「狂信的なインデックス主義者」と言われないための3つのポイント

私はこうしてインデックス投資ブログを書いているわけですが、モーニングスターに「えっ」と驚くような記事が出ていました。
米国モーニングスターコラムで、『「狂信的なインデックス主義者」の暴走を止めよ』というタイトルです。

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、米国では、『80-90年代の投資の議論においてインデックス投資業界は理性を保っていたが、現在は正しい方向に議論を前進させるよりも二極化させる主張ばかりが目立ち、信用に値する声がかき消されている。(中略)あるときから多くのインデックス主義者たちは、「インデックス投資は優れている」という誠実かつ有用な主張でなく、「インデックス投資以外はすべて劣っているうえに、道徳的にも疑わしい」という極端に攻撃的な主張を唱えるようになった』とのこと。

インデックス投資は優れているというだけでなく、「それ以外は道徳的にも疑わしい」と周りを攻撃しだすとさすがに行き過ぎという気がします。
個人投資家や運用者が、インデックス超過リターンを目指して運用することや絶対収益を目指して運用すること自体、資本主義経済において至極真っ当な行動であり、道徳的に責められることはなにもありません。

しかし、日本でも掲示板やブログなどで、インデックス投資を信奉するあまり、その他の運用を執拗に攻撃し、論争になっているのを見かけることがあります。
気持ちは分からないでもありませんが、実は、インデックス運用とアクティブ運用は持ちつ持たれつの関係なのです。
意に反して「狂信的なインデックス主義者」と言われないためにも、知っておきたいポイントを3つあげたいと思います。

(1)インデックスを上回る投資家は「必ず」存在することを知る

よく「アクティブファンドの6~7割はインデックスを上回れない」というデータが取り上げられ、インデックス投資の優位性が語られます。
これはインデックス投資家にとって都合がいいデータなのですが、逆に言えば、「アクティブファンドの3~4割はインデックスを上回っている」とも言えます。
そのアクティブファンドを事前に選ぶのが極めて困難なのがミソなのですが、存在として、インデックスを上回る人というものは必ずいるんだということを覚えておきたいところです。
あなたが得意になってインデックス投資の優位性を説いているその相手は、インデックスを越えるパフォーマンスを楽々とあげているかもしれないのです。

(2)インデックス投資家は「フリーライド(タダ乗り)」していることを知る

ご存知のように、インデックス運用は市場平均(指数)に投資するので銘柄選別をしません。それは、アクティブ投資家がコストをかけて発見した価格にフリーライド(タダ乗り)しているとも言えます。
アクティブ投資家からすれば、「そもそも株価というのは、アクティブ投資家が個別企業を一生懸命に調べて、リスクとコストを背負いつつ、売買し勝負するからこそ適正な価格が付くのであって、それにタダ乗りするインデックス投資家はけしからん!」というわけです。
これについては、至極ごもっともなご指摘であり、インデックス投資家としてはゴメンナサイと言うしかなさそうです。

(3)インデックスファンドは赤字で他の事業から「補填」してもらっていることを知る

インデックスファンドはただでさえ信託報酬が低く利幅が少ないのに、日本ではまだ市場規模も小さい(リテール向けは)ため、運用会社としてはまだ赤字事業であると思われます(年金など機関投資家向けは別)。
その赤字を、他のアクティブファンドの利益や機関投資家向け投資顧問料などから補填しているというのが実態ではないでしょうか。
個人のインデックス投資家としては、高いコストを支払うアクティブ投資家や大規模な投資家に支えられて、低コストな運用を享受しているという面があるのです。


以上、3つのポイントを頭に入れておけば、いたずらに「インデックス投資最強!」とばかりに他の投資家を執拗に攻撃するのは得策ではないことが分かると思います。
もちろん、インデックス投資家も、多くの場合積み立て投資により市場に資金を供給している(特に誰も買いたがらない下げ相場の時にも)わけだし、リスクもそれなりに取っています。
アクティブ投資家を含む市場全体にとって役に立っている面もあるのですから、必要以上に萎縮する必要はないとは思います。

ただ、無用な争いをしかけ「狂信的なインデックス主義者」というレッテルを貼られたりしないよう、節度ある振る舞いをして、うまく共存共栄できたらいいなと思います。
関連記事


  





コメント

水瀬さんの挙げた1~3も微妙なところですね。1は水瀬さんも書いている通り、事前に選べない事が問題なのであって、パフォーマンスの良いアクティブファンドがある事は問題ではありません。また、2と3に至っては、インデックスファンドは自身が投資した額に留まらず、他者の努力やリソースをも取り込める素晴らしいファンドという事になります。
ですから、1~3も狂信的な人をより狂信的にさせるような気がします…

なるほど

こんにちは。
何事も押し付けは良くないということですね。
私はアクティブファンドで少々利益がでました。でも、インデックス投資のほうが何だか理解しやすくて良さそうなので、これからはインデックス投資に変えようと思いました。ほったらかし本、わかりやすくて良かったです。これからは生活の質の向上に努めたいと思います。投資に振り回されちゃうタイプみたいで、趣味の手芸も最近は手につかず。。。

インデックス投資は適度にマイナーであれ

水瀬さま

自分もインデックス投資は無視されない程度に認めてもらう必要があるものの、市場が効率的であってもらわなければいけないのでメジャーにはなってはいけないと考えています

やはり、「インデックス投資は適度にマイナーであれ」と謙虚でなけれいけないのでしょうね

「インデックス投資は必ず儲かるわけではない」も必要じゃないかな。そこを忘れてるインデックス投資家は結構いるみたい。

アクティブファンドにも社会的な意義がある?

