リタイア世代の資産運用の注意点は現役世代と同じ

今朝の日経新聞朝刊13面に、「老後資産 運用の落とし穴」という記事が出ていました。

記事をざっくりまとめると以下のとおり。
(分かりやすくするために、一部順番を入れ替えています)

(1)金融商品選びよりも先に運用に回してよいお金がどれくらいかを計算することが大切
(2)老後の資産運用についてのアンケートでは、①運用で希望する年平均利回りは「5~6%」、②運用期間に資産が目減りしても困らない割合は「元本割れしてほしくない」が一番多いが、そんな金融商品はない
(3)人気の毎月高い分配金を出す投信については、“分配金利回り”が高くても投資元本が目減りすれば、全体の利回りは下がることを忘れずに
(4)ある金融商品を『一般的』『人気です』と勧められたら要注意。「一般的な投資スタイル」というものはないし、人気がある時点でピークを疑え
(5)大原則は中身を理解できるものを選ぶこと
(6)自分でなく親や親しい友人がその金融商品を買おうとしたらどう助言するか、運用のプロならそれを買うか、第三者の視点で冷静に判断

記事は老後の資産運用の注意点について書かれていますが、私たち現役世代にも大いに役立つ内容になっていると思います。

投資本でよく見る言葉に直すと、

(1)は「リスク許容度の範囲内で投資する」ということ
(2)は「ローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターン」ということ
(3)は「インカムゲインとキャピタルゲインのトータルで判断する」ということ
(4)は「自分の頭で考える」ということ
(5)は「自分が理解できないものには投資しない」ということ
(6)は「感情に流されず合理的に判断する」ということ

といったところでしょうか。

こうして見てみると、リタイア世代の資産運用も現役世代の資産運用も、注意すべき点は根本的には変わらないように思えてきます。
その多くは、行動ファイナンスで言うところの「オーバーコンフィデンス(自信過剰)」や「後悔回避」や「メンタルアカウンティング(心の会計)」で説明できるような、人類共通の傾向(心のくせ)を戒める内容になっているように見えます。

しいて違いをあげるとすると、リタイア世代と現役世代では、(1)の「リスク許容度」が、労働による定期収入があるかないかによって変わるかもしれないということくらいです。
それも、日本の個人資産の約6割を60代以上が占めると言われている現状を考えると、労働による定期収入がないからといって、必ずしもリタイア世代のリスク許容度が低いとも言えない場合が多いかもしれません。年金という定期収入もあるわけですし。

そんなわけで、リタイア世代も現役世代も注意することは同じということで、いっしょに頑張りましょう。
関連記事


  





コメント

バイアスって面白いですよね、という訳で、私もいくつか思った事をカキカキ。

・オーバーコンフィデンス(自信過剰)
  そもそも自信(と資産)のない人が投資なんてする筈ない
  投資をする人は誰しも「一儲けしてやるぜw」と心の何処かで思ってる筈

・コントロール・バイアス
  「車(自分で操縦可能)の方が飛行機(自分で操縦不可能)より安全だ」
   →実際の死亡率は、車の方が断然高い。

  「自分で苦労して選んだ銘柄は絶対儲かる筈」
   →市場は、貴方が苦労したとか、気にしません。「苦労=満足感」にご注意。

・後付けバイアス
  「株なんて、底で買って、天井で売れば良いんでしょ」と、後からチャートをみて考えちゃう人、要注意。

やはり奴は現れた…

元記事もこの記事も良記事ですね(^^)

…この記事を読んだとき、「バイアスhino」を刺激する内容だと思ったら案の定w

たしかに、リスク許容度の範囲が個人毎に変わるだけで他は老若男女問わず共通の注意事項ですね。常に頭に置いておきたいです。

(3)の分配金については利益だと思っている勘違いが本当に多いです。(若い人含め)
買わせる側の説明も悪いのでしょうが、理解できないようでは投資を行わないほうが良いと思っています。

原則は同じですよね

運用の基本原則が同じなので、年齢はあまり関係ないのかも知れないですね。

(4)の「自分の頭で考える」こと がやはり大事だと思いました。
原則はあれど、世界は変わっていくので、変化に対応するために考える癖をつけるのが重要ですね。

KKRの実質リターンを見ると、
http://www.kkr.or.jp/shikin/report220308-data.pdf

国内株式 4.2 %
外国株式 4.2 %

と予想している。
名目リターンとして考えても、
①運用で希望する年平均利回りは「5~6%」
という希望は、強欲過ぎる気がしますね。

もちろん、KKRの予想が悲観的過ぎると言う意見もありますが。。。

賃金下落や税金に注意

現在のリタイヤ寸前の人は退職金を手にできる世代なので、リスク許容度は高い人が多いかも知れないです。
これから、賃金の下落と退職金を貰えない人たちがリタイヤする時は大きく状況は変わると思います。
それから、リタイヤ後でも第二の人生を送れる職場もあります。
どうしても、賃金の下落でリタイヤ後の生計が立てられない時は、最悪70歳まで働く、リスク許容度を下げた運用をするなど、工夫する必要があります。

