全世界株式ETFと豪州リートETFが国内上場!

日興アセットマネジメントは、新興国を含む世界株式に投資するETF「上場MSCI世界株」(1554)、豪州REITに投資するETF「上場Aリート」(1555)を3月に東証に上場すると発表しました。

日興アセットマネジメント プレスリリース
2011/02/14 「世界株式」と「豪州リート」、2本のETFを新たに上場

販売資料によると、商品概要は以下のとおり。

「上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本」(愛称:上場MSCI世界株)(1554)
 MSCI ACWI ex JAPAN インデックス連動・信託報酬年率0.315%(税込)
「上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT)」(愛称:上場Aリート)(1555)
 S&P/ASX 200 A-REIT 指数連動・信託報酬年率0.4725%(税込)

また国内ETFのラインナップが充実することになります。

「上場MSCI世界株」(1554)は日本を除く全世界株式クラスで、これ1本で新興国を含む44カ国に投資できます。
これと日本株式クラス(1306など)のETFを組み合わせれば、全世界株式ポートフォリオが完成です。

ただ、既に上場している先進国株式クラスの「上場MSCIコクサイ株」(1680)と新興国株式クラスの「上場MSCIエマージング株」(1681)を85:15くらいの比率で組み合わせることで同じ効果が得られるとのこと。
「上場MSCI世界株」(1554)の信託報酬が年率0.315%で、「上場MSCIコクサイ株」(1680)と「上場MSCIエマージング株」(1681)の信託報酬がともに年率0.2625%なので、組み合わせる方がコスト的には安くあがります。
差分の0.0525%分は、リバランスの売買手数料と手間賃といったところでしょうか。

一方、「上場Aリート」(1555)は豪州REITクラスですが、中身は、保有資産(不動産)の49%が豪州、33%が米国、14%が英国、残りの4%がニュージーランドになっており、このETFへの投資を通して世界各国の不動産に投資をすることができます。
豪州が多目のグローバルREITという感じですね。

2本とも、個人投資家の資産運用のコアになり得る国内ETFだと思います。
例によって、国内ETFは「市場価格と基準価額の乖離」という課題がありますので、出来高とあわせて、上場後の動向を見守りたいと思います。

とにもかくにも、日興アセットマネジメントさん、グッジョブ!(^^)b

関連記事


  





コメント

個人投資家を意識した設定のETF?

上場Aリートに注目しています。
問題は配当課税がどうなるのかに注目したいです。
要は外国税額が10%で有れば米国ETFと変わらないのですが、税率がこれよりも高い可能性があり、確認をする必要があります。
隔月分配らしいのですが、税金の問題さえ解決されれば投資したいです。
今まで有りそうで無かっただけに嬉しいです。
それから、これはグロソブキラーや通貨選択型投信キラーにもなり得る信託報酬の低さなので、奇数月分配と合わせて年金生活者としては使い勝手が良さそうです。
もうそろそろ、期待リターンは信託報酬を差し引くと0%に近くなるようなつまらない高コスト毎月分配型投信に卒業できるようにと思います。

豪州リートの配当課税

日興に電話して問い合わせてみたところ(所要時間5分w)、豪州リートは現地での配当課税が15%らしいです(一番最近の利回りは6.6%)。
…分散の一助にはなると思いますが、個人的には豪ドルの為替リスクがちょっと大きいような気がしてます。世界のリートに投資しているアメリカの主要リートには、既にS&P500を通じてわずかに投資しているので、特に今回の商品は買わないかなぁ。。

全世界株式ETFは先物運用だから配当課税なし(こちらは皆さんご存知だと思いますが…)


投資判断は個人のものですが、日興さんの前向きな商品開発はアッパレですね!!

税制面では不利ですね

上場Aリートの配当課税は現地で15%、不動産売却益に対するキャピタルゲイン課税は現地で30%だそうです。
豪州は租税条約を結んでいますが、このETFでは外国税額控除の適用はないそうです。
また、運用報告書から現地源泉税の内訳をみる事はできないそうです。
更に、日本国内では配当、キャピタルゲインに対して住民税3%、所得税7%が別途かかります。

ひとつミスしたのは、連動する指数が配当込みなのか配当無しなのかを聞くのを忘れていました、これは後日、聞こうと思います。

>タカちゃんさん

貴重な情報提供ありがとうございます。
現地の配当課税は15%、キャピタルゲイン課税は30%ですか。
けっこうかかるんですね。


>虫とり小僧さん

ご承知のことと思いますが一応。
豪ドルの為替リスクを負うのは、ETFの豪州不動産投資分(49%)だけですよね。

それにしても、次から次へと繰り出される日興アセットさんのチャレンジは応援したいですね。

上場Aリートの国別投資比率

実は昨日、上場Aリート(1555)におけるウェストフィールド以外の組入れリート銘柄内の国別投資比率も日興に聞いてみたんです。

そしたら回答は「よく分からない」とのことでした(笑)

たしかに「S&P/ASX200 A-REIT index」のなかで4割近くを占めるウェストフィールドは、半分くらいが豪州以外への投資となっているようなのですが、インデックス構成比率10%強で第2位のストックランドなどは、ほぼ豪州内の不動産に投資しているようです(数値を見たわけではありませんが、ネットで拾った日本語の文字情報ではそのように読みとれました。これとか→ http://www.cmam.co.jp/upload/link/file01435.pdf )。そんなことから上場Aリート(1555)の豪州以外への投資比率は最大でも50%くらい、最小だと20%くらいになるのかなぁ…な~んて推測していました。。

上場Aリート(1555)のトータルな国別投資比率が知りたいところです。英語が読めれば、もっと多くの情報を拾えてスッキリできそうなのですが(苦笑)



…日興さんは、以前に「先物のマザーファンドを使って色々なETFをつくりたい」みたいなことを言ってましたが、全世界株式ETFなんかをみてるとまさに有言実行なうですね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

【上場MSCI世界株】(銘柄コード:1554)、3月8日東証に上場!

JUGEMテーマ:資産運用  -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)---------------------------------------------------...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)