銀行顧客が投信に回帰というけれど 【追記あり】

今日の日経新聞夕刊1面トップに、「銀行顧客 投信に回帰」という記事が出ています。

【日経新聞2011年2月18日夕刊1面より引用】
銀行顧客 投信に回帰
銀行窓口での投資信託の販売が回復してきた。2010年の販売額は7兆5368億円となり、前年比で7割増えた。低金利が続くなかで預金残高の伸びが鈍り、顧客が相対的に高い利回りが期待できる投信へと資金を振り向けている。
【引用おわり】

見出しには「昨年の窓販7割増、伸び最大」「預金以外に資産分散」「新興国型が人気」という言葉が並び、記事の大半はこの現象を好意的に捉えているようでした。
たしかに、リーマン・ショック後、元本割れリスクがない銀行預金に集まっていたお金が、投信に戻ってきているようです。

ただ、気になるグラフが記事の真ん中に出ていました。

銀行経由の投信販売動向のグラフ
(日経新聞2011年2月18日夕刊1面より)

銀行を経由した投信の販売動向として、販売額と資産残高がグラフになっています。
あれ?
09年から10年にかけて、販売額は伸びているけど、資産残高は伸びていない。いや、少し減っていないか?
もしかして…。
記事の最後にはこう書かれていました。

「外貨建ての商品で円高による目減りがあるものの、販売額が増加するなかで残高は横ばいで、手数料を増やすために商品の乗り換えを促しているとの声が出ている」

銀行経由投信全体のアセットクラスの内訳が分からないので相場の影響については何とも言えない部分はありますが、少なくとも、販売額が7割伸びたのに残高が減ってるというのは、少しおかしい気がします。
記事が指摘している手数料目的の商品乗り換え促進は、投資家が保有している投信を売却させて新しい商品を購入させる、いわゆる「投信の回転売買」です。
これは、かつて証券会社が販売手数料を荒稼ぎするために行なっていた(今も行なっている?)、日本の投信の悪しき伝統です。
それが銀行でも行なわれているとするなら、暗澹たる気持ちになります。
<ご参考>
2011/01/29 続・知っておくべき日本の投資信託の黒歴史

それでも、投資家本人が理解・納得して買っているならいいと思います。
しかし、売れているのが「通貨選択型」の「新興国債券投信」となると、それも甚だ疑問です。
一般に新興国債券は高い金利が魅力のようですが、金利平価説によると、金利が高い国の通貨は先々減価する傾向にあると言われています。
また、通貨選択型投信は、投資対象資産のリターン、為替ヘッジプレミアムによるリターン、選択通貨の値上がりによるリターンの3つの収益獲得を目指した複雑な商品です。

これらの仕組みとバランスが理解できるかた以外は、いくら銀行員に勧められても、よく言われる「自分が理解できないものには投資しない」という原則に従っておいた方がいいかもしれません。


<追記>2011/02/19
ブログをアップした後のツイッターでのやりとりで、実は、日経新聞2011年2月18日夕刊1面トップの「第1版」には、記事最後の「外貨建ての商品で円高による目減りがあるものの、販売額が増加するなかで残高は横ばいで、手数料を増やすために商品の乗り換えを促しているとの声が出ている」のくだりが記載されていないことが分かりました(ちなみに私の手元にあるのは「第4版」)。
記者さんが「最後の良心」で後から付け加えたのか、批判回避の言い訳として「リスクヘッジ」したのかはわかりませんが、こんなこともあるんですね。
関連記事


  





コメント

ちょこっと呟いたこともありますが…

僕の親戚のおばさんも、某メガバンクから毎月分配型の豪ドルファンド(申込手数料ガッツリ)を売りつけられていました(怒)。…「現在、大変な損をさせてしまって申し訳ないので、今度は間違いのない投資信託をお勧めしてます!」とツッコミどころ満載の営業トークを販売員にささやかれて、その言葉に感動して、保有していた同じような外債ファンドを売って回転売買させられてしまったそうです(涙)

以前におばさんからは相談を受けたことがあったので、実際に何度か電話で窓口のボッタクリ販売員を撃退したこともあるのですが、彼らは懲りずに「あしたのジョー」並みのチャレンジャー精神で過剰な年金保険・他国通貨建ての債券・怪しい仕組み預金などを次から次へと勧めてきたようです。何か勧められたら必ず相談するようにとは言っておいたのですが、おばさんにとっては銀行員との接点が社会との数少ない貴重な交流の機会だったりしたのかもしれません。。