まさにその通りだと思います。
インデックス投資が優れていても、インデックスが万能だと考えている訳ではありません。
株式に投資する場合で「ひふみ投信」のようなアクティブファンドにも注目しています。
現金比率を機動的に変える事でより高いパフォーマンスを目指しているようですが、既に「さわかみファンド」では失敗している点についても見ている筈だと思います。
アクティブファンドでも、より良い競争で投資家の信頼を獲得してほしいと思います。

勿論、単なる手数料稼ぎの投信も投信会社の立場として見れば、これがあるからインデックスファンドやETFなど、手数料の安いファンドも出せる事情もあるので、我々はある意味、犠牲者の手数料の上で成り立っているとも言えそうで難しいです。

ネットリターンで見てみたら

SBI Fund Bankから、コストレシオ、ネットリターンの一覧表をみました。
普通に言われるリターンランキングとはまた大分様相が違うので興味深く、
自分の保有するアクティブファンドとインデックスファンドの比較もしてみたところですが。。

コストレシオの高いアクティブファンドにはなるほどと思うような高いパフォーマンスのものもかなりあります。
人気がある大型アクティブファンドがネットリターンでみると同種のインデックスファンドにパフォーマンスでは負けていたり・・面白いです。
ここにコメントされる方ならば、とっくにやっていることかもしれませんが。。

意思決定と戦略があれば、投資手法は何でもOKかと

自分、ちょっと「インデックスこそ万歳」な方によりかけていたので、振り返ってみようと思いました (インデックス派なのは変わりませんが...)
価値観が違うからこそ取引が成立すると思うので、色々な考え方があって然るべきと思います(そういう意味では、株式投資をしないという価値観も大事にすべきでしょうか)

ただ、(3)のインデックスファンドが赤字というのは、ちょっと不思議でした。商品として成立する程度までは信託報酬を上げても良いのでは...? と思ったりしました。そこまでサービスしなくても...と。

ほんとうに赤字だったら、長続きしないことになるので困っちゃいますね^^;

アクティブ投信がインデックス投信に勝てないのはコストが大きな要因だと思います。アクティブもコスト面でインデックスを上回れば十分に勝てます。誰もやりませんけど(´・ω・`)

>ガウスさん

そのように解釈するかたもいらっしゃるかもしれませんね。
せめてガウスさんはそうなりませんように。


>うさぎさん

本を読んでいただき、ありがとうございます。
いろいろな投資法がありますが、自由時間を多く確保できて生活の質を上げるのにはインデックス投資が向いているかもしれません。


>Zelkovaさん

>>インデックス投資は適度にマイナーであれ

↓以前、このあたりの記事で議論になったことがあります。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-371.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-375.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-376.html


>デビさん

それはインデックスとかアクティブとか以前のお話ですね。
この世に「必ず儲かる」投資法などというものはないと思います。


>タカちゃんさん

どんな資産がいつ上がるのか(もしくは下がるのか)が分かる方は、わざわざインデックス運用で分散投資などしないで、値動きが読める資産に集中投資・タイミング投資した方が合理的だと思います。
私にはそんな力はないので主にインデックス運用を選びます。


>komaさん

単年で見れば、インデックスを上回る高コストアクティブファンドもけっこうあります。
いろいろ調べておめがねにかなうファンドを探してみてください。


>PETさん・kackyさん

赤字といっても、あるリテール向けインデックスファンド単体で見た場合のことです。
だいたい巨大なマザーファンドがあって効率的な運用がされているはずですし、大きな年金資金をインデックス運用をしていたりするので、必ずしも運用会社のパッシブ事業全体が赤字なわけではないと思います。

金融商品は全て数字の世界なので、グローバル化の影響も受けやすいのだと思います。
特にコスト重視のインデックス商品は、米国バンガードやフィデリティの超低コストインデックス商品と比べられるのでしょうね。

> (2)インデックス投資家は「フリーライド(タダ乗り)」していることを知る

インデックス投資家はインデックス投資家が増えないような言動をすべきであろう。
(「オーバーコンフィデンス」があるのでアクティブ投資家は減らないだろうけど。)

もし、
世の中のほとんどがインデックス投資家になったなら、
残されたアクティブ投資家は(インデックスよりも)高いパフォーマンスを得るだろう。

私もはインデックス投資に軸足を置いているが、
不道徳なのはインデックス投資家のほうだろうと思う。

>774さん

そのお話は、以前の議論で決着がついたと思っております。
もしご興味がありましたら、Zelkovaさんへのコメントレスにあるリンク記事をご覧ください。

想定内かもしれませんが

本を出版したことでブログでのコメントや
ブログへのリアクションが変化してませんか?
応援してます。ムリせず長続きしてほしいです。
私にとってこのブログは貴重で大切なメディアです。

>akさん

応援ありがとうございます。
本の出版も関係あるのかもしれませんが、普段から、記事の内容や相場動向などいろいろな要因で、ブログへのコメントやリアクションは変化し続けているようです。
そういうものだと思ってやっています(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

これはインデックス投資ですか? はい、アクティブ運用です

ネタ元: 「狂信的なインデックス主義者」と言われないための3つのポイント (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー) (2)インデックス投資家は「フリーライド(タダ乗り)」していることを知る ご存知のように、インデックス運用は市場平均(指数)に投資するので銘柄...

「狂信的なインデックス主義者」って実は・・・

JUGEMテーマ:資産運用 -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)--...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)