日経、またもやしょーもない「利回り比較表」

今朝の日経新聞4面に、「満期マネー 安全志向」という記事が出ていました。

記事をひと言でまとめると、「1月から始まった個人向け国債の大量償還に対して、金融機関は投信への資金流入を期待していたが、ふたを開けてみたら預貯金・国債が多くて肩透かしだった」という内容でした。
内容自体は「ああそうですか」という程度なのですが、その記事に「主な個人向け低リスク型金融商品の利回り」という比較表が出ていたのが目にとまりました。
その「利回り比較表」では、定期預金、定額貯金、個人向け国債、国内債券型投信を「利回り」という言葉で括って比較していました。

去る1月14日、私はブログ記事で、日経新聞の「利回り比較表」がひどいというとことを取り上げました。
<該当記事>
2011/01/14 利回りの比較?

その表では、投信、社債、株、国債、定期預金を「利回り」という言葉で括り比較していました。
それぞれの商品の「利回り」は、投信は公募投信の平均分配金利回り、社債は明記されてませんがおそらく昨年発行の利率、株は東証1部平均の配当利回り、国債は昨年10月発行の3年債と10年債の利率、定期預金はメガバンク1年物の利率という、期間もバラバラだし、元本固定の商品と変動する商品を一緒くたにしているし、投信の分配金利回りなどという珍妙なものを利回りとして並べていたりと、とにかくひどいものでした。
コメントにも「これはひどい」という内容が並びました。

ちなみに、山崎元氏も週刊ダイヤモンドのコラム「山崎元のマネー経済の歩き方」で「利回り比較にだまされるな!」というタイトルで同様の指摘をされていました。

そして今日、またもや日経新聞に「利回り比較表」が出ていたので、がっくりきました。
photo_20110224.jpg
(日経新聞2011年2月24日朝刊より引用)

ただ、今回の比較表は、いまだにおかしな点はあるものの、若干の「改善」が見て取れます。
まず、定期預金、定額貯金、個人向け国債の3商品に関しては、期間を3年に揃えています。(前回は1年物や3年物や10年物まで期間はバラバラでした)
そして、国内債券型投信の「分配金利回り」には注記が付いています。そこには、
「投信の分配金利回りは過去1年の分配金支給額を基準価格で割って算出。運用損益とは異なる」
と書かれています。
前回に比べれば少しマシになったと言えるかもしれません。

しかし、やはり元本が固定の商品と変動する商品を「利回り」で比較するのは間違っていると思います。
前出の山崎氏の言葉を借りれば、投信の分配金利回りは「元本の値下がり損を考慮していない「直利(ちょくり)」だろう。直利をもって「利回り」と称し、投信が有利な投資対象であるかのような記事を書くのは不正確だ」ということになると思います。

注記に「運用損益とは異なる」などという苦しい言い訳を書くくらいなら、そんな比較はやめればいいのにと思うのですが、どうしても投信を有利に見せたいのでしょうか。
困ったものですね。
関連記事


  





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

お世話になっております
「株式投資メモ」管理人のsuzukiです。
以前からよくブログを拝見してましたが、
ZAi4月号で特集記事を見かけてうれしくなって書き込みました。
有名な投資家様だったのですね。
そうとは知らず、丁寧な記事を書く人だなーと思っていました。

これからも参考にさせていただきます^^

単純に比較できなくても使われる物もあった

流石に日経の記事には呆れていますが、単純には比較できないが割安、割高になる指標として使われている物もあります。
それは株式の配当利回りと国債の利回りの関係です。
昔は株式は変動がある理由から配当利回りは国債利回りよりも高かったのが一般的でした。
ですが、現在は「配当利回り>国債の利回り」ならば株式は割安と言う考え方があるようです。
単純には比較できなくても、どちらのアセットクラスが割安かを見る指標としては今でも生きているようです。

ただ、上記の話はそういうレベルの話ではないので、やはり日経の記者の知識レベルの問題かと思います。
困ったものです。

こんにちは

ブログ閲覧させていただきました!

資産運用には、様々な知識と考えを持って

運用されているんですね。

とても納得しまして お勉強になりました

敗者のゲーム<原著第5版>発売!

いつも楽しく読ませてもらってます。
敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>が発売になりましたね。
年末に水瀬さんのブログで知って改訂版を楽しみにしてました。
ウォール街のランダムウォーカーは持っているのですが
こちらは未だでしたので購入して見たいと思います。

>suzukiさん

はじめまして、suzukiさん。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
普通のいち個人投資家ですので(汗)


>タカちゃんさん

個人的には、株の「配当利回り」という数値もあまり役に立たないと思っています。
でも、債券(除く個人向け国債)の利息も株の配当も元本が変動する上でのインカムですので、まぁ債券と株式なら比較してもいいかなとは思いますが。


>株の新さん

何かのお役に立てば幸いです。


>コジコジさん

これのことですね→ http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1604.html
こうしちゃおれん、買わねば!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)