そんなに多くのケースを見たわけではありませんが、メガバンクの販売員でも、しっかりとした知識を持っていることが少なく、ボッタクリ商品を売りつけていても、自分では良い行いをしていると洗脳されていることが多いように感じます。実際には、インデックスファンドなんかは当然のこと、ノーロードの商品があることすら知らない販売員に会ったことがあります(逆にその販売員にレクチャーしちゃいましたw…もちろん、自分が正しかったかどうかは分かりませんが)。

んまぁ、自分も営業やってたので、彼らの気持ちやそうせざるを得ないシステムは分かるし、ボッタくられる人がいてこそ景気は良くなるとの解釈もできます。それから、水瀬さんもたまに小さな声で言ってますが(笑)、ボッタクリ投信で稼いでいるからこそ、利幅の少ない低コストのインデックス投信を販売できるって側面もあるでしょうしね(銀行窓販の場合はあんまり関係ないかな?)。

この世はジレンマだらけですな。

契約転換

業種は違うが、生命保険の契約転換と同じようなセールスでは。。。
今まで支払った保険料の積立部分を取り崩して、新しい保険にすると保険料が安くなりますと生保レディが薦める。しかし、旧保険と新保険で支払う保険料の総額に対する払い戻し金は、旧保険を継続する場合に比べて率が悪くなる。知らず1回目その手に乗せられて契約転換した。2回目も薦められたが、今度は断ると生保レディの機嫌が悪くなった。
投信も保険も消費者が金融リテラシーを高めると、販売する金融機関も従来の販売手法が通用しなくなる。まだまだ舐められているとつくづく感じる。かもリーマンにならないように勉強しましょう。

それでも僕らは続けていきましょう

水瀬さん・虫取り小僧さん・ryoさんへ
本当に自分の家族や友人にでさえ、なかなか本来の投資を理解させられない状況があります。確かに日本って本当に先進国?と疑われる状況だったわけですが・・。
それでもこんなつながり・地道な継続がいつかは実を結ぶ・・・本来の投資が主流になり、それに続いて金融業界があるべき姿になっていくことを信じながら、僕らは続けていきましょう・・。

銀行員も忙しくてしっかりした投資の勉強をしている人は少ないと思います。外債投信も同じ投信を1ヶ月分配型、3ヶ月分配型、1年分配型と3種類買わされてる人もいます。まさに分配期間別の分散投資です。為替ヘッジありとなしの分散投資もあります。金融知識がない人に対して、何でもありの売り方は悲しくなります。

私の友人の親も定期預金解約時に老後の為と言われて、
外貨建ての変額個人年金勧められたけどどうしようと
相談された事があったりします。

そもそも人の財布の中身を自由に閲覧できる銀行窓販自体に問題がありますよ。
銀行側も事業者向け貸し付けだけではどうにもならなくなって、
結果的に国債を大量保有したり、リテール伸ばそうと違法レベルの販売攻勢掛けたり。
気持ちはわかるけど、資金の出元の銀行が適合性の原則無視するってどうなのよと。

株式会社が利益追求するのは当然なので投資家的視点に立てば
利益至上主義が悪いとは言いませんが、その分国民の生命と財産が
危険にさらされている現状をもっと理解して欲しい。

いっその事ハイリスクの商品を売るなら
もっと社会に貢献できるような商品を売って欲しい。
金は天下のまわりものとは言っても、
投資先が日本に対してリターンを生まないような
純流出資産への偏重だけは止めて欲しい所です。

なんか凄い事になっていますね

基本的には銀行で買うとロクな事がないです。
銀行は基本的にはお金の決済のみに使う、または高金利預金(何の変哲のない定期預金)目的以外は使いません。
それから、適合性の原則を順守するようになると売れる商品が無いのが実情だと思います。
その他にも銀行員はあくまでも営業マンであって、投資の専門家ではありません。
効率的市場仮説1つ知らない人が販売をしています、仮に知っていたとしても顧客には言わないでしょう。
そこで銀行員に聞いてみます、「そんなに良い商品ならば銀行員のボーナスは全て投信で完結しリタイヤするまで売却できないようにしたらどうですか」って?
勿論、毎月分配型ならば現金分配(ボーナス)を実現しますって。

タカちゃんさんの仰る通り、
「銀行窓販は適合性の原則を順守するようになると売れる商品が無い」
まさにこれが問題なんです。

そもそも証券会社に口座を開設する人は
少なくとも金融商品を買う為の意志が存在します。
ですから、仮に適合性の原則に反した販売がなされたとしても、
重要事項の見落としは説明を充分に理解しなかった、
或いは理解するまで説明を求めなかった消費者側にも
問題があるかもしれないと言う判断が持てる場合もあります。

