バンガードの海外ETF、VWO以外も信託報酬値下げ

水瀬ケンイチ

先日、「バンガードの新興国株式ETFのVWO、信託報酬値下げ」というブログ記事を書きましたが、モーニングスター等の情報では既に値下げ後のデータになっているのに、何故か米国バンガードの正式発表がされていませんでした。
やっと正式発表があったと思ったら、ビッグなおまけ付きでした!

Vanguard - What's new at Vanguard
2011/02/25 Vanguard international index funds lower investors' costs

なんと、信託報酬値下げ対象ETFはVWOだけでなく、VGK・VPL・VT・VEU・VSSも値下げするとのこと。

Vanguard MSCI Emerging Markets ETF (VWO) 0.27% → 0.22%
Vanguard MSCI Europe ETF (VGK) 0.16% → 0.14%
Vanguard MSCI Pacific ETF(VPL) 0.16% → 0.14%
Vanguard Total World Stock ETF (VT) 0.30% → 0.25%
Vanguard FTSE All-World ex-US ETF (VEU) 0.25% → 0.22%
Vanguard FTSE All-World ex-US Small-Cap ETF (VSS) 0.40% → 0.33%

ただでさえ超低コストなETFだったのに、更に値下げです。
競合ETFをぶっちぎりました。
ちなみに上記6銘柄のうち、VWO・VGK・VPL・VT・VSSの5銘柄は、日本のネット証券でも買うことができます。
いい時代になったなぁ。



米国では、「コストを下げる→顧客が増える→純資産が拡大する→更にコストが下がる」という良い循環ができている気がします。
日本でも昨年、STAMが信託報酬を値下げするなど、一部で動きは出始めていますが、本格的な好循環が生まれるといいなと思います。

Vanguardさん、グッジョブ!(^^)b
そして、日本でのラインナップ追加、期待していますよ!


<ご参考>
上記の海外ETF5銘柄は、以下のネット証券で購入できます(会社名クリックで口座開設へ)。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