーと思っているのですが、水瀬さんから、いつも暖かい返信を頂けるので、ついつい調子に乗って甘えています^^;
(前向きに考えれば、これも一種のポジティブ・フィードバック?)


> 禅坊主さん
「足るを知る」に対して、カウンター思考として、「足るを知る」なんて無理だけど、それでも良いじゃない(ダメ人間的、自己肯定)という話を書いたのですけど、既に「足らざるを知る」なんて言葉があったんですね。さすが先人の知恵はバネェっす。


(以下、また話が横道にズレます)

さて、では「足らざる(=不合理性)」を知った後、それにどう対処(応用)するかを考えてみたのですが、その例を3つほど。(偉そうな事いってますが、リンク先や本を紹介してるだけです)

①悪用する
 「不合理性」を悪用といって、インデックス投資家にお馴染みなのが、毎月分配型投信です。
 頭の良い金融機関の人が、一般投資家をカモる為に発明した悪魔の金融商品…(大げさに言いすぎw)
 詳しくは、下記の参考リンクをどうぞ。

 参考) 山崎元のホンネの投資教室 - Infoseek マネー http://money.www.infoseek.co.jp/MnSpecial/yamazaki_column9_gwm.html
 
 追伸)ところで、山崎さん的には「不合理性の悪用」は啓蒙すれば防げるというスタンスの様に見受けられますが、個人的には「わかっていても引っかかる」のが認知バイアスの怖い(=面白い)ところなので、実際は難しいんじゃないのかなと思ってます。
    啓蒙活動によって「毎月分配型投信=危険」という刷込み(パターン認識)に成功しても、また新たな手口が開発されたら、コロッと騙されるんじゃないのかな…(少なくても自分は騙される気がする)。結局はイタチごっこ?


②制度設計に応用
 悪用する話ばかりだと気が滅入るよ。「不合理性」を良い方向に利用できないの?(←私もこう思ってます)
 という人に、お勧めなのが下記の本。制度設計(アーキテクト)に「不合理性(本文ではナッジと命名)」を応用するという点がユニーク。

 参考)「実践 行動経済学 - 健康、富、幸福への聡明な選択」リチャード・セイラー、キャス・サンスティーン
  ・アメリカの給食(バイキング形式)で、野菜を食べない子供達に対して、陳列の仕方を変えるだけ(野菜を取り易い位置に変更)で、野菜の消費が増えた
  ・現在は「ドナー登録しない」がデフォルトだが、これを「ドナー登録する」をデフォルトに変えるべきという提言(ドナー登録したくない人は、葉書、電話など簡単な方法で変更可能とする)※人は面倒くさがってデフォルト選択を変更しない。
  ・注目すべきは、決して強制ではなく、選択の自由を保障している点。嫌ならいつでも簡単に変えられる。


③自己啓発に応用
 制度設計なんて大袈裟な事、自分には関係ないよ。もっと身近な事(個人)に応用出来ないの?
 という人には、下記の本がお勧め。自己啓発に「不合理性」を応用するという珍しい発想の本

 参考)「スイッチ!  - 「変われない」を変える方法」チップ・ハース、ダン・ハース

「足るを知り、足らざるを知る」追記

「足るを知り、足らざるを知る」に対して多面的なコメントをいただきました。私自身も小学校の恩師から教えられたので、それ以前からあった言葉ではあります。

類似語句に「天は人の上に・・・、人の下に・・・」の名句とか「上には上が、下にも下がある」とかもありますが、標題には金銭欲・物質欲に対する日常の心構えにもスポーツにおける記録更新、タイトル獲得(自分なりにはゴルフで100を切るとか・・・小ぃせーなァ!)向けて日頃の精進を求めた高度の精神性にも通じると思っています。

投資とか運用においても、行動心理学から「我慢」することの重要性も言われていますしネ。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

お金があれば幸福になれるのか?

繰り返されるテーマですが、お金と幸福の関係について。果たして幸福になるためにお金は必要絶対条件なんでしょうか? お金がなくても幸せな人はたくさんいます。途上国で国民の大多数が貧困層であったとしても、先進国と比較して幸福の総量が少なかったりすることは

足るを知ること

尊敬する梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんの記事に「足るを知る」についての記事がありました。 詳細はリンクより参照ください。 僕の尊敬するボーグル師匠も「足るを知る」についての本を出版され...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)