それから、賃金のみならず財政的に日本の財政が厳しくなれば何らかの増税が考えられます。
例えば、今年の場合は給与所得控除を年収1500万円以上の人にはそれ以降は定額のままにするなどが考えられていますが、本当に財政が厳しくなると、もっと所得の低い人への課税が考えられます。
そうなれば、期待リターンは同じアセットクラスでも人によって大きく異なる可能性や、税金の引き上げその物まで検討されるようになると思います。
例えば、目先は特別法人税かも知れません(401Kの人は注意)。

(2)老後の資産運用についてのアンケートでは、
①運用で希望する年平均利回りは「5~6%」って言う数値は神話です。
実際には税金の影響があるので、特別法人税や投資関係の税金が引き上げられれば達成が無理な目標になると見ています。
更にリスクも高いので、賃金の下落に注意しないと後が大変です。

元本保証と期待収益率6%の矛盾

年配の方は何故か「元本保証」と「期待収益率6%」が
同時に成立すると考えてる人が多いのですよね。

これらは、恐らく以下の要因が大きいのではないかと。

要因1 企業年金(厚生年金基金等)の予定利率が5.5%だったから

要因2 終身保険等積立型の保険商品の予定利率が最大で6.25%だったから

要因3 旧郵便貯金の定額貯金が最大で6.33%を出していたから

が、中心として影響してるのではないかと。
見事に5~6%前後ですからね。

過去の成功体験(?)から中々抜け出せないのは
投資家としてその心情が分かり過ぎるほどわかるので、
仕方ない部分はあるのかなぁと。

リタイア世代の資産運用ですか・・・
60歳以上でも"働ける"のも立派な資産運用かなーと思います。
働いていてもいなくても、生活費のコストはほぼ同じなので、月10万円でも稼ぐことができるのなら、
これほどのローリスク・ハイリターンな運用はないと思っています。

あと、いかに資産を掠め取るかのような金融商品に手を出さない知識が見えにくい大きなリターンなんでしょうね。
もっと、基礎的知識が当たり前になってほしいです!

>hinoさん

バイアスにはいろいろありますよね。
この記事の場合、オーバーコンフィデンスは、(2)のローリスク・ハイリターンな商品を自分は選べると思ってしまう、(4)の人から勧められたものでも良いものかどうかは自分で判断できると思ってしまう、(5)のあまりよく分からないがきっと良いものに違いないと直感的に思ってしまう、あたりが該当するのかなと思いました。
コントロールバイアス、後付けバイアスもありそうですね。


>虫とり小僧さん

冬月:15年ぶりだね。
ゲンドウ:ああ間違いない。hinoだ。

冬月:やはりBAフィールドか?
ゲンドウ:あぁ。hinoに対し通常投資理論では役に立たんよ。

※BAフィールド…(Bias FIELD)
すべての事象をバイアスで説明してしまう華麗な精神領域


>kenzさん

リタイア世代ならまだしも、資産形成層の(3)の勘違いは由々しき事態ですね。
毎月分配型投信を分配金再投資コースで積み立てている人も多いとか。


>PETさん

(4)自分の頭で考える、は本当に重要ですね。
一般に信じられている投資の常識も実は間違っているということが往々にしてあるようです。
山崎元氏などに指摘されてドキっとすることが多いです。


>名なしさん

今見ると強欲に見えますが、昔は違ったのかもしれません。
KKRは株式クラスの期待リターンを、「短期金利+リスクプレミアム4.2%-委託手数料」で計算しているようです。
昔は短期金利が高かったので、期待リターンももっと高かったのでしょうね。

楽天稼業さんが興味深い考察をしてくれているので見てみてください。


>タカちゃんさん

賃金下落や税金に注意というご意見、ごもっともだと思います。
賃金下落は続き、税金も上げられようとしています。
目標利回りは、もっと厳しく見ないといけないのかもしれませんね。


>楽天家業さん

深い考察、ありがとうございます。
私はなんとなく要因3なんじゃないかなと思って記事を書いていました。郵貯で5~6%という時代もありましたからね。
ただし当時はインフレ率も高かったので、今その利回りをそのまま求めても無理があるなと思っていました。


>かえるさん

>>60歳以上でも"働ける"のも立派な資産運用

人間の稼ぐ力を人的資本を考えるなら、リタイア後も働くことは資産運用かもしれませんね。
ただ、この考え方には賛否両論あるようですが。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)