しかし、銀行窓販は違います。
銀行は財布代わり、金庫代りに口座を開設される方が殆どです。
確かに定期預金や普通預金という金融商品に投資はしていますが、
それは、利用者側に金融商品へ投資をしているという感覚は
少なくとも一般レベルでは感じていない所であるのは
金融リテラシー上の問題で盛んに議論される所です。

ですから、本来であれば証券会社よりもむしろ
銀行窓販の方がより高いレベルで適合性の原則を順守しなければ
いけない事は、その消費者側の理解度の程度を考えれば
当然であり、また、しなければならないという認識でいます。

にもかかわらず、売れるから売る、業績の為に売ると言う姿勢は
企業利益追求としては当然の行為ながらも、消費者契約的考えに立てば
これほど問題のある行為は無いと考えています。

また、その説明する側にも十分な知識が無いというのも問題であり、
私個人としては人の財布の中身を見れる銀行窓販自体に否定意見というわけです。

私個人の意見としては、銀行窓販用に説明も簡素で済み、
消費者にも理解のしやすい金融商品を開発して頂くのが、
供給側サイドに求める所であります。

>この世はジレンマだらけ
虫とり小僧さんの意見に同感です。

>おばさんにとっては銀行員との接点が社会との数少ない貴重な交流の機会
私のおばさんも
電気店に行けば、”よく話をきいてくれるいい店員さん”から、家電製品を買って帰ってきますし(その電化製品は全く使っていません)、
お茶さんでは、”世間話の相手になってくれるよい店員さん"から、飲まないお茶を数万円分大量に買ってきます。
一部の人にとっては、お金を損してもいいから、心の寂しさを埋め合わせてくれる人との出会いを求めているのかも。


>ボッタクリ投信で稼いでいるから低コストのインデックス投信を販売できる
インデックス投資という意味では合理性がない購入者の行動も、それぞれの人には意味のある社会行動なのかもしれませんね。
非常に難しい問題ですが。。。



もちろん、その他の人には単に銀行販売でだまされたという人もいるでしょうから、そういう人には投信販売の悪しき風習は改善すべきであることは言うまでもありません。

>虫とり小僧さん

うちの親も、退職後に直接銀行ではないのですが系列のみ○ほインベスターズ証券からあれやこれやしょーもない金融商品を勧められ、どれも断っていると「じゃあいったいどんな商品がお望みなんですか!?」と逆ギレされていました。
もうね、なんというか。


>ryoさん

たしかに個人投資家は舐められていますね。
基礎的金融リテラシーを身につけて、明らかにダメなものには「No!」を言えるようになりたいものです。
逆に、知識があればあえてハイリスクなものにも投資するのは全然ありだと思います。


>ogachi(田舎の酔っ払い)さん

なにが正しいのか難しいところ(投信の回転売買でも儲かればよいと考える投資家もいる)ですが、今までもこれからも、投資家目線で自分がよいと思う情報を情報発信していきたいと思います。


>としちゃんさん

「分配期間の分散」というのは初めて聞きました。
インカムゲインとキャピタルゲインを合計したトータルリターン的には変わらないんじゃないですかね。
分散になっていない(^^;


>楽天家業さん

仰るとおり、顧客の資金の動きを見られる銀行(証券会社は死ぬほど羨ましいはず)は、より慎重な行動が求められると思います。
メガバンクが「ブラジルレアル建ての新興国債券ファンドが売れる」とか言っている時点で、かなり暗い気持ちになります。
窓口の銀行員が、今の相場状況でレアル円が1円高くなるとそのファンドはどのくらい下落するのか、金利が1%上がるとファンドはどのくらい下落するのか、くらいはざっくりとでも説明できないと通貨選択型債券ファンドのリスクを投資家に理解させることは厳しいと思いますが、現場はどうなっているのでしょうね。


>saru999さん

そこらへんは難しいところですね。
なにを大切にするかはその人の人生観にも関わるので、全員があらゆることに合理的であれというのは無理な注文かもしれません。
ただ、金融商品については電化製品などと違って、家計に与えるダメージが巨額になる場合があるので、人生観の問題で片付けていいのかどうか…。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

銀行窓販の肉食化

銀行窓口での投資信託販売が好調のようですが、問題も多いようです。 日経新聞2011年2月18日夕刊1面 ~~~~~~~~~~引用開始~~~~~~~~~~  銀行顧客、投信に回帰  昨年の窓販7...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)